個展会場での一枚


2011.9.27*24th個展にて。みしゃけ+ぽて兄

 去年九月、個展会場(ルデコ)でカップルを撮りました。ブログにアップしても良いとのことでした。それっきり忘れてしまい、本日この写真の存在に気づいた次第です。ところで、この女の子、何だほのぼの感があっていい。男の子は生憎眼を閉じているけれど、それがこの写真に小さなインパクトを与えている。ありがとう。
 ところで皆さんはこの女の子を撮ってみたいと思いませんか?


              ☆


2012-01-04 : 24th個展へ : コメント : 0 :

五日目→最終日

ゆめちゃん、ミユちゃん、ありがとう。モデルに応募してくれた女の子、ありがとう。
あと、中野さん、あなたの言葉のひとつひとつが僕を元気にしてくれました。心から感謝申し上げます。

それから「僕にとって女性に嫌われることは難しいこと」と言った人。その言葉を聞いた時、呆れてあなたに反論することさえできませんでしたが、その認識は間違いです。何人かの女性に好かれる反面で、同じ数の女性に嫌われているのです。好感を持っている人はストレートに好きと態度に表すかもしれませんが、相性が悪いと感じた人も、嫌いだって言わないで、好印象を受けている振りをするものです。それが普通です。

個展は自分の写真を皆さんにごらんに頂き、自分でも客観的に観る場です。そして、しんどいのは、人生そのものを考えさせられるところです。これから先、死ぬまで撮り続けられるのだろうか。それが可能だとして、死ぬのはいつだ?これまでに24回個展をやった。今が折り返し点だとすると、あと24回個展を開催することで完結する。仮に年に一度の開催を継続するなら、到達した時は、80才になっている。人生そのものを考えざるをえない。僕を支えてくれた人、その人に感謝し、尊敬し、恩返しをしなくてはならないでしょう。その恩返しとは、やはりこれまで以上に自信作を撮り続けることです。それ以外できないのです。今日は最終日、皆さん、お手伝いしてくださいね。

あと、来年の第2回グループ展は5月、個展は10月と致しました。すいません。

---------------------------------------------------------------------------------------
<祝・パリーグ優勝!>
 ホークス監督の秋山幸二と会ったのは、彼が現役引退した直後だったと記憶している。僕と女性編集者と女性ライターの三人で、婦人画報誌上のインタビュー取材のために福岡ドームに行った。その時、野球にはちょっとうるさい僕は彼との会話をもてたのだった。僕は、彼の人間の大きさと頭の良さを間近にしたあと、帰りの新幹線の中で彼が監督になることを予想し確信した。穏やかな口調。多くを語らない人格者。僕は熱狂的なライオンズファンだったから元ライオンズの主砲秋山幸二に会えるだけでも嬉しいのに、ポートレートまで撮れたことに満足し、それで終わりのはずだった。しかしそれ以来、秋山幸二から毎年プライベートな写真が載った年賀状が来る。何という義理堅い人だろう。くれぐれも言っておくけど、僕はあくまでもライオンズファン。八才からずっとライオンズファン。ホークスを応援する気はみじんもない。だけど、今朝の朝刊を読んでちょっとだけ眼がうるうるした。あ~あ、中島のいなくなったライオンズでは来年も再来年もホークスを負かすことはできないだろうな。。。

「しらしんけん、頑張るけえのお」秋山監督が横浜から取った内川の言葉。同じ大分県人として胸に響いた。内川も秋山に惚れた一人に違いない。「しらしんけん、頑張るけえのお」、、僕も次の個展へ向けて決意した。

■しらしんけん=一生懸命という意味の大分弁
2011-10-02 : 24th個展へ : コメント : 2 :

いよいよ五日目

昨日は早紀ちゃん、かおりちゃん、みなちゃん、ありがとう。(他に漏れている人があったらごめんなさい)

いよいよ今日は土曜日。天気にも恵まれました。ずっとだけど。。
会場でお待ちしています。
2011-10-01 : 24th個展へ : コメント : 0 :

三日目を終えて

二年ぶりの開催。そのブランクをはっきり感じる。最初、何もかもつらかった。立ち止まってはいけなかった。この先、もっともっと休む事で難しくなるんだとおもった。休む事も大事だとひとは言う。だけど、続けられるなら無心に続けることをお薦めする。ブランクが長すぎるともう一回歩き出すことが困難になるだろう。作品をご購入いただいた皆様、、皆様のお陰で僕は24回も個展を開催することができました。

客層が変わって来たのがはっきりわかる。常連に加えて女性客が増えた。「ぎゃっ、女の子ばっかりじゃん、おじちゃん、良かったね」(ミッチ)

ご来場頂いたモデルの皆さんありがとう。(詠子さん、さやちゃん、アズサ、理乃ちゃん、スイちゃん、ミッチ、たま子ちゃん、千春ちゃん、書き漏れがあったらごめんなさい)

来年、25回目の個展を開催します。それから、G展の日程を変更します。それは、これから先のサイクルを考えた場合、やはりG展=初夏、、個展=秋、、というサイクルが良いと判断したからです。したがって、来年のG展について、当初は10月開催と断言しましたが、ちょっと変わって来ると思います。ご了承を。
2011-09-30 : 24th個展へ : コメント : 0 :

三日目(木曜日)

無事に三日目終了。
ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。
モデルの皆さんもありがとうございました。
明日も会場でお待ちしています。
2011-09-29 : 24th個展へ : コメント : 0 :

2日目

割と静かな一日でした。
ひとりでいろいろ考えていました。中崎タツヤを読みながら。
三日目も会場で待っています。ご質問などご遠慮なく。
☆「どれを選ぶ?」の当選者は申し出てください。
2011-09-29 : 24th個展へ : コメント : 0 :

初日・・・2011.9.27

無事に初日を迎えることができました。
さっそく古いファンの方々が来てくれました。ありがたいことです。
やっぱり、僕は個展で育って来たんだとつくずく感じました。
2日目が楽しみになってきました。
詠子さん、さやちゃん、アズサ、ご来場ありがとうございました。
アズサごめんね。
では、会場でお会いしましょう。
2011-09-28 : 24th個展へ : コメント : 0 :

いよいよ初日

本日、無事に展示準備がおわりました。
お手伝い頂いた五名の方、本当に助かりました。ありがとう。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
2011-09-26 : 24th個展へ : コメント : 3 :

個展まであと2日。。

準備もだいぶできてきましたが、かなり疲れました。
でも、作品はとても良いです。楽しんで頂けると確信できる内容です。
明日、手伝ってくれる方々、本当にありがとうございます。
2011-09-25 : 24th個展へ : コメント : 0 :

個展まであと6日



『濡れる』2010.4.24 model*美奈
 水中の女子高生を撮りたいと思った。その写真を撮るために僕は水中カメラを買った。美奈を水に浸けるとどこか不謹慎な気持ちになった。ついでに、むかし川で溺れかけた時のことも思い出した。
「気分はどう?」
「制服が重くてきもちわるいような、でも気持ちいい」
 水中にカメラを沈めてストロボを発光しながら、足や身体に向けて無造作に撮った。どんなものが撮れているのかわからない。シャッターを押す度にたしかに快感があった。

☆この写真は水中カメラで撮ったものではありません。

■個展まであと数日。皆さんの来場を心からお待ちしています。各カメラ誌に情報を掲載して頂きました。ありがとうございます。(月カメは写真入りとか。CAPAはどう?誰か教えて)
■上記の『溺れる』も個展で展示します。
2011-09-21 : 24th個展へ : コメント : 2 :

観ないと損!個展まであと10日

24st個展DM裏-写真面

□個展の準備をしています。24回目だけどマンネリ感はありません。特に今回は2年ぶりということもあって新鮮な気持ちで楽しんでやっています。最初は個展をやるのが夢だった。そのうちに写真集を作るのが夢になりました。今は同じことを続ける楽しさと、新しいことを学ぶ喜びを感じながらやっています。

□DMは届きましたか?今日の時点で届いていない方の中で欲しい方はメールで請求してください。すぐに出します。塾生などかなり端折っていますから、届いて当然の人にも行ってないことが多々あります。ハガキは会期中会場にも置いてあります。

□会場での準備を手伝ってくれる方を探しています。9/26(月)の午後1時にルデコの2階。現在のところ数名おられます。ありがとう。

□DM請求とお手伝いの連絡は→ad28682@ha.bekkoame.ne.jp

□僕から今回の個展についてひと言。。「絶対に観ないと損します」
2011-09-17 : 24th個展へ : コメント : 1 :

個展準備&さてどれを選ぶ?・・・NO.4

24st個展DM裏-写真面


■個展まで2週間ちょっとになりました。
いつものお願いですが、どなたか展示準備を手伝ってください。9/26(月)午後1時~午後4時まで。今回はまだ手伝ってくれる人のあてがありません。(お手伝いしてくれる人が毎回同じ人なので申し訳なくてお願いメールしずらい)ご協力いただけた方には会場にて作品を差し上げます。皆さんのご協力をお待ちしています。お手伝い可能な方は下記のアドレスへご一報ください!
こちら⇒ad28682@ha.bekkoame.ne.jp

■さてどれを選ぶ?・・・NO.4
今回のコメントは9/25まで受付けます。皆さんの投稿を心よりお待ちしています。僕が選んだ展示作品と同じカットを選んだ方に、ポストカードサイズ(サイン入り)の同一作品を会場にて差し上げます。

■明日の61th写真塾(ミユ)について、、
いつもより作品撮りを意識して撮ってください。現在、ミユちゃんと明日のコスチュームやシチュエーションについてメールで打ち合わせ中。暑いから、川に入るかも、、、
■来週62thの写真塾(ナナセ)について、、
立川開催を予定しています。もちろん、作品撮りです。まだ参加できます。

2011-09-10 : 24th個展へ : コメント : 1 :

個展『放課後カメラ』と『壊れたディスタゴン』

24st個展DM裏-写真面

■個展『放課後カメラ』
毎日少しずつ個展の準備をしている。楽しみ半分、苦しみ半分。そもそも僕は撮影そのものに対しても同じような感じで、楽しいことばかりではない。その連続がどこか内向きな作品を作り上げてきたんだと思う。

24回目の個展。今までとは少し違うところがある。過去の作品の中で『放課後カメラ』に関係するカットを展示したり、一部の写真に色を付けたり、女の子が写っていないカットがあったり。バライタとプリンタ出力の混在。新しいことを提案してみたい。

このところプリンタ出力に依存した個展を展開してきた。今回は、久しぶりにラボテイクの金子さんにバライタプリントをお願いする。もちろん、過去にバライタでプリントしておいた展示作品もすべて金子さんの手によるものだ。



2011.8.21*58th写真塾にて、ズミクロン35、この写真を撮っている時にディスタゴンを修理しようと思った。。

■『壊れたディスタゴン』
「セキ写真様。いつも僕のわがままなお願いを聞いて頂き恐縮です。実は、今回はかねてより思案しておりましたディスタゴン35mm/F2.8の修理をお願いしたく、予告もなく失礼とは思いますが宅配にて発送させて頂きました。僕はマニュアル撮影しかしないので、AEは使いません。したがって、絞りが回ればそれで良いのです。どうぞよろしくお願い致します」

このディスタゴンは、1996年頃、僕の弟子が壊したレンズだ。とても可愛がっていた弟子は22歳の女の子だった。とても不器用だった。でもとても真面目だった。そして無口だった。僕に弟子入りして一年で彼女はプロとして立派に一本立ちし順風満帆だった。なのに突然心臓マヒで倒れ半年後に亡くなった。彼女の死を知らされた時、僕は中央高速を走っていて、八王子にある霊柩車の製造工場へ向かう途中だった。

僕はディスタゴンを捨てることができなくて時々使っていた。解放なら何とか撮れた。ずっと開放だけで撮った。「直そうかな」と思ったことがあった。中古で買えば2万円程度。修理代は3万円。その一万円が僕の心を寂しくしていた。

□24th個展『放課後カメラ』2011.9.27(火)~10.2(日)渋谷ギャラリールデコにて。
□セキ写真さんは、僕が最も信頼しているカメラ店です。中古カメラのことなら何でも相談に乗ってくれます。地方の方など是非ご相談なさったらいかがでしょう。本当に良いカメラ屋さんです。
セキ写真⇒こちら
2011-09-02 : 24th個展へ : コメント : 0 :

暑い・・・2011.6.29(水)


2011.5.2武蔵野市にて

 
暑い、すごく暑い、、
心地よかった初夏がもう懐かしい。あの日、何気なくシャッターを押したけど、季節が変わると、いやほんの少し変わる気配を感じるだけで写真は違って見えてくる。そんな日はボツにしてしまった写真の中から宝物を探してみるのが楽しい。●アップした二枚は何か足りない気がしていたカット。でも写真で足りてしまう必要はない気もしないではない。

□個展までそれほど時間がない。3ヶ月もある?と思われるかもしれないけれど、、個展には途方もない時間がかかるもの。僕の日常はみんなが思っているほど時間があるわけではない。それでも今回はちょっと工夫をしてみようと思っていて、それが決まるまでちょっと時間がかかっている。辛い時期だ。

□24th個展『放課後カメラ』はタイトルから想像するイメージそのものの写真が主役だけど僕の中で今うごめいている写真も展示するつもりだ。二年間のブランクで感じたことは、旬の大切さだ。

□次のG(グループ)展は2012年9月~11月が有力です。魚返一真写真塾以外で撮影されたものは、ポートレート2点、スナップ3点まで展示許可の予定。決定はずっと先になります。まだ塾に未参でG展にご興味のある方は是非メールください。

□坂戸のセキ写真さんにRolleiflex35.Fを探してもらっている。しかし、先週の写真塾に井上さんが3.5Fを持って来ていたのでちょっと手にした。こんなに重かったっけ?がっかり。これからセキさんに事情を話すつもりだ。軽いローライの方が欲しいね。

■写真塾情報、、7/3(日)アズサ、7/10(日)理乃、、参加受付中

※今日は時々書き足します。。



2011.5.19武蔵野市にて
2011-06-29 : 24th個展へ : コメント : 0 :

僕は完全変態中・・・2011.6.18


2010.12.15西荻窪駅にて(たぶん)
僕はいわゆる小百合ストより年齢的に少し下なんです。だから、この写真はあまり興味がないのです。僕が気に入ったのはキャッチです。「大人になったら、したいこと。」この表現が卑猥です。僕なら、たぶん脱がしてやってしまいたいと思うからです。吉永小百合さんを、、ではありませんが。。

僕は完全変態中です。あはは、あなたはずっと昔からそうじゃないですか。と言われてしまいそうです。ここでの完全変態とは蝶などにおける蛹(さなぎ)を経て成虫になるような状態を言うけれど、詳細は書かない。僕は昆虫採集が好きだった。割と最近まで蝶を捕まえては展翅しして標本を作っていた。今はなくなってしまったが、青山の志賀昆虫普及社には良く行ったものだ。そこで様々な昆虫採集グッズを買った。本格的な標本を作ることは、大人になったら、やりたいこと、、の一つだったと思う。

蝶の蛹の中は液状である。羽はもちろん、足や胴体、眼も口もない。やがて羽化する美しい成虫の面影はどこにもないことに驚かされる。24th個展を前にした今の僕は蛹の状態だ。僕の頭の中はぐちゃぐちゃで混沌としている。やがて蝶のように形が出来てくるはずだ。それを苦しみながらじっと待つ。この時期とても充実しているが苦しみは相当なものだ。

思えば、23回の個展の前はいつもそうだったような気がする。しかし、、、待てよ。全ての個展前に本当にそれほどの苦しみがあっただろうか。今回ははっきりと苦しみがある。二年のブランクのせいかもしれない。いや、、違うような気がする。今までと少し違う何かを生み出すために、自らの体内を液状化し、無にしようとしているところがあるかもしれない。先入観を捨ててしまいたい。そして新しい個展をやりたいと心から願っているのだ。

「大人になったら、したいこと。」をもう一度考えてみたい。
2011-06-18 : 24th個展へ : コメント : 0 :

スナップは気づくこと・・・2011.6.17

心に残るスナップが撮れた時の状況を思い出してみるとき、ある法則のようなものが見え隠れしている。僕の場合、ある程度狙って撮っていることは塾でも話している。数秒先の出来事(数分かもしれない)を想像して、その思惑が当たれば素敵なスナップが撮れる。

シャッターチャンスが誰の目の前にも平等にあるのかどうかということ。塾ではもちろん平等にあると言った。しかし厳密に言うとノーではないかと考え始めた。理由は、ある出会いに向けたアプローチの仕方に巧拙(強弱)があるのではないだろうか。

では、どうしたらそのチャンスに遭遇できる可能性が上がるのか。まず気づくことが一番難しい。目の前の状況がカメラマンにとってどんな風に心に響くのか。その響き方は千差万別。自分の心の動きに気づけば次のアプローチをすることになる。被写体に近づいたり角度を変えて狙ったり数歩移動したりして次第にシャッターチャンスに近づいて行くのだ。自分の心の動きがなければ何も始まらない。

撮ったスナップは今ひとつ足りないことが多い。しかし、じっくり見ていると味わいがあるものもある。そんな写真に息吹を吹き込むのがプリント作業だ。ここでも何かに気づくかどうかなのだ。つまり勝負は撮影が終わってもまだまだ続いているということだ。いよいよギャラリーの壁に貼付けるまで本当のことはわからない。

2010512Rollei004_edited-1.jpg
『自由な放課後』2011.5.12
□この写真は雨の公園を撮ろうと出かけたところ破れた靴の底から水が侵入。やむなく吉祥寺の靴屋へ靴を買いにもどることに。楽しみにしていた雨の公園の撮影ができなくて落胆しながら駅の階段を濡れた靴下の生温るさを感じながら上がると目の前に女子高生四人組がいた。手前に人がいたが少し待つとホーム後方へ行ってしまった。電車が遅れているようでしばらく彼女たちを見ることができた。僕は後ろを『特急あずさ』でも通過しないかと思っていたら、遅れの原因を作った『特急あずさ』が猛スピードで彼女たちの後方を通過した。彼女たちに僕はとても自由を感じた。彼女たちが四人四様だったからだろうか。
 何のことはないごく普通のスナップだ。この一枚だけなら何ということはないが、この10分後に撮った次の写真と組で観ると何だか意味がありそうな気がしてくる。

2010512Rollei019_edited-1.jpg
『私のスタバ』2011.5.12
靴を買うために吉祥寺に来た。駅ビルのアトレはあちこちスタバだらけだ。私立の女子高生は自由な空間としてスタバを利用しているみたいだ。真似のできない時代感覚。羨ましい。この二枚は何か関係があるような、ないような。きっとこの数ヶ月以内にシリーズを完結させるような最後の一枚に出合えると信じて、そうなることを祈っている。つまり、次をなんとなく心の中にインプットしておくことが大事である。もしも完結したら24th個展に展示します。お楽しみに。



■魚返一真・写真塾では女性ポートレートだけでなくスナップ写真も指導しています・・・
2011-06-17 : 24th個展へ : コメント : 0 :

24th個展へ・・・2011.6.14(火)

G展について昨日もメールやブログのコメントに意見をもらった。G展はみんなにとってもインパクトがあったんだとわかって嬉しい。このG展はいずれ、メンバーが独自に開くであろう個展とは別の道を進むと思う。『ALL GIRL』にしかない雰囲気が少しずつ浸透して特別は存在になるはず。気づいたら、僕はどういうわけかサブカルのジャンルに入り込んでいるように、一種の文化としてささやかな挑戦をして行くのが素敵だ。ただ飾っているのではダメ。アマチュアカメラマンのださい集団にだけはしたくない。真剣に師と仰いでくださっている方々をどこへも導いてあげられないなんて申し訳ない。『オールガール』をキーワードにして何かを発信したり提案したりしなきゃならない。

次回G展開催に合わせて、図録を作ることを検討している。参加メンバーの作品を集めた少部数の写真集を発行しようかと思っている。ブックデザインは僕がやるから、超カッコいいよ。(本とかな??)第1回にそれを考えつかなかった。実は先日24thDMをいつものオノウエ印刷に発注したら、丁寧に尾上さんから電話があって、少部数写真集を作らないかと。営業だったにせよ、僕はピンときた。みんなの活動を残してあげたいと思ったのです。

次回は図録付のG展になるかもよ、、すごいね。

●6/13現在、、G展2~参加11名(今回参加者7名)、、保留3名(今回参加者1名)、、不参加3名(今回参加者2名)、、未回答数名。

■次回G展に向けてそれぞれテーマを持つことが良いのではないでしょうか。考えてみてください。

□下の写真はLimitに収録したもの。。1997.2、model*manami..ハッセルブラッド503cx+Plannar80mm.
彼女は確か高校一年生だったような、、そうだとすると16歳?確信はない。初めて高校生を撮ったんだと思う。これ、西新宿の僕の事務所で撮った。アンケート用紙に書き込んでいるところ。最近は女子高生はちょっとタブーだけど当時はまだ全然大丈夫だったと記憶する。24th個展『放課後カメラ』に展示してご覧頂きます。種ちゃんがハッセルを貸してくださると申し出してくれました。ありがとう。いつか借りるね。。。


2011-06-14 : 24th個展へ : コメント : 0 :

夢・・・2011.6.13(月)

夢を観た。塾生が二人同時にやめてしまうと言い出した。僕は二人に「ご自由にどうぞ」と言った。目覚めたあと、僕はその夢が気になって仕方なかった。そしてごく自然に次回不参加を表明した一人の塾生に「君はもっと上手くなるよ、、是非次のG展に参加して欲しい」とメールしたのだ。

次のG展に向けて塾生たちにアンケートをもらった。いろいろな意見があるけど、どれもありきたりで、僕の心に響くものはなかった。もしかしたら、僕が独断でやって行くべきなんだろうと思い始めて、昨日の塾でますださんにそのことを聞いてもらった。ますださんもそれに賛同したような眼をしたけれど本当のところはどう思ったのかわからない。まるで僕の気持ちを知っているように、しまださんからアンケートが届いた。僕の勝手にやりなさいとは書いていないけど、なんか嬉しかった。

順位を出す必要はないという意見。順位を出してはいけない意見とはなんだろう?最近の運動会ではかけっこなどの種目で、ゴールテープを走者が並んで切って、順位をつけないらしい。それと似たようなこと?それとも、どこのG展でもやっていないから抵抗がある?また、審査員が好きなカメラマンを選んで賞を与えるということ、、それはPTA会長が小学生の遊戯に特別に上手ではないけれど衣装が良いなどという理由で特別賞を与えること?僕たちは歳はとっていてもカメラ小僧だ。少年は白黒つけたがるものだと思う。

投票用紙を持ったお客様の眼がちがったよ。全員の作品を観て投票しようという姿勢があった。審査員も同じだった。僕も本気になっていた。途中経過は、運動会の得点ボードを観ているような気がした。

現在のところ参加決定9名。微妙5名。不参加2名。無回答5名。条件を満たせば誰でも参加できる。写真塾に参加したことのない人も是非どうぞ。

G展の姿はまだ見えていない。もっともっと個性的なG展に育てあげたい。その必要がないのなら、僕はやらない。


1999.7.12武蔵境北口。。女子大一年生。ハッセル+150mm。これも24th個展で展示予定。是非観に来てください。
2011-06-13 : 24th個展へ : コメント : 2 :

24th個展へ・・・2011.6.12(日)


今日の一枚はこれ。これも今回の『放課後カメラ』で復活させることにした。『シネマガール』では笑っているカットを使った。個展ではどっちを展示するか迷っている。それにしてもいい加減なフレーミング。でもね、、それが実際のところなんだよ。夢中で撮ってしまっているんです。はっきり言って僕はへたくそです。でも心を込めて撮ることは誰にも負けないつもり。。つもりだけかな。
1999.7.14武蔵境にて、、女子高生ふたり。ハッセル+150mm.このころはこの組み合わせで撮影することが多かった。
2011-06-12 : 24th個展へ : コメント : 0 :

24th個展へ・・・2011.6.11(土)

実はポートフォリオを作ることにしました。そうそう、先月からラボテイクの金子さんにバライタで焼いてもらっていますが、それとは別にいろいろ試行錯誤しています。また自分のやり方を公開していくので、みんなの参考になると嬉しいな。補足すると、ポートフォリオを作ったことがありません。理由は、個展が終わったら展示作品をファイルするつもりでやっていますが、売れたものが多くて、しかも補充しないので長い間、出来ないでいました。今はちょっとやる気になっています。ポートフォリオが出来たらどうするのかというと、いざという時にそれだけ持って逃げるのです。

種ちゃんに感謝したいな。バライタを買ってくれたこともだけど、ピクトランバライタを教えてくれたこと。。種ちゃん、あれ素晴らしいね。びっくり。

下の写真、これって大学一年生の放課後なんだけど、大好きな作品なんです。これも9月の個展『放課後カメラ』でみんなにお見せましょう。これ、確かコニカプラザで開催した『シネマガール』写真展の時に展示したプリントがどこかにあるはず。見つかるかなあ。ところで大学生でも放課後って言う??まあ細かいことは言いっこなし。


1999.9.23三鷹にて、、写真集『シネマガール』収録作、、ハッセルの150mm。。このレンズ買ってくれた人まだ持っていてくれるかなあ。たしか目黒の人だった気がする。ハッセル欲しくなった。

G展のアンケ回答ありがとう。全部そろったら集計して発表する。

本日随時書き足します。。
2011-06-11 : 24th個展へ : コメント : 0 :

24th個展へ・・・2011.6.9(木)

24st個展DM裏-写真面

G展「ALL GIRL」が終わって残務に追われていますが、同時に24th個展への助走も開始しました。古いネガ(二年前ぐらい)を見て行くと現在の自分の成長がはっきりわかります。少し稚拙に見えてなりません。結局この夏展示作品を撮らなくてはならないのです。二年も個展にブランクがあったのは初めてですでに撮影した作品は展示スペースを大きく上回る数になっています。しかし、僕はその半分を捨てることにしました。今の僕の方が撮れるからです。逆に、古いもので今回のテーマに合うものを復活させるつもりです。自分が満足できる個展にするためです。下の写真は2008年に小湊鉄道で撮ったものです。これ好きなので復活候補です。女子カメラっぽい?



G展では参加カメラマンの皆さんは大きな収穫を得られたのではないでしょうか。上位の人より下位の人に大きな意味があると考えています。何事にもどこかネガティブな僕は、いつも下位だったからこそ今のような独自の生き方ができたと思っています。上位の人は自分に対して厳しめに見て正しい評価をするべきです。反対に下位の人は反省点がはっきりしていますから上昇は容易だと思います。次回急上昇する人が誰なのか楽しみです。

※本日随時書き足します。
2011-06-09 : 24th個展へ : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター