暗いね・・・45thWS


2011.5.1-45thWS*ゆめ*多摩川にて

WSを開催すべきか迷っていた。天気予報は良くない。アメダスを見ると関東平野の西側をとりまく山地を過ぎると雨雲が消えている。二時間ほど前からの雨雲の動きを見ても同じことが繰り返されている。しかし、、風が強い。ベランダの物干竿がブンブン鳴っている。「30分遅らせて午前11時集合で開催しましょう」とモデルのゆめちゃんと雨ちゃんにメールした。天候が悪いのとG展が近いのとで参加者は雨ちゃんだけだった。

「雨はなんとか大丈夫そうだ」
「・・・」
「問題は風だけど、むしろ風を撮ろうと思っているんだよ」
「・・・」
「それから、暗い空、、」

僕たちは多摩川の土手を歩いた。少し不穏な感じがする。いつも見慣れている工場が今日は発電所に見える。僕は心が乱れていた。小学生のころ遭遇した台風の怖い記憶のせいだ。台風が接近すると必ず母親に言われたことが耳に蘇ってくる。「一真ちゃん、川に行ったらいけんよ」釣りが大好きだった僕への忠告だった。それを無視して川に釣りに行った。ハリスは風に舞い、釣りなどできない。僕は橋の下でかろうじて風をよけながら釣りを続けたのだった。ずぶ濡れになって家へ戻ってトーストに蜂蜜をたっぷりぬって食べた。もちろん、魚は一匹も釣れなかった。僕の釣りは釣ることが目的ではなかった。自然と同化する感じが好きだった。街で女の子をスカウトする時、釣りを思い出す。誰に注目されることなく、街に同化している自分が好きなのかもしれない。


20110501yume008_edited-1.jpg
2011.5.1-45thWS*多摩川にて
少年野球の選手に出合うとたいていシャッターを押す。中でも背番号7の子を撮る。中学の時に僕が着けていた背番号だから・・・。この写真の不穏さは少年野球の選手たちの存在が大きいんだと思う。もっと詳しく説明したいけど理屈っぽいからよします。7番の子はいないけど、とにかくこの写真はいい。

■説教じみたことは言いたくないけど、暗いときは暗く撮ればいいよ。何回言ったかわからないけどカメラに頼らずに自分の五感で。もちろん、僕もそんなにはできてないよ。
2011-05-10 : ワークショップ : コメント : 0 :

46thワークショップmodel=ゆみちゃん・・・

ゆみちゃんが46thWSのモデルです。(初登場です)
参加受付中。是非どうぞ。

申込など⇒こちら
2011-05-02 : ワークショップ : コメント : 0 :

43thWS/model*理乃・・・4.17(日)

20110417ws004_edited-2.jpg

20110417ws010_edited-2.jpg
2011.4.17*理乃、、上『嘘』、、下『タンポポを踏まないで』

 理乃はかわいい。僕はそう思ったから彼女に撮りたいと言った。その言葉に偽りはない。

「魚返さんて、謎ですよね」
「あはは、まだそんなこと言ってる。君をスカウトしてもう二年もなるのに」
「嘘っぽいというか、、マジで魚返さんの言ってることの85パーセントは嘘ですよね」
「真実というのは限りなく嘘に近いものなんだよ」
「あ、またそんなまやかしを言って・・・」
「じゃあ、これはどう?理乃ちゃんて本当にカワイイねェ~」
「ほら、また嘘ついてる」

 僕はできるだけ真実(自分の中の事実)を言うことにしている。僕のいわゆる真実を聞いた人の中には「どうも受け入れられません、それは本当ですか?」そんな感じの人が多くいる。僕の心の中の真実は他の人に受け入れてもらうためのものではありませんが、受け入れられない人に、それは真実ではないと認識されたとしても、やはり僕にとって真実であることは『真実』なんです。
 モデルの皆さん、写真塾の皆さん、一応気遣いながら本当のことを言わせてもらっています。それが皆さんにできる僕のご奉仕だと思うからです。嘘つきだったらどんなにか楽だろうと思うのです。真実を語ることはストレスのかかることなんです。あれ、、これって理乃ちゃんに「また嘘言ってる!」と思われそうですね。人に伝えることは大変なことです。僕は塾をやめたいです。でも皆の上達を目の当りにしたし、10年はやると約束したし、あと3年はがんばります。
2011-04-27 : ワークショップ : コメント : 0 :

44thWSにて・グループ展その他・・・2011.4.24

 新しい塾生は不適な笑みを浮かべながら待ち合わせ場所に現れた。機材はローライ66一眼+ライカ35mm一眼。重い機材だ。新塾生の名前はあべちゃん。ワークショップ中は自分のスタイルを貫いていた。例えば、ローライ一眼にリングを着けてmikaちゃんのアップを撮る。

「あべちゃん、ライブに来てくれたんだって?」
「はい、mikaちゃんの近くにいました」
「ああ、そうだったの。mikaちゃん、柱の裏のあたりにおとなしく品よく座っていたでしょう?」
「ええ、、魚返さんてやっぱり柔らかいところが同じですね、、、」
「え?何のこと?」
「ハービー山口さんも人に対して柔らかいんですよ。そこんところが同じですね」
「へえ、僕は柔らかいんだ」

 僕は彼に少し期待している。また来るといいけど・・・。
---------------------------
僕とウッチーと鍋ちゃんはWS終了後ソバやに移動。少しグループ展のことを話した。

魚「単なるグループ展ではだめなんだよ。成功させなくちゃ」
鍋「どうなったら成功なんですか?」
魚「他のグループ展に比べてレベルが高いことだね。ちゃんと人の記憶に残って、こんなグループ展をやりたいと思われたり、、、」
ウッチー「まあ、いろいろグループ展を観たけど、学園祭のノリで行っちゃってるのがほとんどだね。それはそれでいいんだけど」
魚「一人一人の作品が良いことが一番大事です。きちんと自分のスタイルがわかっていること。それほど劇的な作品を並べる必要はないよ。甲子園と一緒、、それぞれの選手が自分の役割を出してくれればチームとして強いよ」
鍋「なるほど、、、」
ウッチー「まあ、とにかく問題は自分です。まだ作品的に問題が残っているし」
鍋「僕はほぼプリントが終わりました」
魚「ほほう、、それは心強い」
鍋「自分の展示エリアと他の人との境界に何か線を引いたりしますか?」
魚「しないよ、ただ僕が作ったそれぞれのカメラマン紹介のA4のパネルを貼るよ。あとは作風がみんな違うから差別はできるよ」

つづく(書いたらどんどん追加します。ちょっとヨドバシへ行ってきます)



2011-04-25 : ワークショップ : コメント : 0 :

GWのワークショップ

20100704mika014のコピー
mika


ゆめ

■4/24(日)----- mika
■4/29(金・祝)---- 悠(新人)
■5/1(日)---ゆめ(新人)

グループ展に不参加の方も大歓迎です。一年で最高に美しい新緑の季節です。ワークショップへの参加を考えてみてはいかがでしょうか。

■カメラ各誌にグループ展のパブ依頼を郵送しました⇩
2011-04-19 : ワークショップ : コメント : 0 :

1.増田清隆=グループ展・ALL GIRL--カメラマン紹介

昨日のWSで比較的最近入塾したメンバーとカメラ論議をした。といっても、もっぱら話したのは第一回からの塾生であるますださんとだった。数年の間忘れていた議論が再燃した。ピントやデジカメなどに対する僕の考え方だ。いつもその話になると、デジカメ派の人たちは自分たちの世界観でしか写真を見ようとしない傾向がある。ますださんがその代表格。しかしながら、その議論の中で退塾して行った多くの人たちを尻目に、ますださんはある意味で勝ち残ったと言えよう。言い方を変えれば、ますださんに負けたデジカメ派の人たちが去ったのである。ますださん程にデジタルを貫けなかったのだろう。ますださんの才能は頑固さと不器用さで、その上わからず屋なのだ。僕に何度も同じことを語らせるなんて、実はすごい人かもしれないよ。実際、彼の作品は素晴らしくて多くのモデルを幸せにしている。いずれにしてもますださん抜きにして僕の写真塾は語れないのである。是非本物のますださんを見に来てください。つまりワークショップに参加するべし。参加できない方は、第一回グループ展『ALL GIRL』で彼の作品を観るべし。5/31~6/5・渋谷ルデコにて開催。
2011-04-18 : ワークショップ : コメント : 2 :

アズサ(2)写真


2011.3.13*アズサ

□この日の他のカットは『Gallery』にアップします。
2011-03-23 : ワークショップ : コメント : 0 :

38thWS,理乃2011.2.26


2011.2.26WS model*理乃

親父が使っていたコンタックスG1で撮ってみた。
とても使いづらいカメラだ。
レンズ=Planar35.F2

■次回開催は、3/12(土)参加受付中。
2011-03-05 : ワークショップ : コメント : 0 :

38thWS,理乃2011.2.26


38thワークショップ、、無事開催しました。皆さんありがとうございました。

■次回39thワークショップは3/5(土)開催決定。model*ミユ。参加受付中。
2011-03-01 : ワークショップ : コメント : 0 :

2/10WS+2/13WS

20110210hiroko002_edited-1.jpg

20110213rino013_edited-1.jpg

上(2/10 hiroko)、、下(2/13 理乃)
2011-02-27 : ワークショップ : コメント : 0 :

謙虚、どん欲

ますださんがコメントした「謙虚さを忘れたら、進歩もなくなる」という言葉ですが、再度になりますが、僕が言ったのではありません。謙虚さが備わっている人は少ないです。僕がそうなれたら嬉しいけど、死ぬまで本当の意味で無理な気がします。内面では、かなり無理をして謙虚のふりをしている面もあるでしょうが、お天道様には嘘がバレているのです。

プロになりたてのころ、毎日のように人に教えを請うような生き方をしていました。それこそ謙虚に「お恥ずかしいながら何もわかりません。教えて頂けないでしょうか」と言っていた。僕がプロになったのはもう36歳になろうとしていたけれど、まったくの素人だから、たとえ19歳のライターでも20歳のスタジオ君でも、僕の先輩であり師匠だった。とにかく、早く何でも覚えなくてはやって行けなかった。その当時、僕は確かに人から見れば謙虚だったかもしれない。だけど本心は違っていたのではないかと思う。謙虚ではなくどん欲だったのです。

ワークショップで僕はすべてを教えているつもりだ。教えることで自分が育つからだ。年をとると長年の蓄積で体中満杯。だからもう入ってくるものも入ってこれない。もういっぱいいっぱいだ。だから、何でも吐き出して少しでも自分の中に余白を作ろうとする。その余白に例えば、ワークショップ(WS)の参加者から僅かだけど僕の中にしみ込んでくるものがある。それがとても面白いし勉強になっている。

WSの参加者を見ていると、みんな可能性を感じる。その中では、やはり不器用な人にやや興味がある。そういう人は最後には自分の世界を実現する一途さがあるからだ。不思議なことに、上手に撮る人からはあまり学ぶところがない。

1stグループ展『ALL GIRL』の参加者が出そろった。なかなか面白いメンバーだ。グループ展なんてやっても何にもならない?はたしてそうだろうか。僕は何かが生まれるんだろうと期待している。グループ展から何かを学び取りたいと思っている。本気でそう思っている。

僕は謙虚ではなく、とてもどん欲なんです。


2011.2.13貸切WS、理乃/iPhone
2011-02-14 : ワークショップ : コメント : 0 :

37thワークショップ(2/6)より


37thWSにて、、model*しゃとぴぃ

寒い中、久々参加のますださん、雨ちゃん、そしてしゃとぴぃちゃん、お疲れさまでした。寒々しい作品が撮れました。

真ん中の写真について解説したい。このシチュエーションはますださんがモデルに指示したものだ。コートをはだけさせた時「その設定はちょっと違うと言った」。寒いのにそんなポーズをするはずないからだ。僕のいわゆる妄想写真では、このようなポーズでは下着を出したり乳房をだしたりする。それはエロスを演出する意味で大切なことだと考えている。さて、ここでは肌を出すのではなく、単にコートの着こなしを乱しているにすぎない。しかし、出来上がった写真を見て考えが変わった。しゃとぴぃの表情に色気があった。実際に肌を露出していなくても、モデルはそのポーズから何らかの気分を感じ、その結果エロス醸し出す。ますださんのお陰でとても勉強になりました。僕はひとつ先入観から解放された気がしている。
2011-02-11 : ワークショップ : コメント : 2 :

38thワークショップのモデル変更。。

2/12(土)に開催する38thワークショップのモデルが変更になりました。
mika⇒Yuki


Yuki
2011-02-05 : ワークショップ : コメント : 0 :

貸切ワークショップ

貸切ワークショップを始めました。
ある受講生から貸切でやらせて頂きたいと申し出がありました。考えてみれば、必ずしも土日に参加できるとは限らないし、これまでも参加者ひとりでもWSを開催して欲しいという方がいて、何度か開催しました。そこで、今後は貸切WSを受け付けようと思います。ご希望の方は日程をお知らせいただければセッティングします。
2011-02-02 : ワークショップ : コメント : 0 :

36thワークショップにて


上の三枚はコンタックス+プラナー。。つまりフィルム。
下の二枚はiPhone。つまりデジカメ。
色味がてんでばらばらですが、フィルムとデジタルの違いがわかりますね。
とにかく寒い日で、その寒さを表現している点ではフィルムに軍配が上がりますね。
それにしても、iPhone恐るべし。。

model*ゆか



■貸切ワークショップを始めました。
2011-02-02 : ワークショップ : コメント : 0 :

35thワークショップにて


古いおもちゃ屋のショーウインドーの前で。。model*ミユ

36th**1/30**model/ゆか
37th**2/6**model/しゃとぴぃ
38th**2/12**model/mika
参加受付中です。
2011-01-27 : ワークショップ : コメント : 0 :

36thワークショップ



1/30(日)の30thワークショップにゆかちゃんが帰ってきます。是非参加してください。
参加受付中⇒

■1/23(日)に開催した35thWSの報告。モデルはミユちゃん。参加者三名。新小金井駅から歩きながらスナップやポートレート。野川公園で撮影。公園の売店で温かいものを食べました。寒かったのでとても美味しかった。(おでん、焼き芋、肉まん、カップ麺など)最後は調布飛行場の方へ。そして多磨駅から電車で待ち合わせした武蔵境駅へ。みなさんおつかれさまでした。
■グループ展までできる限り毎週WSを企画します。参加者が二名以上なら開催。よろしくお願いします。
2011-01-24 : ワークショップ : コメント : 0 :

35thワークショップ・・・2011.3.23(日)

35thワークショップを開催します。
ポートレートとスナップのハイブリットです。
モデルはミユちゃん。
午前10時半、JR武蔵境駅・南口集合。
武蔵境⇒新小金井駅⇒野川公園⇒多磨駅⇒武蔵境
申込はこちら
2011-01-16 : ワークショップ : コメント : 0 :

33thワークショップ・・・2010.12.19

20101219WS027_edited-1.jpg

20101219WS044_edited-1.jpg
20101219WS061_edited-1.jpg
20101219WS059_edited-1.jpg
20101219WS066_edited-1.jpg



早紀ちゃんは心が柔らかい女の子です。そして素直です。そんな女の子を撮るとき自分も少しだけど真面目ぶってシャッターを押す。実際に真面目になれたような気さえしてくる。そういう子を撮るとき僕はカメラを持つ幸せを感じる。写真はお互いに幸福になれたら一番いい。幸せになれなくても、そう願って撮ることは価値のあることだ。過去の僕の作品が人を幸せにしたかというと、とても自信がない。ある程度の気配りをしながら撮影していたかもしれないけれどそれは愛ではなかった。だけど最近はほんの少しだけど愛を込めて写真を撮ることを心がけられるようになった。

先日YouTubeにアップした『早紀』の中で僕が「早紀ちゃん、好きだよ」と告げる、まさに恥さらしなシーンがあるが、その言葉は自然と出たもので僕はあのとき撮った写真を気に入っている。自分の気持ち(気分?精神状態?)を被写体に告げることは勇気がいるけれど、もしかしたら写真にかすかな息吹を込められる可能性があるのではないだろうか。

もしも16thトークライブが開催されるなら、僕は自分の写真のすべてを語り尽くしてみたいと思っている。そんな欲求が自分の中に芽生え始めている。「もっと先生の話を聞きたかった」という言葉はとても重いです。

□日曜日に33thワークショップを開催しました。天気も良くほのぼのとした時間を過ごせました。参加者のみなさんと早紀ちゃんありがとうございました。
2010-12-22 : ワークショップ : コメント : 0 :

そば屋にて・・・2010.12.06

WSが終わっておそば屋でお昼となりました。あいにくお店は混んでいて全員の同席ができなくて皆さんにお話できませんでした。申し訳ないのでここにその時の会話を補足して書きます。同席できなかった三名(一人は昼食をとらずにお帰り)の方、ごめんなさい。なべちゃん、オノッピ、早紀ちゃん、ちょっと現場と違っているかもしれないけど勘弁してね。

*********************

なべちゃん「ライブではもっと先生の写真に関することを聞きたかった気がします」
オノッピ 「あ、はい、そう思います」
早紀   「・・・」
魚返   「う~、、まあそうかもしれないけど、ライブでは質問してくれると話しやすい。でもね、今回のライブは今までよりは本気でしゃべったよ」

なべちゃん「質問してもいいですか?」
魚返   「もちろん」
なべちゃん「先生はスランプってないですか?」
魚返   「あるよ、うまく行った後とか、個展中とか、次のことを考えている時はスランプ状態だよ。今はちょうどライブを成功させて何となくスランプなんだけど、幸せでもあるよ」
なべちゃん「どうしてですか?」

魚返   「どうしてスランプかっていうと、何かを終わらせた時に残るのは一瞬の満足感と膨大な課題で、その課題に立ち向かうと相当精神的なダメージがあるんだよ。やすやすと次がわいてくるわけではないんだよ。本気で取り組めるテーマでない限り絶対に続かない。そのテーマをどうして見つけるかというと、それは自分を知ること。本当の自分をきちんと評価することなんだよ。その自分というのは年々変化し続けているから、常に見張っている必要があるんだよ。自分という人間を全部検証する必要があると思う。そのことにエネルギーを使っている時期がスランプかな・・・」
なべちゃん「・・・」

魚返   「幸せだっていうのも話すね。もうすぐ誕生日が来ると55歳になる。この歳まで撮り続けていられたことはとても幸せだよ」
なべちゃん「そうですか・・・」オノッピ+早紀「ふむふむ」
魚返   「僕は70歳でスカウト中に死ねたら幸せと思っている。極端な表現だけどとても深いんだよ。つまり死ぬまで自分が好きだと思う女の子を撮り続けたい。そのために今をどう生きるかみたいな哲学が必要なんだよ。さらに自分の写真を一生愛し続けたいなら技術を学ぶな、安易な方法で上手くなるなと僕自身は結論づけている。何だか偏屈なんだけど、これ説明してほしい?」
なべちゃん「是非お願いします」オノッピ+早紀「ふむふむ」


魚返   「まず70の爺さんがスカウトするって滑稽だし恥ずかしいよね。それでもスカウトできる自分でいるために何が必要なのかを日々考えているよ。でも結論は出ていないから今は言えない。でも相当に老いの問題やら精神の問題やら様々な要素があるよ、、まあ恥知らずな爺さんになれるかってことかな」

魚返   「技術を学ぶなってこと。これは、技術に走っても本当に良い写真を撮れる確率が上がるわけではない。もちろんレベルの低い自分をダマす程度の写真は頻繁に撮れるようになるけど。問題はその先の世界を目指すかどうかだね。死ぬ前に撮った写真を並べて自分を感じられたらいいね。それ以上に作品が認められることも夢ではないよ。現在はプロもアマチュアもない世界に突入しようとしているよ。デジタル化がそれを実現しつつあるんだ。だからこそ自分らしい作品を撮ることに固執して欲しい。アマチュア精神が一番大事。なのに僕以上にアマチュア精神を持っているアマチュアに会った事がない。みんなどこかプロ指向が入り込んでいてつまらない。写真雑誌などを妄信していてはだめです。良い作品は技術があっても撮れない。でも技術がなくてはもっと撮れない?本当にそうと言えるだろうか。もっと大事なことがあるよ。究極の技術を学ぶことだよ。個性を引き出す技術こそが大切な技術だと思う。まず無心に撮っていれば自分だけの技術が身に付くものなんだけど、そこまで待つのが大変なんだよね」
なべちゃん「なるほど・・・」オノッピ+早紀「ふむふむ」

魚返   「今日はこれくらいにしておくね、、だって一緒のテーブルに座れなかった二人に悪いから・・・」
2010-12-20 : ワークショップ : コメント : 0 :

明日は久しぶりにスナップWS

明日(12/19)のWSはハイブリッド。ポートレート+スナップ。どんな場面に遭遇するでしょう。どんなスナップが撮れるでしょう。僕も何か一枚でも良いスナップを撮りたいと思っています。

先日の15thライブで僕のクリップをご覧になった方は僕がスナップをたくさん撮っていることに気づいたと思います。ポートレートでもライブ感があるとちょっと良い作品になります。スナップを経験することはとても大切です。皆さんも日々スナップを撮ってください。



2010-12-18 : ワークショップ : コメント : 0 :

32th ワークショップ・・・2010.11.23

遅くなりましたが11/23に開催した32thワークショップのご報告。
すっかり冬らしくなった多摩川の河川敷。思ったより暖かくて助かりました。
電車の車内に冬の角度のない陽射しが入り込んでほのぼのとしている。僕は初冬の光が大好きだ。
二人のモデルの手のひらを撮った。理由は女の子のぬくもりを感じてみたかったからだ。


早紀


彩乃

□33thワークショップ(12/19日)参加受付中。今回はポートレートとスナップの両方やります、

2010-12-12 : ワークショップ : コメント : 0 :

33thワークショップ開催

第33回ワークショップ~ポートレート&スナップ講座
□あなたの写真の間口を広げるにはスナップの応用が良いです。ポートレートとスナップの両方を撮影しましょう。スナップはモデルがエキストラを努めます。


2010.12.19(日)モデル(未定)
多摩川線沿線の散策
午前10時30分、JR中央線・武蔵境駅南口、西武多摩川線改札付近集合。

参加費10000円。
定員6名
2010-12-11 : ワークショップ : コメント : 0 :

11/23今日のWSは通常通り開催です

11/23今日のWSは通常通り開催です。
今からでも参加できます。
午前九時半まで参加受付しています。。
2010-11-23 : ワークショップ : コメント : 0 :

WS・・・2010.11.14*ミユ


2010.11.14WSにて。ミユは制服を着ている。河原を散歩する人たちの視線を浴びる、、、特に外国人には興味深い様子。バイクがとめてある。周囲に所有者はいないよだ。この写真はバイクの向こう側から初参加のI氏が撮影しているところをこっちから拝借。WSでは他のカメラマンが作ったシチュエーションを別の角度からとても良く見えることがある。いよいよ冬到来か、あと何回できるだろう。

このところライブの準備で気持ち的に多忙?WSもこのブログも仕事(やばい)もそっちのけ。編集者にはご理解を願いたい。ライブの前売り(-500円)はすでにお買い求めでしょうか?ローソンチケット(L33969)です。よろしくね。
2010-11-20 : ワークショップ : コメント : 0 :

31th、32th、ワークショップ(制服??)




31th・WS11/14(日)と32th・WS11/23(火)の両日WSを開催します。
年内開催はあと数回で終了です。是非参加してください。
それから、今回(11/14)はミユちゃんが制服を着てWSモデルをつとめてくれます。期待してね。

□32th・WS11/23(火)もダブルモデルになる可能性あり。

第31回ワークショップ
2010.11.14(日)ダブルモデル(さや+ミユ)
多摩川開催
午前10時30分、西武多摩川線是政駅集合。
参加費12000円
定員6名(参加受付中)

第32回ワークショップ~開催予定
2010.11.23(火/祝)モデル(早紀*初登場)
多摩川開催
午前10時30分、西武多摩川線是政駅集合。
定員6名(1名受付済み)
2010-11-08 : ワークショップ : コメント : 0 :

ワークショップ・・・2010.10.31




天気は台風一過とはいかなかったけれど無事に開催できただけでも良しとしなきゃ。さやちゃんは初登場だしね。
11/14(日)に再度さやちゃんがWSに登場する予定だよ。Wモデルだからもうひとりは誰かな?
2010-11-04 : ワークショップ : コメント : 0 :

ワークショップ・・・2010.10.24



10/24(日)のワークショップ。太陽のない寒々しい多摩川。まさかこんなに寒くなるとは想像していませんでした。でも、写真的にはそれはそれで良いですね。寒ければ寒い写真を撮れば良いだけのことです。モデルさんは長時間大変ですが、、、ワークショップのグループ展も開催が決まったし、これからどんどん悪条件でもワークショップを開催します、、と言いたいところですがモデルさんのことを考えるとそうも行かないかな。ともあれ無事に終ったことを報告します。

□グループ展の参加は一応今日で閉め切りましたが、いずれ追加で受付けます。まだ一度もワークショップに参加したことのない人でも興味があれば是非どうぞ。まだまだ時間はたっぷりありますから。


2010-10-25 : ワークショップ : コメント : 0 :

キャンセルが出ました!

10/24(日)24thワークショップは満員でキャンセル待ちとなっておりましたが、1名キャンセルが出ました。現在受付中です。是非どうぞ。
2010-10-21 : ワークショップ : コメント : 0 :

27thワークショップ・・・2010.9.26



昨日の東京は美しい秋晴れでした。ただしお昼までは、、。久しぶりのワークショップでしたがとても条件が良くきっと来年のグループ展でもこの日の作品が展示されることでしょう。参加者のみなさん、モデルのYUKIちゃんとミユちゃん、ありがとうございました。

□次回は28thワークショップ~10/10(日)です。参加受付中。
□来年のグループ展は渋谷のルデコです。あなたもこれからワークショップに参加してグループ展に参加しませんか。
2010-09-27 : ワークショップ : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター