大分交通/別大線

ネガの整理をしていたら大分交通の市電の写真が出て来た。1972.4.4の日付だ。確かこの日を最後に廃線になったと思う。一緒に撮りに行った兄が、夜のローカルニュースに映ったのを覚えている。カメラを構えて路面電車の名残惜しむ、みたいな感じだった。この日、フイルム数本を撮っている。
僕は何となく市電(路面電車)が好きだった。親戚の伯父さんにつれられて海水浴に行った時も、これに乗った。大分から日出までの案外長い距離を走っていて、海水浴場はその中間にあった。海水浴場の名前、なんだったっけ?僕は山間部の育ちで泳ぎはまるでダメだったのに伯父さんは山の育ちだから海を見せようと気を遣ってくれたんだと思う。
写真の左側にトキワデパートがあった。僕はそこの食堂でざるそばとソフトクリームを食べるのが好きだった。大分へはたまにやって来て、その時はこの二つを必ず食べた。たまにはお子様ランチの時もあったかも。朝早く母親につれられてSLに引かれた列車に二時間も乗ってやって来た。眠かった、寒かった、長かった、疲れた。ソフトクリームは大分まで出てこないと食べられなかったから母親に大分へ行くか?と聞かれると迷わず、うん、と答えた。
「鉄道と彼女、」と関係ないって?それがそうでもないんです。都電、ずっと気になっていて。まだ撮ってない。今度撮ろうかなと・・・。

20070630161840.jpg

20070701062246.jpg

2007-06-30 : 鉄道写真 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

写真集「鉄道と彼女、」・・・4/処女作

鉄道と彼女、の年譜を作ってみた。いったいいつから僕は女の子を電車で撮るようになったのか。最初の作品は、1998.7「地下道」model*hiroeだった。真夏に西新宿の地下道で撮った。夢中だった。彼女を壁側に座らせて撮った。カメラはコンタックス3・50mm(1/60 絞りF2)でフィルムはTri-Xだ。この頃はほとんどの作品をこの組み合わせで撮った。カラーはベルビアを入れたもう一台のコンタックス3だった。しかし、この時はカラーを撮っていない。「地下道」が7月でその4ヶ月後に多くの作品を鉄道で撮りまくっている。理由のひとつは、週刊宝石(光文社/現在廃刊)のグラビアに僕の妄想写真特集を定期的に掲載する話をもらったからで、その時編集者に鉄道で女の子の写真を撮りたいと言ったと記憶する。


*写真集「鉄道と彼女、」にはこの「地下道」を含め旧作の掲載は基本的にありません。ただし、過去作のインデックスにサムネイル的に掲載する可能性はあります。


この週刊宝石1998年10/28号には記事として僕の作品が特集で紹介されていて、インタビューも載っている。この記事での反響が大きくて、その後のグラビアの連続掲載につながった。
20070628073929.jpg

2007-06-28 : 写真集「鉄道と彼女、」について : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

FUJI GS645S professional Wide60/美甘子

FUJI GS645S professional Wide60で撮った処女作です。
*『蒸し暑い日』model*美甘子参照。。。
FUJI GS645S professional Wide60の使い勝手は良いです。ピント合わせは本番ではちょっと手間どりました。でも、ピンボケ写真はありませんでした。まずまず。シャッターと巻き上げなどはちょっとおもちゃっぽくて頼りない。しかしながら、描写はなかなか。22000円なら相当なCPです。次の作品もカラーはこれを使うことにしました。何と言っても軽量コンパクトです。


FUJI GS645S professional Wide60/フジPRO400 1/250 F4
2007-06-26 : カメラ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

写真集「鉄道と彼女、」・・・3フォークダンス

鉄道写真処女作については前回書きましたが、その中で健康な女の子への憧れにも触れました。ところで、僕の子供の頃、女の子がとても少なかったのです。下の写真は運動会でフォークダンスをしている写真です。僕も写っています。3人一組で踊っていますが、なんと男2人に女1人のパッケージです。何故でしょう?先日、ネイキッドロフトでトークライブの開催した時、司会をお願いした上江洲さんが僕の子供の頃は女が多かったといっていました。地方によってそんなに偏りがあるなんて不思議です。話がそれましたが、当時女の子が貴重だったんです。単純に僕にはそう思えました。皆さんの子供の頃の男女比率はどうでしたか。僕は不思議でなりません。

dance.jpg

2007-06-25 : 写真集「鉄道と彼女、」について : コメント : 3 : トラックバック : 0 :

57th妄想写真塾

昨日(6/24)57th写真塾を開催しました。途中から雨となりましたが、幸い小雨。なんとか無事に最後までできほっとしています。雨でむしろ良い作品が撮れたのではないかと想像しています。参加のますださん、nao.さん、モッキーさん、そして雨のなか嫌な顔ひとつしないで最後までがんばってくれたチャミ、ありがとうございました。次回開催は、浴衣シリーズを計画しています。
2007-06-25 : 写真塾 : コメント : 3 : トラックバック : 0 :

写真集・鉄道と彼女、・・・3/デザイン

今回もブックデザインは僕がやっています。僕は本のデザインを誰にも習っていません。最初はLimitを自費出版する時に他人に任せるより自分でやった方が良いと判断しました。良いデザイナーが僕の周囲にいなかったからです。はっきり言うと、タダでやってくれるデザイナーですが。自分でやり始めてからというものソフトウェアもろくに使えず苦しみました。印刷も工場に詰めても何だか社会見学みたいに、へ~こうなっているんだ!と感心するばかり。そしてついにLimitが完成。嬉しかったです。

Limit0.gif

2000.4に出版したLimit

今回の写真集はいつも通りカラー印刷なのですが、白黒の作品が多いです。もちろん、白黒もカラー印刷の方が美しいのでそれはそれで良いのですが、作品をセレクトしているとどんどんカラーが減っているのです。出来上がったデザインを観て、編集者が驚くかも。つまり、コストかかり過ぎかなと。
紙も悩みです。最近は軽くて厚い紙が流行ですが、僕もそれを使いたいと思っていますが、使えるかどうか。何故自由に紙を使えないかと言うと、出版社は数多くの写真集を出版していますが、僕の本のように部数が少ないものは、悪く言えば残った紙を使ってくださいみたいな方向で進みます。まあ、無理を言えば新しい紙でも大丈夫ですが。

話を戻しましょう。カラーと白黒の両方を撮った場合が問題です。いっそのこと白黒だけを撮っていれば良かったと思うのです。どちらかを選ぶと、ほとんど白黒を選んでしまいます。例をあとでアップします。

*続きは書け次第アップします
2007-06-23 : 写真集「鉄道と彼女、」について : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

アンリ・カルティエ=ブレッソン展

アンリ・カルティエ=ブレッソン展を二日続けて観に行った。その理由?昨日行った帰りに買ったブレッソン展の図録を美術館の玄関ホールの椅子に忘れてしまったのだが、運良く気づいてくれた会場の係が保管してくれていたことが判明し、本日取りに行った。そのついでにもう一度観たというわけだ。続けて観たからと言って新たな発見というものはなかった。何度も見慣れてしまっているのかもしれないし、僕の観察眼ではその程度なのかもしれない。その証拠に、何にも撮影の参考にならなかった。おっとっと、ちょっと待てよ。そこがブレッソンの怖いところ。実のところ、さらっと観れたつもりでも僕の意識の奥に映像が住み込んでしまっているのだ。たぶん。だって例えひどくても僕の写真にそれ風の写真、やっぱりあるものね。でもそれはカメラマン誰にでも言えることかもしれないけど。

我が写真塾のライカ戦士どもよ!観に行きなさい。

bresson.chiket.jpg

2007-06-22 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

写真集・鉄道と彼女、・・・2/処女作

僕の鉄道写真趣味の始まりは、昭和40年の春のことだ。僕の家は久大本線・豊後森駅から小さな商店街を歩いて5分のところにあった。ショートカットして商店街の裏の畑を歩けば、もっと近い。で、僕は畑を歩いた。駅は畑より数メートル高くなっていて、草をかきわけその築堤を登ると目の前にホームがあった。そこから恐る恐るSLや貨車を撮った。それからというもの9才の僕は父親のオリンパスペンEEを持ち出して毎日のように駅に行ったのだった。

初恋もこのころだった。僕は時々、3人の女の子と町の衣料品店でかくれんぼをする夢を見ていたのだが、ある夜から登場する女の子が一人になった。僕は軽い結核だったから、体育は見学。その女の子は元気な子で走ることも鉄棒も得意だった。僕は健康な子に対する強いコンプレックスを感じていた。そんなもやもやした感情が鉄道写真に僕を向かわせたきっかけのひとつであった。

◯写真は昭和40年4月頃の久大本線・豊後森駅/オリンパスペンEE、ネオパンSS
*オリンパスペンEEはハーフサイズで倍の枚数撮れる。フィルムが高価だった頃には重宝だった。

20070621084745.jpg

2007-06-21 : 写真集「鉄道と彼女、」について : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

『蒸し暑い日』model*美甘子

昨夜、体調が悪いからと今日の撮影をキャンセルしてきた美甘子から、思いのほか気分が良いから撮影が出来ないかとメールが来たのはもう午後3時を回ったころだった。僕が出した条件は、スカウトした時の青いワンピースを着てノーブラで来ることだった。
「どうでしょう?無理ですか?」
「はい、出来ます」
僕は大急ぎで撮影の準備をして車に乗った。待ち合せ場所で美甘子を拾った時、僕は真っ先に青いワンピースの胸を見て、ブラを着けていないことを確認した。撮影場所は三鷹電車区をまたぐ跨線橋だ。慣れ親しんだ場所だ。跨線橋の上には家族連れとカップルがいた。僕たちは彼らの脇を通り過ぎて、反対側の降り口の方まで行った。
「ここで撮影しましょう」
「私はどうしたら?」
「胸元を見せてください」
「・・・分かりました」
美甘子ははっきりとした口調で言った。明確なところが彼女の個性なんだろう。美甘子なりにがんばって胸元を下げてくれたが、僕からはその奥はあまり見えていない。次に座らせて、スカートを少し上げてもらった。15分ほどで撮影は終わり、車に戻った。合間に撮った携帯画像を見せると、その露出度の低さに美甘子は驚いている様子だった。
「次だけど、どんな撮影にしましょう?」
「・・・」
「水着にしましょう。水着を着て釣りです」
「え??」
「実は以前にも同じシチュエーションの作品を撮りました。美甘子さんでPart2を撮らせてください」
「はい。わかりました」
美甘子のはっきりした口調が蒸し暑さを吹き飛ばした。

PA0_0004.jpg

2007-06-20 : 鉄道と彼女、 : コメント : 3 : トラックバック : 0 :

ますだ氏・フォトコン優勝!

妄想写真塾で参加者が撮った作品がアサヒカメラのフォトコンで優勝しました。

作者は、ますだ氏。モデルは神林あゆみさん。

昨年夏頃から、写真塾参加者へフォトコン応募をすすめてきました。僕は口ばっかりで、特にフォトコン応募用の指導をしたわけでもない。しかし、今回の優勝の噂を聞いてから、この二ヶ月は意識して作品撮りを推奨している。例えば、ゴミを拾うとか。(えっ!それだけかい)次は誰の番でしょう。僕の写真塾は参加回数の多い順に写真の実力も並んでいます。(主催者の勝手な解釈)

ともあれ、ますだ万歳!写真塾は最低10年は続けると豪語していたけれど、本当にそうなるんじゃないかと思えて来た。皆さんもどうぞ参加してください。参加を重ねるごとに上手くなります。ただし、僕の教えをちゃんと守ることが条件。素直な性格が大事です。ますだ氏?もちろん素直な性格でいらっしゃいます。
2007-06-20 : 写真塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

写真集・鉄道と彼女、について・・・1

電車と彼女、の編集をしている。遅々として進まない。どの写真を入れるか、どれを外すかが非常に問題なのである。それによって方向性が大きく変わる可能性もある。とりあえず、本の帯文を考えてみた。

<鉄道と彼女、の帯文>
鉄道のある風景の中で普通の女の子たちを撮影した。
ある時は彼女たちの少女性やゆれる感情を記録し、
ある時は列車の音とともに沸き上がる妄想を記録した。
鉄道はいつだって僕たちの旅をそっと見守っている。
それは少年時代から現在までずっと変わることはない。

と言うわけで非常にセンチだ。僕の少年時代にさかのぼらないと、鉄道と彼女と僕の関係は見えてこない。そうそう、言い忘れていたわけではないけれど、値段は4000円。これは出版社(ぶんか社)が決めた。


20070620100139.jpg


この写真を収録します。これは立川から青梅線に乗ってすぐに撮ったと思う。モデルはミッチ。その時の初々しい緊張感を思い出す。僕の妄想が始まる時の写真。僕はいつも写真塾の参加者に最初の1枚を大事にと言っている。最初には最初にしかない味があるからだ。必ず丁寧に撮ること。丁寧とは気分のことだ。べらべらしゃべってはいけない。そっと撮る。この時、二枚撮っている。

ところで、この写真はエルマー50mm*2.8で撮っている。この後、ズミクロン35mmを買ってそればっかり。写真塾でのことだ。kodaka氏が2台のライカに50mmと35mmを付けて交互に撮っていた。何で?と僕は思ったけれど、その理由が最近分かって来た。実は先日、明日菜さんをこれまた青梅で撮ったのだが、今度は35mmで撮った。比べると世界がまったく違う。アハハ~。とみなさんは笑うでしょう。素人でもあるまいに、何を今更そんな当たり前のことを言っているのか?と。僕も映りそのものの違いは分かっていたつもりだった。しかしね、女の子の世界が違ってしまうことは想像していなかった。で、今度からkodakaで行こうと思う。僕はとにかく楽したいから、カメラは必要以上持たない。でもね、この夏はkodakaで行くよ。欲張って女の子の二つの世界をいただいちゃおうってわけだ。*注~kodakaは体操のコバチみたいな技の命名みたいな・・・、ここで言うkodakaの意味はライカ2台に50mmと35mmを付けて2台首からぶら下げることの意味。
2007-06-20 : 写真集「鉄道と彼女、」について : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ネイキッド・ロフトでミニ個展

8/19(日)~8/25(土)、ネイキッド・ロフトでミニ個展を開催することになりました。作品は「電車と彼女、」収録作品中心に選びます。内容など決まったらこの場で発表します。
2007-06-18 : 個展 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ありがとう

暑い。もう真夏のようだ。僕は「STAION」を撮り始めた去年の六月のことを考えていた。この暑さは去年に比べれば何でもないな、と思った。去年は「STAION」の撮影に夢中で、毎日駅へ行った。そして猛暑にへとへとになったのだった。今年はそれに比べれば爽やかだ。
立川へ行った。北口にあるカメラ店でフィルムとFUJI GS645Sに付けるソフトフードを買おうと思う。地下1階で買い物を済ませ表へ出ようとした時、デジカメのケース売場で彼女を見つけた。清楚な女の子。もちろん可愛い。この子を無人駅に連れて行き初夏の陽射しの中で撮りたいと思った。
「すいません。モデルになっていただけませんか」
「私が・・・」
「つまり、今回の作品は・・・」
「あ、そうですか。でも・・・」
話している時、彼女の表情は柔らかく笑顔が素敵で温和な人柄が出ている。そして僕はこの子を絶対に撮りたいと思い始めていた。
「例えば、青梅線の奥の方へ行って、そこで撮ります」
「はい」
「あなたがそこへ行くことで作品になります」
「???」
笑顔が素敵だなとまた思った。別れ際に何度となく「ありがとう」と言った。ごく自然にそう言えた。

*続きはのちほどアップします


*ケータイ
2007-06-17 : スカウト : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

57th写真塾

57th写真塾を開催します。天候が不安ですが、晴れ女のチャミさんの念力に期待。日程は6/23(土)か6/24(日)のどちらかで調整します。参加希望の方はどちらの日程が希望か書いてください。両方可能の方はそのように書いてメールください。受付開始前にできるだけ調整します。
2007-06-15 : 写真塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

青空と真っ青なワンピース

天気予報は見事にはずれた。真夏を思わせる青い空。
僕は吉祥寺にいた。真っ青なワンピースを着ている彼女に眼が行った。最初僕は何でこんな青い服着ているんだ??と疑問に思った。ちょっと無謀ではないかとさえ。しかし、彼女が駅舎を出て駅前の横断歩道にさしかかり強い陽射しを浴びた時、今日の空と彼女のワンピースが互いに真っ青だったことが鮮烈で奇跡的にさえ思えた。
彼女は小柄で肌は小麦色で南の島の女の子かな、と僕に思わせた。ヘアスタイルもかなり以前に流行ったような、顔立ちも平凡でそれがノスタルジーをそそる。あくまで僕の印象だけど。
そんな一見平凡な彼女が、吉祥寺の街において唯一の存在となって輝いて見えた。
例えば、明日が今日以上に空が青かったとしよう。そして、スレンダーな女が真っ青なワンピースを着てさっそうと吉祥寺を歩いていたとしても、人々を裏切っていきなり晴れた今日、着れそうで着れない真っ青なワンピースを着た彼女にはかなわない。僕はそう思った。
「青いワンピース、何故?」
「・・・・・」
「南の島の人?」
「いいえ」
「青いワンピースの水着を着てみない?」
「・・・・・」
「着るべきだよ」



2007-06-15 : スカウト : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

FUJI GS645S professional Wide60

今日、カメラを買いました。FUJI GS645S professional Wide60このカメラについてご存知の方、何でも良いです教えてください。これを買うことになったのは、先日の写真塾でウッチーがマミヤの6×6レンジファインダー機を持っているのを見たからです。67を欲しいと思ったけど、デカすぎて僕には無理でした。マキナはあるのですが僕には重いんです。

追加1)まず、縦位置が標準なのがポートレート派には良いですね。レンジファインダー中判645は大抵そうですが。60mmレンズは35mmカメラに換算すると36mmでちょうど良いです。ライブでも言いましたが、これはネガカラー用と考えています。最近コンタックスT3をネガカラー用に使っていたのですが、ちょっと物足りない感じがあって。

追加2)昨日6/16(土)立川のビッグカメラでソフトフードを買った。388円(安い!)さっそく装着すると、案の定レンズの周りのフレームにつかえて完全に折り畳めない。まあ仕方ない。

fuji645.jpg

2007-06-14 : カメラ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

耶馬渓線

さてライブも終わり写真集モードです。むかし撮った鉄道写真の中から今でも僕の頭の中にその映像が残っていて、少なからず妄想写真の手助けをしている作品を収録します。この写真は昭和四十五年に耶馬渓で撮ったものです。ネガを見ると11月10日となっているのですが、紅葉が全盛を終っていて11月末のような感じもします。その年は早かったということ?でも、むかしは今より寒かったから、紅葉も早かったかもしれません。写真の撮影場所が特定できません。耶馬渓線について何でも良いです教えてください。
yabakei-2.jpg

yabakei-0.jpg


ブロニカS/ゼンザノン100mm/ネガカラー
2007-06-14 : 鉄道写真 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

10thライブ終了

予想以上の大盛況に感謝いたします。
いつものようにとりとめもない卑猥なトークを辛抱強くお聞きくださり感謝しています。僕は毎回思いっきり楽しんでいますが、皆さんもいつになく楽しんでいたように思いました。ゲストの木咲ありかさん、チャミさん、結城明日菜さん、飛び入りのえりちんさん、ありがとうございました。司会の上江洲さんも。

僕の独断と毒舌、ブラックユーモアで進行するライブに失礼もあるかと思いますが、このままのライブをずっと続けて行くつもりです。そんな自由こそがネイキッドロフトのような小さな箱で開催する良さでもあります。気に入ってくれた人はこれからも参加してください。期待は裏切りません。

◎写真コンテストin 10th Liveの優勝者は門出さんでした。(モデル~チャミ)

*持参した写真はすべて完売致しました。感謝!

<新写真集見本の感想>
・これで出版するんですか?ちょっとすきではないです
・このカットが好き(ミッチの横位置)
・ミッチがかわいくて最高!!
・モデルがだめだ。
・撮りたい!!(鉄棒のカット)
・良いモデルだ。(神林あゆみ)
・化け物ハッケン伝
・モデルは良い。
・竹久夢二みたい
・砂海ちゃんのブランコに乗っている写真とっても好きでした。また登場して欲しい。
・エスカレーターって妄想をかきたてられる場所ですね
・魚返一真ここに有り!!という感じですね。これからもいい写真撮りましょう。
・妄想力不足だと思う。
・あれはいつ、どこだったろうか?とあるはずのない記憶をたどろうとしてしまう
・っていうか、私が載ってないよ??
・夢は四割かなえば「良し」としましょう・・・魚返さん8割くらいかなっているんじゃないですか!?

◎お褒め甘口のご意見の方には素直に感謝します。応援ありがとうございます。是非ご購入のほどよろしくお願いいたします。辛口のご意見は、嫉妬と考えるのが僕のスタイル。「悔しいか、ざまあみろ!」と心の中で静かに念じております。次回も是非ご来場いただき売上げにご協力ください。

*本当にありがとうございました。次回開催は10月頃(?)よろしくお願いします。
20070614080445.jpg

*nao.氏撮影
2007-06-13 : トークライブ : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

本日は10thトークライブです

常連さんから相次ぐ欠席の知らせが届いております。残念です。今日は来場者よりモデル数が上回る??でも、木咲ありかさんの出演が決定しました。いずれにしても準備は万全です。今夜も思い切りはじけます。会場でお待ちしております。
asunacard1.jpg

2007-06-12 : 鉄道と彼女、 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

10thトークライブ情報~スケジュール

いよいよ明日6/12(火)はトークライブです。今回も新作ビデオを中心にいろいろなイベントがあり盛りだくさんです。過去にもないほどの内容充実間違いなしですから、きっと満足してもらえるはずです。ゲストも多数。

ゲ)チャミ(新作映像)、神林あゆみ(新作映像)、結城明日菜(新作映像)、木咲ありか(トークなど)、**ご来場)エイコさん、かすみさん、他

◯会場で写真コンテストを開催。どなたでもどんな写真でも良いです。持って来てください。全員で投票して優勝者には賞金が出ます。

注)会場はネイキッドロフトです。ロフトプラスワンではありませんのでご注意ください。

<スケジュール>当日大幅な変更の可能性あり
18:30開場
19:00開演
19:05コンテスト作品エントリー
19:10*神林あゆみ/ビデオ
19:40*結城明日菜
休憩
20:10*木咲ありか
20:30*チャミ
21:10*新写真集「鉄道と彼女、」紹介
21:40終了~交流会

◎明日菜さんの記念カード販売します。明日菜さんの応援よろしくお願いします。
作品も一部、記念に販売予定。ただし、プリンター出力版です。あくまでも記念としてなので、少数に限らせて頂きます。
2007-06-10 : トークライブ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

56th写真塾終了

56th写真塾は無事終了しました。
前日から天候にやきもきさせられました。当日の朝になっても降るのか降らないのか判断できない。最終的に開催を決めたのは、ますださんの意見と、チャミの晴れ女説。それが的中して、途中10分程度の小雨が降っただけで薄日も射す絶好の撮影日和。良い作品が撮れたのではと、ホッとしています。参加者の、ますださん、SGさん、nao.さん、そしてモデルのチャミさん、お疲れさまでした。神林あゆみさんの作品でフォトコン1等(アサカメ)が出たので、今度はチャミさんで、という親(師匠)心で連続ロケ開催をしました。今度は、ライブ後に嗜好を変えて開催を発表します。写真塾で撮った作品でフォトコンに挑戦してください。

2007-06-10 : 写真塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

10thトークライブ*結城明日菜

6/12(火)にネイキッドロフトで開催する10th魚返一真トークライブに結城明日菜ちゃんがゲスト出演してくれることになりました。
2007-06-06 : トークライブ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

電車と彼女、*結城明日菜

 今日、僕は奥多摩へ行く。青梅線沿線のあのうっそうとした山の木々は故郷の森の艶かしい香や初恋の思い出を蘇らせてくれる。少年時代、僕は鉄道ファンだった。経緯は省くが、ほとんど必然的にそうなった。そして時が経ち、鉄道と初恋は同じ思い出の中に同居するようになった。僕は今日も鉄道を撮る。そして、明日菜を見つけた日から5日目の今日、僕は少年時代の思い出の香の中に明日菜を連れて行くのだ。
 電車の窓から白いブラウスとグレーのジャンバースカートを着てバイオリンケースを持った明日菜を見つけた時、あまりにも可愛く可憐で、僕は少年のようにときめいた。
「ありがとう」
 待ち合せした駅で会った時、僕はしばらくそれ以上言葉がなかった。

 僕たちは青梅で奥多摩行きに乗換え、白丸駅で降りた。終点奥多摩まではあと一駅だ。ホームの下り側はトンネル、上り側は踏切になっている。なんだか僕たちだけ取り残されたみたいだった。ホームの上り側の端に明日菜を立たせた。
「バイオリン、演奏して?弾くふりをするだけでいいよ。エアバイオリン」
「あっ、はい」
 明日菜はバイオリンのケースを置いてエアバイオリンを構えた。トンネルをバックに演奏する明日菜の可憐な姿はむかし見た(みたことがあるはずないのだけれど)のアニメのシーンのようにも見えた。
 今度はホームの上り側の踏切の方に降りた。そして、五段ほどの石段に明日菜を座らせた。
「明日菜ちゃん、あのォ、ちょっとスカート上げてみてくれない」
「……」
 その後も僕は駅周辺、と言ってもほとんど駅から10メートル以内で明日菜のエアバイオリンのポーズを交えながら撮影をした。そして、僕たちはほどなくやって来た上り電車に乗って白丸駅を後にした。
「ありがとう。何だかジ~ンとして、素敵な時間だったよ」
「そうですか。良い写真が撮れていると良いですが」
「大丈夫。早く君と別れて、さっきまでのことを思い出にしなきゃ」
「……」
 白丸駅でカメラを構えている時、僕はほとんど少年時代の自分のような気分だった。今、明日菜と一緒に電車の座席に座っていても、これは思い出の一部なのかな?と錯覚した。実際のところ、僕はそうであって欲しいと思っていたのだった。


*この撮影シーン映像は10thトークライブで上映します
2007-06-06 : 鉄道と彼女、 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

10thトークライブ

いよいよ来週はトークライブです。ゲストは、木咲ありかさん、チャミさん、神林あゆみさん、他の方も交渉中です。今回初めて試みる、持ち込み作品コンテストですが、どんな写真でも良いです。ご来場の方は作品の善し悪しなどは無関係にとにかく持って来てください。よろしくお願いします。ライブ中に僕が無作為に指名させて頂きますので、作品をみせてください。もちろん、モデルの方も是非写真をお持ちください。最後に投票して優勝者を決定します。郵送も受付けています。あのますださんは郵送組です。
*ありかさんは100%出席ではないとのこと。お仕事でないことを祈ります。
*エイコさんが来場
*かすみさんが来場


chami.jpg

ayumi.jpg

kasumi.jpg

eiko2.jpg

2007-06-05 : トークライブ : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

55th写真塾

晴天の多摩川にて55th写真塾を開催しました。参加者は、ウッチーさん、オオクボさん、110さんの3名。モデルはチャミさんでした。先週よりは風もあり涼しかったものの、やはり暑かったです。しかしながら、先週導入した3人制のおかげでゆったりと撮影できて、成果があったのではと想像しています。みなさん、お疲れさまでした。今後ともどうぞよろしく。ところで、来週も撮影会を開催しようかな、と考えています。と言いますのは、もうすぐ梅雨だからです。

56th写真塾開催についてはこちら。。




2007-06-02 : 写真塾 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

トークライブ

昨日、仕事でロフトプラスワンに行った。何も変わっていなかった。ステージのバックのイラストもリリー・フランキーさんが描いた東京タワーなどののままだった。仕事関係の人に、

「ここでライブ五回やったんですよ」と言うと、
「どなたのライブに出演したのですか?」
「僕のライブやったんです。一人で」
「へ~、それはすごい」

 6/12(火)にネイキッド・ロフトで開催する10回目のライブのことを思い出した。もうライブが近いなと思うと、何だか少し焦った。昔のライブの写真を見ると、僕が最初にやった時は、リリーさんのイラストではなかったことが判明。随分長くやっているんだな、と思った。

*写真は下がリリーさんのイラストになったロフトプラスワン。上は以前のもの
2007-06-02 : トークライブ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

メイド服っぽい

この子を見た瞬間、僕は『鉄道と彼女,』に収録する作品のモデルになって欲しいと思った。この写真ではわからないけど、彼女の足はとっても細くてアニメの主人公みたいだ。服は僕にはほとんどメイド服に見えたけど、ちょっと違う感じもした。つまり、コスプレの臭いはほとんどなくて、彼女はこのスタイルを普段から慣れ親しんでいると思えた。
「いつもそんな格好なのでしょうか?」
「はい。いつもそうです」
この女の子について、もっと知りたいと思う。
皆さん、彼女に応援メッセージをください。彼女がモデルになってくれるように。
是非、全身の写真をご覧入れたいです。本当にカワイイんです。


2007-06-02 : スカウト : コメント : 3 : トラックバック : 0 :

書店の棚

書店の棚に『鉄道と彼女、』の表紙を置いてみました。このダミー表紙サイズは228mm×266mmですが、その後編集者との打ち合せで、210×250前後になりました。

KC280001.jpg

2007-06-02 : 鉄道と彼女、 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ブログを始めました

新しい写真集『電車と彼女、』を作ることになって、ついでにブログも始めることにしました。写真集への期待(収録して欲しいモデルや鉄道、駅など)や応援メッセージをお待ちしています。この写真は試行錯誤中の『電車と彼女、』の表紙部分です。ミッチの青梅線・軍畑駅周辺の踏切での写真です。この写真は、kodakaさんが僕のトークライブ(8th?)で気に入ってくれて、オリジナルを買ってくれたと記憶しています。まだ表紙に何を使うか決定ではありませんが、現在のところこんな感じになっています。
*BBSは今まで通り作品の発表やモデルさんとのコンタクトに使ってください。僕も参加します。
hyoshi.jpg


2007-06-02 : 鉄道と彼女、 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター