写真集『CINEMA GIRL/シネマガール』


cinemagirl-hyoshi.jpg


2001年に自費出版した『シネマガール』を飯沢耕太郎さんにお願いして恵比寿にある"写真集食堂めぐたま"に置いて頂きました。この写真集は街頭で声を掛けた女性をその場で撮影した作品がメインです。機材もハッセル+Plannar150mmが中心でコンタックスT2も使っています。機材など撮影データだけでなく撮影時のインプレッション付なのでその場の状況が良くわかりますし、勉強にもなります。(宣伝しすぎ??)

□僕にとってすごく大切な写真集です。もちろん傑作です。購入ご希望の方はこちらへどうぞ。。。こちら。

IMG_1817.jpg
"写真集食堂めぐたま"にはすでに『鉄道と彼女』『MOSO』の2冊があり『シネマガール』で三冊目となります。こちらは料理がとても美味しいです。ぶらっとお出かけになってください。お昼時を避けていらっしゃればゆっくりご覧になれます。
”写真集食堂めぐたま”⇒http://megutama.com/


2016-06-06 : 未分類 : コメント : 0 :

回想『初夏というもの』

200505100002_edited-1.jpg
2005.5.10/model*kirara

          ☆

 2005年5月10日ほど初夏と言える日はなかった。

 次の年もその次の年の5月もモチの樹の花はやや生彩を欠いていた。その後も毎年五月にこの場所を訪れているが、この美を越えていると直感できるような咲き具合はない。それは花に詳しくはない僕にも断言できるほどの違いだ。

 もう一つ。この自転車に乗るkiraraも今は懐かしい。
 kirara、kiraraと呼べば、kiraraはやってくる。そう信じたい。

 まずは、春よ、春よ、と呼んでみる。


□マキナ67で撮影したモノクロ作品はすでに『モチの樹の下で』というタイトルで2005年の個展で発表している。
□この樹が、モチの樹で正しいかどうかわかりません。お詳しい方がいらしたら教えてください。

□被写体モデル募集。。ただ美しいだけではなく心に残る作品を撮らせてください。
 連絡は ad28682@ha.bekkoame.ne.jp


2016-05-06 : 未分類 : コメント : 0 :

(回想)もう一度会いたい(Perfect!!)その1


20110624Rollei013_edited-1.jpg
2011.6.24吉祥寺にて、、

女の子を見て軽々しくパーフェクトなんて思わないけれど、この子を見た時は正直うろたえるほどだった。モデルやタレントならカッコ良く着こなすこともあるが、どこか着こなしに業界ずれを感じる。ごく日常的にこのファッションを決めている子は稀。どうして日常的かと言うと、彼女の全体に気負いがなくあまりにも自然だったからだ。僕が一番気に入ったのは、顔とヘアスタイルなのだ。染めていないヘアを平凡にカットしている。顔も薄めのメイク。本物の品が備わっている。だからこそ、このバルーンの水玉ワンピースが似合う。このバッグはあるブランド。たしかどこかで見たことがある。だれか教えて。。できたら彼女から直接聞きたいものだ。



2016-05-04 : 未分類 : コメント : 0 :

(回想)柱時計の思い出

20120406Gemma081_edited-1.jpg



2012.4.6/model*ジェマ

           ☆

赤いワンピースの秘密について誰かに伝えたい
恋というのではないけれど、息苦しさと切なさがあった

ベランダに放置した柱時計の文字盤に砂粒を見つけた
その砂の一粒を人差し指のつま先に載せて、そして空へ弾き飛ばした

もう一粒を口の中に入れ飲み込むと
遺骨の味がした

           ☆
          ☆  ☆
           ☆





20120406Gemma043_edited-1.jpg


□被写体モデル募集。。ただ美しいだけではなく作品を撮らせてください。連絡は ad28682@ha.bekkoame.ne.jp
2016-04-22 : 未分類 : コメント : 0 :

被写体モデル募集!!


20061110micchi.jpg
2006.11.10撮影/model*ミッチ

ネットを通じて応募してくれる女性も同じようにお一人ずつ丁寧に作品にして行きたいと思っています。

○作品・被写体モデルと写真塾の被写体モデル(ギャラあり)を募集しています。詳細はこちらをどうぞ⇒⇒⇒
○現在募集しているのはカメラマン、フォトテクニック、日本カメラなどに作品を発表している魚返一真の作品の被写体・モデルで28th魚返一真個展、魚返一真写真塾、海外出版収録作品が対象です。
2016-04-21 : 未分類 : コメント : 0 :

『MOSO』



 個展を前にしてこの一年弱の間にあったいろいろなことを思い返しています。

                  ∴

 何と言っても一番は新作を休むことなく撮りつづけることができたことです。去年の26th個展中に、この一年を写真家としての本当のスタートと位置づけていました。その個展が終わったのが7/27でしたが、8/1には新作を撮り始めました。僕はなみなみならぬ決意でした。いつもの年と同様にモデルさんに恵まれて順調に撮影ができました。生涯一妄想写真家であろうとすれば当然のことですが、作品の質を落とさないことを常に考えて撮れたことを神仏に感謝しているところです。

 お弟子さんの井上和俊氏の写真集をデザインし完成させることができました。僕のできることはやりたいと思っていた、そのひとつが誰か僕の流れをくんでくれている写真家を育てることでした。少し達成感があります。

 デジタルカメラを買いました。作品にもしています。27th個展で展示します。ところが今はデジタルをやめてしまおうかという気持がよぎっています。さて、どうなりますか。。。

 思い返せば、2007年にロンドン、フランクフルト、その他のブックフェアに何冊かの写真集を展示したのをきっかけに海外での出版を視野に入れはじめて8年が経過しました。当時複数の国の編集者に興味を持ってもらったことは励みにもなりました。だからと言って、自分の作風を崩してまで出版しようという方向に行かなかったのは精神に支配された不器用な作風からすれば当然だったのかもしれません。

 そんな僕ですがヨーロッパの出版社に声をかけて頂きました。紆余曲折はありましたが8月には二社から出版の意向を伝えられました。僕のあるがままの23年間を編纂する意向を持ったフランス人編集者に作品を託すことにしました。フランスの出版社から写真集を出版することになりました。タイトルは『MOSO』。発売は12月か来年の1月になる予定です。

                  ∴


□『MOSO』は日本文化(小説や映画)に精通したフランス人の手によってフランスの出版社から出版されます。ただし、日本では公表できない内容を含むため国内で販売されません。



2015-09-11 : 未分類 : コメント : 0 :

2015年9月号・掲載誌・・月刊カメラマン及び日本カメラ

※二つの写真誌に作品が掲載されます。

getsucame9.jpg
○月刊カメラマン9月号(8/20発売)
特集『着エロの戦慄2015秋』に作品が掲載されます。
今回は4ページも頂きました。すべて新作を掲載していただきました。

poncame.jpg
○日本カメラ9月号(8/20発売・108頁)
『THE NUDE 2015』〜「妄想のタイムトラベルをライカレンズで撮る」です。




□写真に関することをほぼ毎日ツィートしています。⇒⇒twitter
2015-08-19 : 未分類 : コメント : 1 :

被写体モデル募集!!


DSC05524hisyatai_edited-1.jpg


○作品の被写体モデルと写真塾の被写体モデルを募集しています。詳細はこちらをどうぞ⇒⇒⇒

200105keiko023.jpg

○作品の被写体モデルと写真塾の被写体モデルを募集しています。詳細はこちらをどうぞ⇒⇒⇒








2015-07-31 : 未分類 : コメント : 0 :

『秋の組曲』

20141030sanninmusumeSG2.jpg


20141030TAMAK013.jpg

20141030RINA030GG00100.jpg


                 ﹆

 僕が中学一年生のとき教室のあちこちに穴があった。たとえば、教室の後方の壁にある連絡用の黒板のすぐ横や天井そして女子生徒の机の下などにあった。それは覗き穴だった。僕はその三つの穴を時と場合によって選んで訪れた。
 何を覗くかというと、放課後女の子たちが談笑する教室の風景や体育のための更衣、そして机に座って勉強をしている女の子のスカートの中だった。この素晴らしい経験がもたらしたものは、13才までに覗きというものにごく自然に慣れ親しみ成人を待たずに変態化したことだろう。そして、心の中に覗き見た女の子たちの残像が固まっておそらくエロスの成長はそこで停止した。
 信じてもらえる自信はないが、一番印象に残っているのは放課後の教室で女の子たち数人が談笑している場面である。女の子だけの世界を異性の僕が覗き見する状況の素晴らしさは、三島が『午後の曳航』に書いてあるとおりである。(三島の場合は対象が美しい母であったが・・・)

 僕はカーステレオから『フランス組曲』を流しながら覗きの経験を三人娘に熱く語った。僕は覗き見たあの放課後の思い出を甦らせるためにこの三人を連れて車で郊外へやってきた。秋の陽射しはやわらかく照らし女の子たちを包む世界のすべてがセピア色だった。僕はそのノスタルジックな楽園で思う存分女の子たちの放課後を撮影したのだった。たとえば、三人が輪になって遊んだり、列になって一人足りないアビーロード歩きをしたり、女の子同士頬ずりをしたり、ルーズに座った女の子の下着が見えたり、さらに下着さえ脱いで股間を開いて読書したり・・・。

 思う存分放課後を撮った僕はついに目眩とともに立ち尽くし、色づき始めた樹々の葉っぱが雲ひとつない秋空に浮き立つのをただ眺めていた。そして、<あの日々こそ僕がいちばん幸福な時代だったんだな>、、そう心の中でつぶやいたのだった。



                 ﹆




□モノクロは修正しています。無修正版は27th個展にて展示します。



 
2014-10-30 : 未分類 : コメント : 0 :

ブランク


このとことあれこれ作業が多くてブログ更新していません。
ツイートはしています、、、

         †

        † †

         † 
2014-05-27 : 未分類 : コメント : 0 :

魚返作品と記事が掲載されます。。。

01171007_52d88263aa9c0.jpg



1/20発売の月刊カメラマン2月号に魚返作品と記事が掲載されます。
P81〜P82です。



□2014年度・魚返一真写真塾への入塾者を募集しています・・・こちら。
□Twitter⇒⇒









2014-01-17 : 未分類 : コメント : 0 :

残暑お見舞い申し上げます

20110716kyusyu050のコピー_edited-2

今年の夏は暑かったですね。
まだまだ残暑はつづきそうですが、
お身体を大切に。




2013-08-24 : 未分類 : コメント : 0 :

理乃ちゃん出演の演劇

今回は舞踏家さんをお招きしての公演です!
更にこの劇団は能楽の要素を取り入れた現代劇なので、
現代劇×能楽×舞踏のスペシャルコラボレーションが実現致しました!

今回は実際に現代の日本で起こった犯罪をモデルに作りあげた舞台です。テーマは重いですが舞台は重く作ってないです。儀式的な要素が強いかも…。
実際に現代の日本で起こった事なので現代を生きる観客自身にも深く関わってくる舞台です。
是非是非観に来て下さい。
ちなみに私は赤いランドセルを背負って登場します(笑)
よろしくお願いします。

◎劇団阿彌/第14回公演

「静かなる傾斜」

公演日程:
11月9日(金)19:30
11月10日(土)14:00/19:30

料金:
前売り2500円/当日3000円/ペア割4000円(予約のみ)

会場
シアターバビロンの流れのほとりにて
〒114-0003 東京都北区豊島7丁目26−19
(東京メトロ南北線王子神谷駅3番出口から徒歩約12分)
http://www.h7.dion.ne.jp/~babylon/babylon_0.html
出演:
嶋津和子、中島理乃、坂入友里香、福井陽介、小島一洋、石黒繭子
作・演出 岡村洋次郎


2012-10-22 : 未分類 : コメント : 0 :

九州へ・・・父の死

故郷、大分県玖珠町に行っていました。父が突然亡くなったからです。84歳と高齢でしたがとても元気だったのでがっかりしました。10日に告別式を終えて昨日戻ってきました。皆様方にはメールの返信などまったくしておらずご迷惑をおかけしました。特に、1/8正午にひばりが丘駅で待ち合わせしていたお二人には大変申し訳なく思っています。
当然ですが、今後の活動は今までどおりやっていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

□1/23(日)、、WSを開催します。詳細は本日中にアップします。
2011-01-14 : 未分類 : コメント : 4 :

『幸福カメラ』

僕がカメラと出会ったのはたぶん10歳だったと思う。父親のオリンパスペンだった。ハーフサイズだから12枚撮りのカラーフィルムで24枚撮れた。僕はその小さなカメラを手にしたときとても幸せだった。それが僕にとって最初の『幸福カメラ』だった。そのときの気持ちを覚えている。今でも時々その当時のことが蘇る。やっぱりカメラはいい。

ディスタゴンを修理に出したところ見積もりが28000円。中古市場で買えば18000円。

人にとって幸福とは何だ?絵に描いたような幸福なんてどこにあるんだ?ふとカメラケースの中を見るとボロボロのカメラが入っている。しばらくいじっていると故郷が見えてくる。懐かしく悲しくて胸が痛む。全部僕の『幸福カメラ』。だけどだんだん修理不能になってゆく。

元日の朝日新聞の天声人語にいい事書いてあったなあ。河合隼雄かあ、、、

今年もネガで撮るよ。カラーでもモノクロでも。だって僕の『幸福カメラ』はとても古いからデジタルじゃないんだ。フイルムってね銀塩に愛がしみ込むんだよ。僕は絶対にデジタルを否定しないよ。ただほんの少しだけデジタルより銀塩の方が好きなだけだよ。その僅かな違いが気になってさ、、それだけのことだよ。

しかし東京はずっと晴れ。永遠に続きそうに思うよね。日本海側ではその真逆なんだね。九州の田舎で一人暮らしの親父に電話したら車のタイヤまで雪で埋ってるって。

写真を撮ることは厳かなこと。特に人物を撮るときは敬意を持てるといいね。今年も皆さんにとって素晴らしい一年でありますように。みなさんの『幸福カメラ』が自分だけでなく人を幸せにできますように、と祈ります。あ、、そうだ、、僕のワークショップに来ませんか?いっしょに幸せを撮ろうよ。
2011-01-04 : 未分類 : コメント : 0 :

道場六三郎・80歳の挑戦

20110103michiba001_edited-1.jpg
20110103michiba002のコピー


テレビを観ていたら僕が撮った写真が出てきてびっくり。
番組のことをすっかり忘れていた。懐かしい写真です。
番組は『道場六三郎・80歳の挑戦』。三日午後9時、デジタル教育3

この頃は仕事前に必ず写真のコンテを描いてた。懐かしがっているだけでなく、初心に返ろうと心に誓う。プロカメラマンになって2年目、1993年9月撮影。すべてをまだ経験の浅い僕の自由に撮らせてくれた演出の田中経一さんとプロデューサーの松尾利彦さんに感謝します。

『道場六三郎・80歳の挑戦』
料理人・道場六三郎が、80歳の誕生日を目前に、自らの人生を総括する料理イベントに挑戦。常に人々を驚かせる創作料理を作り続けてきた道場は、今回、どんなメニューに挑むのだろうか? こだわりの食材探しや器選び。そして“天才型”の道場は、ひらめきで試作を繰り返しては、惜しげもなく没にする。道場が、ちゅう房で苦悩する様子から、料理イベントの舞台裏まで、カメラが密着する。
2011-01-03 : 未分類 : コメント : 0 :

謹賀新年

■今年の僕は・・・、いつもの年とそれほど変わらないけど、制服の女性を多めに撮りたいと思っています。それから昨年から撮り始めたテーマ『恋』を追います。

■僕の24th個展『放課後カメラ~恋』9/27(火)~10/2(日)渋谷ギャラリー・ルデコにて。いつもの渋谷ルデコにて開催します。去年開催できなかった分もありますので内容の濃い個展になると思います。

■ワークショップも月に二回ぐらい開催します。今年は初めてのグループ展もあります。5/31(火)~6/5(日)渋谷ギャラリー・ルデコにて。。そちらもしっかり取り組んで良い写真展にしようと思っています。

□皆さんの健康をお祈りしています。お互いに元気ならまた会えますから。

☆1stグループ展参加人数について13名としたいと思います。現在10名。
2011-01-02 : 未分類 : コメント : 0 :

良いお年を・・・2010.12.31

今年も皆様方のお陰でたくさんの作品を撮ることができました。
今年は様々な理由があって久々に個展を休みました。12月のライブが満員の盛況となったことは僕にとってどれだけ励みになったことでしょう。本当にありがとうございました。

皆様、良いお年を!
2010-12-31 : 未分類 : コメント : 0 :

facebook・・・2010.12.28

20101215T2018_Facebook_edited-1.jpg


いつだったかな、アビールさんが私の写真はfacebookで見られます、、というのでさっそくfacebookのIDを取った。しかし、アビールさんの写真を見たあとはほっぽったまま。時々、友達になりたいみたいなメールが来て困惑していた。昨日の朝、僕が良く聞くラジオ番組『バラカンモーニング』でFacebookのことをピーターが語っていた。ちょうど忙しくて全部聴く事ができなくて何だか良くわからなかったけど、使い方みたいなものがあってそれにはまればfacebookはヨシということみたいだった。

僕はさっそくfacebookを開いて自分のIDを打ち込み何度目かでpasswordも思い出しログインに成功した。次にずいぶん以前にお友達希望をくれていたmamiちゃんの顔アイコンをクリックして友達になった。三人になった。ガンザオーリの斉藤さんにはこっちから友達になってくださいとひれ伏した。

僕の友達になりたい方、(変な言い方だよね、、誤解されそう。確かに僕はほとんど友達がいなんだけど・・・それはあえて友達欲しくない、、みたいな)facebookでの友達になりたい人はどうぞ。でも知らない人とか今までに何のコンタクトもない人は??ピーターによれば遠くの自分の知らない人が何らかの理由でコンタクトをとりたい場合に有効らしいのだ。つまり以下のような人たちと友達になれば良いということかな??ちなみに、例えばTBSの正面玄関で脚立の上に載ってピーターバラカンを撮影したというだけの僕はfacebookを通じて彼と友達になれるの?

・僕の作品の熱烈なファン
・僕の塾やWSに参加しくれた人
・知人
・モデル、モデル希望、モデルに興味がある、別に何でもないけど女性
・業界関係者で僕の作品に興味がある人

facebookのIDをお持ちの方、お待ちしています。⇒facebook
2010-12-28 : 未分類 : コメント : 0 :

謹賀新年

旧年中はお世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。
皆さんのご多幸をお祈りいたします。

今年も僕のやりたいことをこのブログに発表します。
もっと僕らしい作品を撮ることを心掛けます。
先日、僕の中でプツンと音がしたような感じがして、新作への意欲がわいて来ています。
ご声援、よろしくお願いします。

2010.元旦
2010-01-01 : 未分類 : コメント : 2 :

Gallery・・・

作品を随時Galleryにアップしています。
時々ごらんください。

Gallery→こちら

2009-12-05 : 未分類 : コメント : 0 :

良いお年を・・・

みなさん、今年も本当にお世話になりました。
このブログを見に来てくれたすべての人に感謝しますともに、
みなさんの幸せをお祈り致します。
来年もどうぞ、よろしくお願い致します。
2008-12-31 : 未分類 : コメント : 2 :

王貞治の思い出・・・1974年

1974年に僕は東京へ出てきた。その四月、ただ野球が好きだという理由で後楽園球場でバイトを始めた。散々なこともあった。例えば、巨人×阪神戦でのこと。序盤阪神が大量リード。しかしその後巨人が歴史的大逆転勝ち。怒った阪神ファンが暴挙に出た。ビン、カンが場内整理をしていた僕たちバイトに飛んできた。1本や2本ではない。まるで雨のように降ってきた。ある時は、怒ったファンが選手の乗ったバスを押してひっくり返そうとした。僕たちはファンの反対側からバスを押さえた。死ぬかと思った。これらはどこのチームのファンか思い出せないので特定できない。信じられないほど球場は荒れていた。その年、阪神には新人として掛布が入った。第一印象は、小柄だな、というもの。僕は試合中、主に三塁側の内野指定席の門番をしていたから、三塁手掛布を1シーズンずっと見た。どんどん上手くなるのがわかった。やがて掛布は後藤から正三塁手の座を奪った。僕は同じ三塁手の長嶋と比べた。長嶋はその年の秋、引退した。つまり現役最晩年だから衰えていて、掛布の新鮮さのほうが際立った。僕はライオンズファンで巨人には無関心だった。いや、むしろアンチだった。しかし、王貞治。。。すごかった。打つだけではない。一塁の守備もユーキリス並みに上手かった。試合終了後、僕たちはジャイアンツの選手たちの車の警備にまわされることがあった。巨人のスター選手は、みんなカッコいい車でさっそうと帰って行く。王貞治がやってきた。「やあ、ごくろうさんだね。ありがとう」と何時も言う。今日は僕が王貞治に言う番だ、「ながい間ご苦労様でした。その節はありがとうございました」、、、、と。
2008-10-08 : 未分類 : コメント : 2 :

夏休み・・・7/30~8/4

7/30~8/4まで、夏休みをとります。
国鉄宮原線の廃線などを撮影してくる予定です。
戻りましたら、すぐに写真塾の予定などを立ち上げます。
次回開催は、8/9、8/10の予定です。
どうぞよろしくお願い致します。
2008-07-29 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

.naoさんの送別会+妄想写真塾について

昨日、妄想写真塾が終ってから三鷹で、.naoさんの送別会を開きました。ご栄転おめでとうございます。当初は五六人でこじんまりやろうと思っていましたが、12人も。大勢で盛り上がるなんて何年ぶり?と言ってもトークライブも似たようなものですが。.naoさんも転勤しても時々は参加してくれるとのこと。嬉しいです。かなり撮れる人なので、ずっと写真は続けて欲しいです。フォトコンは水物。優勝しなくてもちゃんと僕が評価しています。参加してくれたモデルの方々、感謝致します。

ところで最近新人の方のご入会がありません。どうしてかな?やっぱり三人制が響いているのかな?すぐに満員になってしまうから。でも三人だとたっぷり撮れるから撮影会としてのクオリティは高いです。それに一応、プロカメラマンが指導しています。(あんまり的確なアドバイスではないかな。。)それにはっきり言って、売り出し中の「ますだ」さんも相当に上手くなりましたよ。本当です。みんなかなり腕を上げました。

とにかく参加したいけど入りにくいなあ、と思っている方、絶対に大丈夫です。僕が懇切に指導します。思いきって入会してください。

最近始めた、「ご希望日ご希望モデル予約制度」ですが、まだ利用している人が少ないです。思いきって、まずは希望日だけでもメールしてみてください。二人以上が同じ日を希望すればほぼ開催できます。10年は続けると豪語した妄想写真塾も三年。そろそろ新しいことも模索したいと思っているところです。今後ともどうぞよろしくお願い致します。
2007-09-25 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

夏休み

8/21から夏休みをとっていました。
本日、戻って来ました。
2007-08-25 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

アンリ・カルティエ=ブレッソン展

アンリ・カルティエ=ブレッソン展を二日続けて観に行った。その理由?昨日行った帰りに買ったブレッソン展の図録を美術館の玄関ホールの椅子に忘れてしまったのだが、運良く気づいてくれた会場の係が保管してくれていたことが判明し、本日取りに行った。そのついでにもう一度観たというわけだ。続けて観たからと言って新たな発見というものはなかった。何度も見慣れてしまっているのかもしれないし、僕の観察眼ではその程度なのかもしれない。その証拠に、何にも撮影の参考にならなかった。おっとっと、ちょっと待てよ。そこがブレッソンの怖いところ。実のところ、さらっと観れたつもりでも僕の意識の奥に映像が住み込んでしまっているのだ。たぶん。だって例えひどくても僕の写真にそれ風の写真、やっぱりあるものね。でもそれはカメラマン誰にでも言えることかもしれないけど。

我が写真塾のライカ戦士どもよ!観に行きなさい。

bresson.chiket.jpg

2007-06-22 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター