個展準備・お手伝い

明日、渋谷ギャラリー・ルデコで展示の手伝いをしてくれる人を探しています。
二時間ぐらいでも大丈夫です。猫の手状態です。
(午後1時~午後5時までの予定です)
来れそうな方、連絡をください。
22thDM.jpg

2008-10-26 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 0 :

もうすぐ個展です

来週の火曜日から22th個展「鉄道と彼女と僕」を開催します。皆さんのご来場をお待ちしています。
「幸福行き」2008.9.10model*はるか
2008-10-20 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 1 :

DM発送しました!

本日、22th個展「鉄道と彼女と僕」のDMを発送しました。
週末までに届かなかった人の中で欲しいという人は発送を請求してください。
<宛先は下記>
k-ogaeri@cap.bekkoame.ne.jp
22thDM.jpg

2008-10-15 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 5 :

22th個展「鉄道と彼女と僕」のDM

10月28日から、渋谷で開催する個展のDMができました。DM(サイン入り)が欲しい人は下記へメールでお申込みください。
DMの印象では、僕ばかり出ているなと思われるかもしれませんが、女性ポートレートも多数展示します。いつものことですが、必見!その一言です。
<DM請求先/〒、住所明記のこと>
k-ogaeri@cap.bekkoame.ne.jp
22thDM.jpg
2008-10-10 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 1 :

「胸騒ぎのタブレット」model*カノ

鉄道と彼女と僕
「胸騒ぎのタブレット」model*カノ
2008.8.21

白いノースリーブのワンピースを着た女の子にタブレットを持たせた。彼女はタブレットを持つことの神聖さを理解していたから、白い服を選んだに違いない。きっとそうだ。別の理由で白を選んだり、白を選んだことに理由などないとしても、僕は「神聖なんだよね」と、それ以上の彼女の言葉を遮るに違いない。さらに彼女の肌は透き通るほど白く,事実二の腕に静脈が透けて見えていた。
「透けているね。血管」
「ええ、気持ち悪いでしょう」
「いや、逆だよ」
と言ったあとに僕は胸騒ぎを覚えた。たぶんそれは別世界への誘惑だった。

多摩川線の築堤の脇。僕の大好きな場所だ。
「さあ、やってください」
「はい」と言って彼女は足をタブレットキャリアの輪に通し、えいとばかりに左足全体を太ももの付け根から跳ね上げた。僕はその瞬間、彼女の血管について考えていた。太ももの皮膚からかなり深くにある血管も見えているだろうか。何て美しいんだろう。僕はまた胸騒ぎを覚えた。

ケータイ
KC280009 のコピー

□なお作品をアップ希望の方は拍手をクリック!
2008-08-21 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

旅路・その3「三角ベースの思い出」

鉄道と彼女と僕
旅路・その3「三角ベースの思い出」
2008.8.2

おばあちゃんちの近くの小倉神社の境内で三角ベースをした。僕のひいき球団は西鉄ライオンズで、ヒーローは稲尾。背番号24。僕たちは一日中この杜の一角で野球をした。それこそ倒れるまで走った。汗が引いて行く時の寒ささえ感じた爽やかさが懐かしい。現在より気温が低かった夏の体感だったのか。そして夕方になるとあぜ道の脇を流れる小川の水で冷やしたスイカを割った。口いっぱいに頬張ると、すぐにお腹が冷えて鳥肌が立った。夜は怖いほど真っ白く見える天の川の下で、立ち小便をしながら、明日また三角ベースをやろうと従兄弟たちと堅い約束をした。

08.8.2神社034 のコピー

□つづきを読みたい(見たい)人は拍手をクリック!
2008-08-19 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

旅路・その2「町田駅の思い出」

鉄道と彼女と僕
旅路・その2「町田駅の思い出」
2008.7.31

毎年、夏休みになると僕はお婆ちゃんちへ行った。バスに乗って行くことが多かったが、道中舗装道路と言えばお金持ちの家の前の100メートルだけでそれ以外はすべてデコボコ道だった。僕は毎回激しく揺れるバスのお陰で気分が悪かった。時には家の近くの豊後森駅から国鉄宮原線で行くこともあった。車両は先頭がドーム型のキハ07だった。キハ07は僕をお婆ちゃんちのある町田駅まで快適に送り届けてくれた。何十年かぶりに町田駅へやってきた。築堤を登ると階段の上に駅があったと記憶する。古い階段を上がるとホームと駅看板が残っていた。当時のまんまだった。大きな樹も。。。僕は嬉しかった。この九州の山村に位置する国鉄宮原線が廃止になって、この町田駅がなくなるまで現在の東京町田市にあるJRの駅は、原町田と呼ばれていたと思う。

08.8.1町田011 のコピー のコピー


□旅路・シリーズの続きを見たい人は拍手をクリック!
2008-08-17 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

暑中見舞い?それとも残暑見舞い?

暑中見舞い?それとも残暑見舞い?
この作品をお盆を迎え、何かを想うすべての人に送ります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鉄道と彼女と僕「花火あそび」model*カメ子
2008.7.27

僕は浴衣姿の女の子を花火に誘った。場所は大好きな鉄橋の下。

2008-08-13 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

旅路・その1「豊後森機関庫の思い出」

鉄道と彼女と僕
旅路・その1「豊後森機関庫の思い出」
2008.7.30

豊後森機関区にあった扇形機関庫は今も残っている。四十年以上前、僕は毎日のようにここへやって来ては、蒸気機関車やキハ07を眺めていた。こっそりキハ07やスハフ42などに乗ったこともあった。国鉄職員に見つかっても、決して叱られなかった。そればかりか、「こっちに来んね」とポイントの脇にある小さな小屋に招き入れてくれたり、SLの運転席に座らせてくれたりした。そんなおおらかな時代に育ったことに感謝している。

数日後に再びここを訪れた時に僕はあの日の鉄道員と出会うのだが・・・

□続きを読みたい(観たい)人は拍手をクリック
08.7.30豊後森006 のコピー

豊後森機関区を訪れたあと僕は頭の中で静かに昔を振り返っていた。昭和三十年代、四十年代への思い出浸りの時間がずっと続いていたのだ。僕は毎朝、日の出とともに農道を散歩した。寝ぼけまなこの散歩道、僕は確かに少年時代の僕に戻っていた。

朝の散歩道
08.8.3九州など137

稲と僕
08.8.3九州など136

□続きを読みたい(観たい)人は拍手をクリック
2008-08-08 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

やっと公開・・・鉄道と彼女2-16*エミの写真

『カメ子のテニス』
鉄道と彼女2-16*エミ/2008.6.22

お待たせしてすいませんでした。たくさんの方から公開希望の拍手をいただきエミちゃん=カメ子、も喜んでいました。エミちゃんはアップしたのとは別カットを希望しましたが、僕の独断でこのカットを選びました。この写真のどこらへんが『鉄道と彼女と僕』なのか。。。考えてみましょう。それから、カメ子ちゃん、なかなかポーズが様になっていますね。そのはず、彼女は中学時代、軟式テニスの選手だったのです。前衛。。

□カメ子の部屋の続きは近日アップします。続きを読みたい人は拍手、、
2008-07-11 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今日はだらだら・・・6/3

今日は雨ですね。僕は一日家にいるのは珍しいんですよ。と言っても、今日も午後はちょっと病院へ。今日は、時々書いてアップします。

<雨の武蔵野市>
080603_0939~01

□やっと渋谷のギャラリー・ルデコと契約完了して、正式に個展の日程が決まった。
2008.10.28(火)~11/2(日)
いつもの場所です。みなさん、どうぞご来場ください。
「鉄道と彼女と僕」・・・僕も登場する。久しぶりのことだ。「フーズ・ラブ」以来のこと。その時は、下着姿の女の子を抱いた写真を多数展示。今考えると赤面。。あれからもう12年もたった。そらから、「鉄道と彼女と僕」は小道具を多く使っている作品が多いけど、原点は「デパートガール」にある。小道具作りは楽しい。ブログにはアップしていないエロス系の作品も個展で発表する。こちらもお楽しみに。
・デパートガールDM
4thdm_01.jpg

・フーズ・ラブDM
3rddm_01.jpg


□もう梅雨入りだろう。6/7の写真塾(ゆき)の開催はできるのか?週間天気予報では晴れと出ているが、あたるのか。。6/8は作品撮り。もし6/7が中止なら、6/8に塾を開催する可能性も。。来週6/14(土)はスタジオ+ロケの塾だから、完全な中止はない。。

□6/14の塾はインドアと書いてあるのに、ロケもある不思議さ。しかし、雨だったらどうする?難しい。ロケを止める?昨日のこと。。井上さんが「先生、雨でも撮らせてください。チャンスだから・・・」僕は良い塾生を持って本当に幸せです。皆も続け!しかし、台風だったらどうする?井上さん、それでも撮りたいか聞いてみよう。

□雨を予期していたわけではないが、明日は久しぶりに女の子のお部屋を尋ねて撮影をする。結果はブログで報告します。

□病院から戻った。腫瘍はなかった。そうそう、このレンズ買った。PENTAX645用の55mm/12600円。オヤジにあげた645を取り返した。

□今年は塾生の当たり年。やまぐちクン、FFさん、サカキさん、カクさん、ヤマモトさん、朧(おぼろ)さん、、、残念ながら申込んだ塾が中止となって参加できなかったNさん、是非いらしてください。まだまだ入塾可能です。連絡まっています。今年はあと5名の入塾者を希望しているんです。興味のある方はとりあえず一度連絡ください。


080603_1509~01

2008-06-03 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 3 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女と僕**ゆめ4/29・・・作品公開

「鉄道員の恋」ル・シュミノ・アムルー(le cheminot amoureux)
2008.4.29

鉄道員のポールはかねてから恋心を寄せていたヴィルジニをピクニックに誘った。ポールお気に入りの踏切へ行き、そこで愛の告白をしたのだった。
ポールとヴィルジニが住むコペル村は昔ドグール大統領が女をかこっていた場所で、毎週末のように大統領はパリから4時間32分もかけてこの村へやって来て、この踏切の前で愛人と接吻をしたと言われている。ポールは子供のころこの話をお爺さんから何度か聞いているうちに、大きくなったら自分も大統領のようにこの踏切で逢い引きしようと妄想するようになった。実際は、大統領とはお爺さんのことだったと後に分かったのだが。。。

この作品はフランスの田舎村が舞台なはずなのに、撮影場所が青梅であり、飲み物がおーいお茶で、ポールが僕。。。その理由は今は言えない。個展ですべてを明かすことにする。

2008-05-27 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女と僕・・・5/21追加

先日のみっちの「弁当売り」と「弁当売りと助役」のカラー作品をアップします。
売り疲れたみっちと、売り物を食べ始めたみっちを見る助役の二作です。
フイルムをコダックに変更。
□印象などどうぞ。。

2008-05-27 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

ブログ不調

昨日よりブログ不調。。
過去も含めて写真がアップされていません。
プロバイダーは修復中とのこと。
2008-05-16 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

22th個展「鉄道と彼女と僕」・・・開催決定

個展日程決定。。
「鉄道と彼女と僕」
□10/28(火曜日)~11/2(日曜日)
□ギャラリー・ルデコ(渋谷)
写真集「鉄道と彼女」に収録した作品に加え2008年に撮った新作を加えた個展で作品数は約100点を展示予定。。鉄道に関連した作品の集大成で前回見逃した人、新しいモデルでの新作を見たい人、必見。
●撮影路線
□久大本線□宮原線□大分交通耶馬渓線□日豊本線□高森線□小湊鉄道□関東鉄道常総線□西武多摩川線□小海線□中央本線□青梅線□東急世田谷線□亀戸線□江ノ島電鉄□小田急電鉄□伊豆箱根鉄道大雄山線□都電荒川線□大分交通別大線□東武越生線□西武新宿線□西武山口線□京王井の頭線□中央総武線□営団地下鉄□南武線□横浜線
□八高線□秩父鉄道
2008-05-06 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女2-10*ゆめ・・・4/29

鉄道と彼女2-10*ゆめ
2008.4.29

ある時、少年の僕は風邪をひいた。学校を休み窓を開け放した部屋に横になり、窓越しに空を見ながら昼寝をした。目覚めた時、微熱と爽やかな初夏を思わせる風との絶妙なやり取りが気持ち良かった。やがて僕の微熱は夏になっても秋になっても、ずっとずっとつづくことになった。

夢を見た。とっても甘酸っぱい夢だ。川で石を拾ったり魚捕りをしたり友達と三角ベースをしたりしている。そのうちに神社の鳥居の下に同じクラスの女の子が登場する。そこから場面は鉄道へ移る。最後は鉄道で締めるのが僕の夢だ。

僕はむかし見た夢をイメージする努力をもう二週間もしている。数日前に撮影場所を僕の大好きな踏切に決めた。そして、実際に行ってみた。しかし、イメージが湧いて来ない。ただ、モデルが大事だなと強く思った。贅沢を言えば、僕の夢の中に出て来るような女の子がいいだろう。出来上がった写真をわかってもらえなくても全然いい。だって、僕でさえおぼろげな夢の中のことだから。。

僕はその踏切に「ゆめ」という名の女の子の手を引いて行った。実際にゆめの手を引いたわけではないが、そんな気分だった。なぜなら、僕は小学生の遠足の気分だったからだ。小学校に入って初めての遠足の時、先生が「隣の子と手をつないで・・」と言った。僕の隣は女の子だった。(これも夢かもしれない)モデルのゆめは無垢な女の子だ。世間の俗っぽい視線から何とか逃れて育ち、男と女の時空間の狭間に生きた結果、偶然に備わったか保存されたか、そんな希少な無垢さをもっている。

僕は大好きな踏切にゴザを敷き、ゆめと一緒に座って、電車が通過するのを見送った。僕は手に持った長いケーブルでつながったエアー式のレリーズを押したのだった。「ゆめちゃん、今ね、僕はむかし見た夢を撮ったんだよ」「それは良かったわ」「うん、僕は写真家として夢を一つ叶えたんだよ」「・・・」

僕はもしかしたらこの写真を撮るために写真家になったのかもしれない。。カッコイイ写真なんて誰でも簡単に撮れるけど、こういう写真はめったなことでは撮れない。そういう人と出会えるかが問題だからだ。

08.04.29石神前016 のコピーブログ
2008-04-30 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女と僕・・・4/16

鉄道と彼女と僕・・・4/16、、秩父鉄道編。。
僕はある駅にいた。電車を一本やり過ごした。
帽子をかぶると、何だか気持ちが引き締まった。

□今日の塾にちちぶのテシマさん久々の参加。グッズをお借りする。
□今朝、昨日の塾でSG君と話題にしていたしずくちゃんからメール。何と言う偶然。。嬉しい。
□妄想写真塾、参加者および新塾生募集中。。今日の塾はモデル~よしみちゃん。また報告する
□僕はこれから撮るある傑作のことを考えている。それが幸せでもあり苦しみでもある。あの人、本当にすばらしい。

2008-04-27 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女と僕・・・4/16

テシマさんからプレゼントされた往復切符を持って西武線に乗った。ひたすら北へ。行き先は、ずっと行きそびれていた近くて遠い鉄道だ。飯能で電車を乗り継ぐとそこからは単線になり、車窓は新緑の谷となった。水がきれいで、山間に転々とある家々のまわりに花が咲き乱れている。菜の花やらシバザクラやら、少し盛りを過ぎた桜やら。。僕は故郷を思い出していた。

終点秩父に着いて改札を出て僕は唖然とした。僕が今立っている秩父駅に目的の鉄道のその駅はない。あれ?おかしいな。僕は出かける前にプリントアウトして持って来た秩父駅の時刻表をカバンから出した。ちゃんと秩父駅と書いてある。つまり、僕が立っている秩父駅は西武秩父線の秩父駅で、僕が持っている時刻表は秩父鉄道の秩父駅なのだった。僕は当然この二つの駅は同じ場所にあり乗換え接続していると考えていた。

西武秩父駅と接続している秩父鉄道の駅は御花畑駅なのだった。それも秩父仲店通りなるアーケードを抜けて細い道をくねくね歩いて数分はかかる。やっとその駅に着いて真っ先に眼に入ったのは、立ち食いうどん屋だった。レトロで別世界を思わせる駅に風情のせいもあって、僕はこのうどん屋をとても気に入ったのだった。

御花畑の駅員さんに優しくうながされ待合室で待つ。僕はあらかじめ武州中川駅へ行こうと決めていた。理由は、近くにソバ屋があるからだ。しばらく待ったあと、やっと到着した昔の総武線カラーの電車に乗った。武州中川駅は島式で、木製の大きめのベンチが四つあって居心地が良かった。駅を出てソバ屋の近くの踏切でセルフポートレイトを撮った。また車掌になったのだが、今回は帽子もある。ハイキング客に変に思われているだろう。撮影のあとJAが経営しているソバ屋へ。うまい。

武州中川のホームへ戻り、ベンチでまた僕は車掌の帽子をかぶってセルフポートレイトを撮る。ふと視線を感じる。気づいたら駅員さんがホームにいた。お互いに鉄道員っぽい格好をしている。と言うか、僕は鉄道員ぽくて、向こうは本物の鉄道員だった。僕はあわてて帽子を隠した。

つづく・・・

PAP_0000 のコピー

2008-04-17 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 6 : トラックバック : 1 :

鉄道と彼女とボク・・・4/2

鉄道と彼女とボク
2008.4.2

よしみと一緒に撮ろうと考えていたわけではなかった。確かにアイデアのひとつとして数日前からあったのだが、僕は彼女の写真とは別にセルフポートレイトを撮ろうと思っていたのだ。しかし、目的の駅での撮影が困難となったとき、彼女といっしょの作品を撮ろうと決めた。

僕たちがいた数十分の間、この駅は時間が止まっているかのようだった。

□この日撮ったどのカットを見てもとても味があるけれど今回は二枚だけアップすることにしました。

08.4.2小湊67-3012 のコピー

2008-04-06 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女と僕・・・作品3

騰波ノ江駅。。関東の駅百選に選ばれているが、、、
お~いお茶のペットボトルに飾られた花に少し癒されたのだが。。

2008.3.13
2008-03-28 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女と僕・・・作品2

さてこのおじさん、いったい何をしているのでしょう。。。
□つづきはのちほど・・・

2008-03-25 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女と僕・・・3/13

今日(3/13)は茨城県のローカル線へ撮影に行った。しかし、直前にモデルからドタキャンがあって、セルフポートレイトを撮ることにした。どんな時でも運命だと思うことにしているから、当初の予定が全く違うものでも気にしない。大きく目的が変わっても写真を撮ることは同じ。つまり、結果を残したいと思う。

そもそもセルフポートレイトを始めたのは、ある場所からの出血で、大病を覚悟した自分の気分を撮りたかったから。検診の結果はそうではなく、現在通院中。この日はそのシリーズの第2弾。今度の個展で発表する。

ちなみに今日(3/15)、これからセルフポートレイト第三弾を撮りに遠くまで行く・・・。モデルのドタキャンのせいではなく今日は当初からその予定。。

□不思議・・・3/23(日)開催の73th妄想写真塾の参加あと2名可能。
2008-03-15 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女と僕・・・

新しいテーマで撮影を始めました。「鉄道と彼女と僕」という仮題をつけました。作品は次の個展で発表予定です。僕の思い出に一番近い人物は僕自身だったのです・・・。セルフポートレイトです。お楽しみに。
2008-03-09 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター