個展終了

 日曜日に個展が終了しました。感謝いたします。

 今回は、2年ぶりでしたので、少し心配もありました。でも、毎日いらしてくださる常連のファンの皆様や、モデルをご希望してくださる女性、そして初めて来てくださった方々、、皆様が僕にくださったご厚意のお陰をもちまして、僕の中に続けて良かった、まだまだ続けようという気持ちがふつふつとわいてきました。

 作品は、昨年の病の影響が色濃くでています。いざ展示してみると、女性の支持を集めたことに驚かされました。病床で気づき模索した、精神とエロスとの交わりを表現した写真を見て女性が敏感に感じてくださったことは写真家として光栄に思います。

作品をご購入頂いた皆様、本当にありがとうございました
モデルになってくださった女性たち、本当にありがとうございました
ご来場いただいたすべての皆様、次の個展でさらに傑作を展示することを約束します。



 感謝・・・・2013.7.30 妄想写真家*魚返一真






2013-07-30 : 25th個展へ : コメント : 2 :

最終日・・・7/28日


とうとう最終日になりました。
なぜでしょうか、とても長い六日間でした。
2年ぶりに個展を開催したのですが、乗り切れたことだけで満足しています。
来年も必ず開催します。どうぞよろしくお願いします。

今日は16時で閉館。お待ちしています。




魚返一真
2013-07-28 : 25th個展へ : コメント : 0 :

五日目

今日は土曜日です。
お客様がたくさんいらしてくださると嬉しいです。
会場でお待ちしています。

魚返一真

25th個展DM裏-写真面
2013-07-27 : 25th個展へ : コメント : 0 :

7/26金・四日目


今日も一日会場でお待ちしています。
ご来場ください。


魚返一真

2013-07-26 : 25th個展へ : コメント : 0 :

3日目


昨日は2日目でした。古くからのファンの方々にお会いできて嬉しかったです。写真家として幸福な時間を過ごせました。本日3日目は終日会場におりますので、お気軽に声をかけてください。




                   ﹆


□同時開催中のグループ展は同じビルの三階です。こちらもよろしくお願いします。


2013-07-25 : 25th個展へ : コメント : 0 :

2日目

25th個展DM裏-写真面

昨日は無事に初日を迎えることができました。
ご来場頂いた皆様に感謝いたします。
本日は2日目。お待ちしています。

魚返一真




2013-07-24 : 25th個展へ : コメント : 0 :

あと1日・・・

いよいよ個展、グループ展ともに明日から開催です。
本日は、会場で展示作業。
皆さんのご来場をお待ちしています。


□会期〜7/23火〜7/28日。
□場所〜ギャラリー・ルデコ(渋谷)














2013-07-22 : 25th個展へ : コメント : 0 :

『告白』・・・あと11日


25th個展DM裏-写真面


○個展まであと11日となりました。

 今回の個展は2年ぶりです。前回開催以降も引き続き多くの新作を撮ってきましたが、今回すべてを展示することができません。過去の個展ではおおむね全新作を展示してきましたし、それがモデルさんへの感謝の証だと考えておりました。しかし、今回はじめて作品を大幅に絞り込んで展示することにしました。壁面に展示する作品数は、30カット以内と過去の個展での展示数と比較して約半数となっています。

 こうした絞り込みをした背景は、写真家として今現在思っていることを率直に表現しなくてはならないという切実な想いからです。今回は、テーマ性より、今現在展示したい、自分が観たいというものを優先しています。従って、新作だけでなく旧作の展示もあります。セレクトの基準は、作品比較におけるある種のクオリティーに頼ったセレクトではなく、今の僕の気持ちにつながっていることを最優先しております。

 次回以降の個展においては、さらに自分の世界観を全面に出してご覧に入れたいと考えております。まずは今回の個展へ是非ご来場頂けますよう心よりお願い申し上げます。

                2013.7.13 妄想写真家・魚返一真


□壁面展示から漏れた作品のモデルさんにはこの場で謝罪をいたします。しかしながら、今回展示されなかったとしても、僕の大切な作品であることに何ら変わりはなく、次回以降展示される可能性があることは当然のことです。なお、今回の個展において壁面展示できなかったカット(約30カット)はファイルに入れてご覧いただくことにしました。


□第25回魚返一真個展『告白』は⇒⇒こちら





2013-07-13 : 25th個展へ : コメント : 0 :

魚返一真個展『告白』とグループ展『ALL GIRL.3』

◎各写真誌に写真入りで紹介していただけると連絡が来ました。

・CAPA〜魚返一真個展『告白』/写真入り
・フォトコン〜魚返一真個展『告白』/写真入り++グループ展『ALL GIRL.3』写真入り

     -------------------------------     

僕の個展のみならず、グループ展も次第に認知されてきた感じがします。
他誌の方は連絡がないのでわかりませんが、掲載されていると確信しています。


25th個展DM裏-写真面

3rdGDM.gif

□連日準備に追われています。是非ご来場ください。
□魚返は会期中、連日会場に出向き皆様をお待ちしています。お気軽に声をかけてください。

■会期〜2013.7.23(火)〜7/28(日)











2013-07-04 : 25th個展へ : コメント : 0 :

25th個展+3thグループ展の告知

個展とグループ展の紹介記事について、、
各カメラ誌にパブ掲載依頼を送付しました。さっそく月刊フォトコン誌より、個展とグループ展の両方を写真入りで掲載していただけるとのメールを頂きました。他誌につきましては、発売日(7/20)にご確認ください。

『告白』⇒⇒こちら
25th個展DM裏-写真面

『ALL GIRL.3』⇒⇒こちら
3rdGDM.gif


2013-06-29 : 25th個展へ : コメント : 0 :

『優子』・・・懐古


1995.12 model*優子

               †

 どんなふうに16才の優子と出会ったのか確かなことは憶えていない。母親と連れ立って新宿駅南口にやってきたのが初対面だったと思う。品があっておとなしくて、静かな立ち姿からお嬢様と呼ぶようになった。

 撮影の日、優子は六本木アートセンター・スタジオに制服姿で現れた。ストロボセットをロバート・メイプルソープ調にセッティングし、フローリングの立ち位置に黒いパーマセルテープでマーキングした。そこへ優子の両足のつま先を誘導した。    

「脱げる?」
「えっと・・・」
「ブラまででいいよ」
「あっ、はい」

 僕は下着姿の優子を抱きしめた。

                     †
                    †††
                     †


□この作品は1996年三月に開催した個展『who’s Love』で発表。7月開催の25th個展でも再展示の予定。
25th個展DM裏-写真面



2013-06-22 : 25th個展へ : コメント : 0 :

25th個展『告白』


25th個展DM裏-写真面


                    ⁂

少年時代のある時期、僕の心は女子への屈折した想いに拘束されていた。その息苦しさに寄り添うように青い快感が芽生え始めていた。それがエロスとの出会いだった。女性を撮って21年、彼女たちの内面を撮ると同時に少年時代に夢想したエロスを告白しつづけている。

                    ⁂


□個展のタイトルを『スカウト』から『告白』へ変更し展示作品も大幅に入れ替えました。
□『告白』
2013.7.23(火)〜7/28(日)
am11:30〜pm18:00(最終日は16:00まで)
注意=同時開催する第3回グループ展『ALL GIRL.3』と開館時間が異なります。
ギャラリー・ルデコ6






2013-06-02 : 25th個展へ : コメント : 0 :

個展日程確定

個展とグループ展の開催日程は以下のとおりです。
今回は同時開催です。ただし、個展とグループ展の開催時間が違う可能性があります。

25th個展DM裏-写真面

第25回魚返一真個展『スカウト』
2013年7月23日(火曜日)〜28日(日曜日)
渋谷ギャラリー・ルデコ 6

        ※


3rdグループ展DM裏写真面


第3回魚返一真写真塾『ALL GIRL 3』
2013年7月23日(火曜日)〜28日(日曜日)
渋谷ギャラリー・ルデコ 3


□写真塾参加者を募集中です。
2013-03-25 : 25th個展へ : コメント : 0 :

『昭和ガール』理乃・・・2011.10.9

Unknown.jpeg


「ほら、君に似ているでしょう」と言って僕のスマートフォンを理乃に渡しモノクロ映像を見せた。それは1969年に紅白歌合戦に出場した小川知子が『初恋のひと』を歌っている映像だった。
「右のカメラにチェンジした時の顔を見てごらん」
「あっ!たしかに私に似ている」
「じゃあ、こっちの写真はどう。今日の君のヘアにそっくりでしょう」
「ほんとだ・・・」
 その写真は小川知子のヒット曲『初恋のひと』のレコードジャケットだった。

「小川知子はむかしとても人気があったよ。僕が高一の時、寮のトイレのドアに小川知子のポスターが貼ってあったんだ。ミニスカでふとももを見せて座っている写真で、当時のアイドルとしてはセクシーな写真だった」
「へ~」
「今日の理乃ちゃんの服に似ているよ」

 今日の理乃は、黒いニットに黒いタイツ、そして胸元に大きなリボンが着いたピンクのタイトミニのワンピースを着ていた。そんな大胆な服を選んだのは、僕が昭和を意識して欲しいと伝えていたからだった。

「小川知子を撮った時、レコード持って行ってサインしてもらえば良かったなあ」
「またまた魚返さん、それ嘘でしょう」

□YouTube→『初恋のひと』
□この作品は後日アップ予定です。
■「さてどれを選ぶ?No.5」今日が締切です。是非投稿してください。
2011-10-10 : 25th個展へ : コメント : 0 :

2012年秋・25th個展へ向けて




個展が終わりました。昨日のことなのに、もう遠い遠いむかしのような気がしています。過去なんでしょうね。僕はこれからどこへ行くのでしょうか。作品はどうなって行くのでしょう。漠然とした不安。生きていることの意味なんて考えたりして。

写真っていいねえ。改めて思った。成し遂げられないからじゃないかなって思う。一生撮っても何も達成できない。そう思ったら、何だか心の中に灯火のようなものが見えて来る。こうなったら、うんと上達して自分を驚かせてやろう。

■僕と一緒に歩いて行ってくれる塾生を探している。くすぶっている人がいい。弾けてない人がいい。僕がそうだから。プロになりたいヤツも来い。どんと来い。だったらキヤノンがやっている臭いワークショプに通う方が早いかな。いや、かえって遠い。能書きが多いよ。あと、若い人が対象みたい。僕のところは年齢不問。つまり、僕の写真塾に来なさいってこと。

■そうそう、僕が二十代の頃お世話になった男が個展に来た。男の名前は西村勝実。式根島で一番カッコ良くて一番すごい男だ。どんなところが?それは内緒だ。僕の作品を見て彼が言った言葉に僕はしばし感動した。それは、「魚返!おまえ、よくこんな中途半端な女を集めたなあ」という言葉である。歯に衣着せぬこの言葉は、僕にとっては褒め言葉だった。願わくば、西村勝実よ、、どうかカッコいい男でい続けてくれ。(式根島を訪ねてくれた理乃ちゃんに心から感謝します)

もう一人、大学時代のウエスタン部の先輩、徳田さんが奥様とご来場。懐かしさを通り越した。ペダルスチール奏者の岡田の連絡先がわからないんだと。

■来年の僕の個展やG展に向けて作品を撮り始める。新しいモデルのみなさん今までのモデルのみなさん、うんと古いモデルのみなさん、どうぞ僕と塾生をよろしく。

僕は今日から新しい旅へ出ます。女子高生が思いっきり弾けた高3の夏を終えた時のような寂しさを振り切って。。

■あっ、いけない忘れていた。片付けの手伝いをしてくださった皆さん。本当に本当に感謝しています。言葉だけですいません。


2011-10-03 : 25th個展へ : コメント : 1 :
ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター