フランスで出版された"MOSO"

moso3-2.jpg
moso2-2.jpg

魚返一真作品集"MOSO"がフランスで出版されました。

"MOSO"
Lieutenant Willsdorff 刊
サイズ/201mm×148mm
144ページ
値段42ユーロ

Lieutenant Willsdorff(ルーテナント・ウィルスドルフ社)代表のダミアンは「魚返一真の写真からは不可思議な忘れがたい詩が聴こえてくる。隣家の娘とでも呼ぶべき女たちが自らを捧げるように被写体となった結果、美しく傷つきやすく目も眩むほど純白な妄想写真を実現している。」と評している。

○新しい情報を追加しました。。
・"MOSO"の詳細、販売ルートやダミアンが出版に寄せた全文は以下をご覧ください。
http://www.bekkoame.ne.jp/%7Ek-ogaeri/MOSO/MOSO.html



2017-01-24 : "MOSO" : コメント : 0 :

個展五日目→最終日

hitomeyamaBW.jpg

 
 個展にはどんな意味があるのでしょうか。僕はわからない。こんなに多く開催しているのに。僕の両親はかなり辺ぴな田舎の出で、親父の方は吉村昭の小説『水の葬列』に書かれた秘境にとても似ている。田舎には伝統というものより絶対的な継続と掟というものがある。農業とは来る日も来る日も来る年もゆく年も同じことの繰り返しを淡々と脈々と神仏にすがりながらさながら掟のごとく守り抜くもの。それがそこに住む人に与えられた唯一の生き方である。
 僕の血には秘境に存在する集落のしきたりと掟が流れている。僕が僕として生きることは何らかの継続にすがらなくてはならない。たまたま写真がそれであり個展が秋の収穫にあたる。僕はこれからも写真を続けるだろう。それが僕の掟である。ただそれだけ。放りだせない絶対的なものであり死ぬまでつづく。楽しいというより、僕には苦しみの方が圧倒的に大きい。

次は2017年3月、神保町画廊にて、、
今日お会いしましょう、そしてしばらくサヨウナラ。。。 


□今日も在廊しています。今日のアルバムは『The Secret Life Of Plants/Stevie Wonder』という気分なのだが・・・(見つからなければ他のアルバムで)
2016-09-25 : "MOSO" : コメント : 0 :

『春の無言』


2016.3.25 model*かなで

                  ﹆

 春にふさわしい穏やかな光の中にかなでを座らせてみた。また今年も春が来たんだ。かなでは春を慈しむように無言だった。その姿を僕にはとても好ましく思えた。ポートレートとは、それぞれの季節のいぶきの中で女性の香を嗅ぐことなのかもしれない。などと詩人にでもなってしまったように僕は空を仰いた。

                  ﹆




□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。

2016-03-31 : "MOSO" : コメント : 0 :

フランスから"MOSO"届く


moso2-2.jpg
moso3-2.jpg



フランスから"MOSO"が届きました。世界観をもった素晴らしい編集。ここまでカバーに凝るとは想像もしていなかった。さらに本編も上質な紙が使われており質感があって手触りも抜群に良い。コストを無視したかのような作りは僕の写真集にはもったいないとさえ思う。最初から最後まで決して手を抜かずやり遂げることのできるダミアンは日本の職人気質を持ったフランス人。そのなによりの証がこの"MOSO"です。これは魚返一真の写真集ですが出来上がった本には確かにダミアンが乗り移っています。ダミアンに作品を見つけられたことを神様に感謝しています。
・ダミアン=Damien(Lieutenant Willsdorff社代表)

      ☆

"MOSO"
Lieutenant Willsdorff 刊
サイズ/201mm×148mm
144ページ
値段42ユーロ

Lieutenant Willsdorff(ルーテナント・ウィルスドルフ社)代表のダミアンは「魚返一真の写真からは不可思議な忘れがたい詩が聴こえてくる。隣家の娘とでも呼ぶべき女たちが自らを捧げるように被写体となった結果、美しく傷つきやすく目も眩むほど純白な妄想写真を実現している。」と評している。
・ダミアンが出版に寄せた全文は以下のとおりです。
http://www.bekkoame.ne.jp/%7Ek-ogaeri/MOSO/MOSO.html


      ☆

□"MOSO"はこちら
http://lieutenantwillsdorff.com/Moso


□"MOSO"を出版するLieutenant Willsdorff 社
HPはこちら→ http://lieutenantwillsdorff.com/



※この本は完全なフランス仕様で日本国内では販売できない内容を含んでおります。
購入をお考えの方はご注意ください。

      ☆


2016-03-22 : "MOSO" : コメント : 2 :

“MOSO”


Moso couverture Ad-2
"MOSO"の表紙

IMG_20160127_095917-2.jpg

"MOSO"は印刷終了し発送準備中。。2016.2.22
出版はLieutenant Willsdorff(ルーテナント・ウィルスドルフ社)です。
※この本は完全なフランス仕様で日本国内では販売できない内容を含んでおります。
購入をお考えの方はご注意ください。



      ☆

"MOSO"
Lieutenant Willsdorff 刊
サイズ/201mm×148mm
144ページ
値段42ユーロ

Lieutenant Willsdorff(ルーテナント・ウィルスドルフ社)代表のダミアンは「魚返一真の写真からは不可思議な忘れがたい詩が聴こえてくる。隣家の娘とでも呼ぶべき女たちが自らを捧げるように被写体となった結果、美しく傷つきやすく目も眩むほど純白な妄想写真を実現している。」と評している。
・ダミアンが出版に寄せた全文は以下のとおりです。
http://www.bekkoame.ne.jp/%7Ek-ogaeri/MOSO/MOSO.html

□"MOSO"を出版するLieutenant Willsdorff 社
HPはこちら→ http://lieutenantwillsdorff.com/

"MOSO"はこちら
http://lieutenantwillsdorff.bigcartel.com/product/moso



※この本は完全なフランス仕様で日本国内では販売できない内容を含んでおります。
購入をお考えの方はご注意ください。

      ☆



□写真に関することをほぼ毎日ツィートしています。⇒⇒twitter


2016-02-22 : "MOSO" : コメント : 2 :
ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター