鉄道と彼女2-10*ゆめ・・・4/29

鉄道と彼女2-10*ゆめ
2008.4.29

ある時、少年の僕は風邪をひいた。学校を休み窓を開け放した部屋に横になり、窓越しに空を見ながら昼寝をした。目覚めた時、微熱と爽やかな初夏を思わせる風との絶妙なやり取りが気持ち良かった。やがて僕の微熱は夏になっても秋になっても、ずっとずっとつづくことになった。

夢を見た。とっても甘酸っぱい夢だ。川で石を拾ったり魚捕りをしたり友達と三角ベースをしたりしている。そのうちに神社の鳥居の下に同じクラスの女の子が登場する。そこから場面は鉄道へ移る。最後は鉄道で締めるのが僕の夢だ。

僕はむかし見た夢をイメージする努力をもう二週間もしている。数日前に撮影場所を僕の大好きな踏切に決めた。そして、実際に行ってみた。しかし、イメージが湧いて来ない。ただ、モデルが大事だなと強く思った。贅沢を言えば、僕の夢の中に出て来るような女の子がいいだろう。出来上がった写真をわかってもらえなくても全然いい。だって、僕でさえおぼろげな夢の中のことだから。。

僕はその踏切に「ゆめ」という名の女の子の手を引いて行った。実際にゆめの手を引いたわけではないが、そんな気分だった。なぜなら、僕は小学生の遠足の気分だったからだ。小学校に入って初めての遠足の時、先生が「隣の子と手をつないで・・」と言った。僕の隣は女の子だった。(これも夢かもしれない)モデルのゆめは無垢な女の子だ。世間の俗っぽい視線から何とか逃れて育ち、男と女の時空間の狭間に生きた結果、偶然に備わったか保存されたか、そんな希少な無垢さをもっている。

僕は大好きな踏切にゴザを敷き、ゆめと一緒に座って、電車が通過するのを見送った。僕は手に持った長いケーブルでつながったエアー式のレリーズを押したのだった。「ゆめちゃん、今ね、僕はむかし見た夢を撮ったんだよ」「それは良かったわ」「うん、僕は写真家として夢を一つ叶えたんだよ」「・・・」

僕はもしかしたらこの写真を撮るために写真家になったのかもしれない。。カッコイイ写真なんて誰でも簡単に撮れるけど、こういう写真はめったなことでは撮れない。そういう人と出会えるかが問題だからだ。

08.04.29石神前016 のコピーブログ
2008-04-30 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女と僕・・・4/16

鉄道と彼女と僕・・・4/16、、秩父鉄道編。。
僕はある駅にいた。電車を一本やり過ごした。
帽子をかぶると、何だか気持ちが引き締まった。

□今日の塾にちちぶのテシマさん久々の参加。グッズをお借りする。
□今朝、昨日の塾でSG君と話題にしていたしずくちゃんからメール。何と言う偶然。。嬉しい。
□妄想写真塾、参加者および新塾生募集中。。今日の塾はモデル~よしみちゃん。また報告する
□僕はこれから撮るある傑作のことを考えている。それが幸せでもあり苦しみでもある。あの人、本当にすばらしい。

2008-04-27 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

スカウト・・4/25

もう家へ帰ろうと思っていたところだった。キュートな子。何となく気になった。何と彼女と僕は一緒のバスに乗ることになった。僕はお家へ買えり、彼女は大学へ。。不思議な縁です。

□アサカさん、作品に参加してくれます

ケータイ
PA0_0001.jpg
2008-04-25 : スカウト : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

スカウト・・4/25

今朝方公園でロケハン。清々しい。街に戻って来てもその爽やかさは僕の中に残っていた。その感覚で女の子を見ていると、自然と爽やかな女の子を探してしまう。なかなかいない。僕の前を通りすぎた無色の女の子。。爽やかで透明感もあった。僕は彼女にモデルをお願いし、彼女もとても誠実に僕の話を聞いてくれた。

□エミさん、近々妄想写真塾に登場か。。

ケータイ
PA0_0004.jpg
2008-04-25 : スカウト : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女2-8*ナナエ・・・写真

2008.4.17。。鉄道と彼女2-8*ナナエの写真を1枚公開します。
愛機のM4-Pとズミクロン35の修理の間、久しぶりにコンタックスT3を使っています。物足りないけど、良く写るカメラです。

□ナナエちゃん、5/11(日)妄想写真塾に初登場。参加受付中。。

コンタックスT3
04.17ナナエ036 ブログ

2008-04-25 : 鉄道と彼女2 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

アサヒカメラ5月号

アサカメ5月号に写真集「鉄道と彼女」の紹介記事が掲載されています。
何とも絶妙な文章で恐れ入りました。決してけなされてるとはおもいません。むしろ褒められていると。。。
□1965年から撮影された鉄道写真と、2000年代に撮られた素人女性のポートレートを組み合わせて男の助平な心情をユーモアたっぷりに展開した「妄想の旅」写真集。その徹底したばかばかしさが面白い。現代に撮られた写真を、60、70年代に撮られた写真の古風なタッチに近づける作業もしている。不真面目なようでいて人間の欲望に正直な写真集だ。・・・・アサカメより。。
さて、皆さんはどう思います??

アサカメ表紙026 のコピー
2008-04-22 : 写真集「鉄道と彼女、」について : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女2-7・・・4/12の写真

鉄道と彼女2-7の写真ができました。
彼女の聡明そうな感じが良いですね。笑顔も。。

□カノさん、82写真塾5/17(土)に登場。。参加受付中です。

08.04.12カノ020 ブログ
2008-04-22 : 鉄道と彼女2 : コメント : 3 : トラックバック : 0 :

75th妄想写真塾・・・YUKA*4/20

本日の妄想写真塾は久しぶりにYUKAさん登場。天気予報より天気の回復が遅れ、終始肌寒い展開でした。それでも奥ゆかしいYUKAさんはひたすらモデルをつとめてくれました。それに以前より落ちついて美しくなったような。次は八王子での写真塾のモデルをお願いすることになりました。また、新人のYさん、遠くからお越し下さってありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

□ただいま新塾生を募集中です。ご興味のある方はまずメールください。ご説明します。

ケータイ
KC280003 のコピー
2008-04-20 : 写真塾 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女2-8*ナナエ

鉄道と彼女2-8*ナナエ
2008.4.17

ナナエと話をする。僕は何故か正しい日本語を使おうと思う。つまり、造語などは使わないし内容だっていつもの僕とちがって真面目になっている。理由はナナエが韓国から来た留学生だからで日本人の女の子といるときとはちょっと違う。日本語はかなり上手いがたどたどしさが少し残っていてそこがかわいい。僕は何となくお堅い人になってしまっていた。最初にナナエを見た時、日本人だと思った。ナナエも「わたし、韓国でも日本人みたいだって言われました」と言った。

ナナエにこれから撮る写真の説明をした。僕はちょっと恥ずかしかった。国際人として恥ずかしいと思ったからだが、自分が国際人ではないので、すぐに立ち直った。「あの、、スカートを・・・」

「君は30年前の日本ではモテたよ。もちろん今でもそうだけど、30年前はもっとモテたよ」「何故ですか」「君のようなヘアスタイルの女優がいて、一般にも多くいたんだよ」
「何と言う女優ですか」「五十嵐じゅん子とか・・・」

□つづく。作品はできたらアップします。とりあえずケータイの画像を。。
□5/11(日)写真塾に登場

ケータイ
PAP_0002 のコピー
2008-04-18 : 鉄道と彼女2 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女と僕・・・4/16

テシマさんからプレゼントされた往復切符を持って西武線に乗った。ひたすら北へ。行き先は、ずっと行きそびれていた近くて遠い鉄道だ。飯能で電車を乗り継ぐとそこからは単線になり、車窓は新緑の谷となった。水がきれいで、山間に転々とある家々のまわりに花が咲き乱れている。菜の花やらシバザクラやら、少し盛りを過ぎた桜やら。。僕は故郷を思い出していた。

終点秩父に着いて改札を出て僕は唖然とした。僕が今立っている秩父駅に目的の鉄道のその駅はない。あれ?おかしいな。僕は出かける前にプリントアウトして持って来た秩父駅の時刻表をカバンから出した。ちゃんと秩父駅と書いてある。つまり、僕が立っている秩父駅は西武秩父線の秩父駅で、僕が持っている時刻表は秩父鉄道の秩父駅なのだった。僕は当然この二つの駅は同じ場所にあり乗換え接続していると考えていた。

西武秩父駅と接続している秩父鉄道の駅は御花畑駅なのだった。それも秩父仲店通りなるアーケードを抜けて細い道をくねくね歩いて数分はかかる。やっとその駅に着いて真っ先に眼に入ったのは、立ち食いうどん屋だった。レトロで別世界を思わせる駅に風情のせいもあって、僕はこのうどん屋をとても気に入ったのだった。

御花畑の駅員さんに優しくうながされ待合室で待つ。僕はあらかじめ武州中川駅へ行こうと決めていた。理由は、近くにソバ屋があるからだ。しばらく待ったあと、やっと到着した昔の総武線カラーの電車に乗った。武州中川駅は島式で、木製の大きめのベンチが四つあって居心地が良かった。駅を出てソバ屋の近くの踏切でセルフポートレイトを撮った。また車掌になったのだが、今回は帽子もある。ハイキング客に変に思われているだろう。撮影のあとJAが経営しているソバ屋へ。うまい。

武州中川のホームへ戻り、ベンチでまた僕は車掌の帽子をかぶってセルフポートレイトを撮る。ふと視線を感じる。気づいたら駅員さんがホームにいた。お互いに鉄道員っぽい格好をしている。と言うか、僕は鉄道員ぽくて、向こうは本物の鉄道員だった。僕はあわてて帽子を隠した。

つづく・・・

PAP_0000 のコピー

2008-04-17 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 6 : トラックバック : 1 :

スカウト・・・4/11(金)・・ナナエ

彼女の優しげでホッとさせてくれるところが良かった。
そういう、ほのぼのとした写真が撮れそう。
芝生に寝転んだり、公園のブランコに乗ったり、
そんな普通のシチュエーションが似合う子だ。
写真塾に登場か・・・
2008.4.11午後。ナナエ。

□ナナエさんお写真塾が決定しました。5/11(日)予約受付中。
ケータイ
KC280002 のコピー
2008-04-14 : スカウト : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女2-7・・・4/12

鉄道と彼女2-7
2008.4.12

カノは透明感のある女の子だ。そしてそつのない会話ができたり、シャープなところもある。僕はレスポンスの良いカノといるのが楽だった。でもカノの白い肌は僕のこころを少し乱していた。例えば休講になった大学のキャンパスで気心の知れた女友達のあまりに白い肌に戸惑う青年の気持ちだ。僕はカノといるのが少し息苦しく感じるようになった。もちろん白い肌のせいだ。僕はカノと電車に乗って向かい合って座席に座った。そしていつもの写真を撮った。
「今度、小学生になってくれない?」
「ええ?」
「中学一年ぐらいでもいいよ」
「実は小学生のいとこの服着て写真撮ったことがあります」
「それは好都合だね」
「これです・・・」
カノは僕に携帯のディスプレイを見せた。

□作品は後日公開します。
□カノさん、5月の塾の登場か??

ケータイ
KC280007 のコピー
2008-04-12 : 鉄道と彼女2 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女2-2]

随分時間が経ってしまいましたが,
2008.2.6「雪」ゆき、、の写真をアップします。
この日、本当に寒かった・・・
買ったばかりのマミヤ7。。

□ゆきちゃんは5/10の塾に登場します。

由希208.2.6012 のコピー
2008-04-10 : 鉄道と彼女、 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女2-5*ひなき・・・作品

去る4/1に撮影した、ひなきチャンの写真アップします。
キュートです。。画面を明るく健康的にしてしまう、
ひなきちゃんのこの雰囲気は天性のものです。

□ひなきちゃんを撮りたい人・・・5/3、5/4塾に初登場

2008-04-10 : 鉄道と彼女2 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女・・番外編

先日の塾の時にお話しをした、ほこりまみれのレンズで撮った写真です。
なかなか良い雰囲気です。
ところで、ほこりまみれになってしまったのは、僕の大切なズミクロンです。
腐っても鯛とは、これのことか。。。
これは、4/2の作品。待ち合せ現場に現れたよしみチャンは、このファッションでした。

□よしみちゃんは、4/26、4/27の塾にモデルをやってくれます。

08.4.2小湊35-1073 のコピー
2008-04-10 : 鉄道と彼女、 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女とボク・・・4/2

鉄道と彼女とボク
2008.4.2

よしみと一緒に撮ろうと考えていたわけではなかった。確かにアイデアのひとつとして数日前からあったのだが、僕は彼女の写真とは別にセルフポートレイトを撮ろうと思っていたのだ。しかし、目的の駅での撮影が困難となったとき、彼女といっしょの作品を撮ろうと決めた。

僕たちがいた数十分の間、この駅は時間が止まっているかのようだった。

□この日撮ったどのカットを見てもとても味があるけれど今回は二枚だけアップすることにしました。

08.4.2小湊67-3012 のコピー

2008-04-06 : 鉄道と彼女と僕 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :

74th写真塾・・・4/5

本日74th写真塾を開催しました。
またまた天気に恵まれました。怖いぐらいです。
モデルは初登場のゆきさんです。
参加者もとても気に入ってくれたようで、
僕も嬉しかったです。

□ゆきちゃんの次回出演は、5/10(土)の予定です。
2008-04-05 : 写真塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女2-6

鉄道と彼女2-6
2008.4.2

先週、僕はある駅を目指した。この時期、その駅は菜の花と桜が咲き乱れている。その光景はまるで楽園のようなのだ。しかし、僕は途中で車を引き返した。理由は平日にもかかわらずまさかの渋滞。行楽シーズンを忘れていたのが敗因だ。そして今日、再度その駅を目指した。今度は途中でよしみと合流してふたりで行く。

よしみを拾ってその駅を目指す。道中嫌な予感。沿線のところどころにアマチュアカメラマンが目立つ。みんな菜の花とディーゼルカーの競演を撮ろうとやってきたのだろう。
「わ~、菜の花がキレイ」
よしみと僕はそろって感動を口にした。その駅へ行く前に関東の駅百選にも入っている有名な駅へ立ち寄った。よしみにレトロな駅舎を見せてあげるためだった。そしていよいよその駅へ近づいた。何だか異様な雰囲気が漂う。道路の両脇に車が停まっている。菜の花と桜に囲まれた駅のまわりに少なくても五十人はいただろうか、アマチュアカメラマンたちが三脚を立てて列車の来るのを待っている。僕はここでの撮影をあきらめた。
「よしみちゃん。あきらめよう」

僕は何度も通ったあの駅のことを思い出した。そしてそこへ向かった。駅の周りにも少しだけ菜の花があった。しかし、房総の春を彷彿させるような一面の黄色ではない。それでも、僕は菜の花とよしみを独占できる場所が見つかって嬉しかった。

08.4.2小湊67-1*040 のコピー
2008-04-05 : 鉄道と彼女、 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

鉄道と彼女2-5*ひなき

鉄道と彼女2-5
2008.4.1「満開の日」ひなき

いきなり僕の眼に笑顔が飛び込んで来た。改札から現れたのはひなきだった。僕とひなきはすぐに電車に乗り座席に座って撮影の打ち合せをした。ひなきは以前会ったときより人なつこく感じた。どうしてだろう?軽いメークのせい?

座席で定番の写真を撮ってから、電車を降りて多摩川へ。土手に立たせて桜をバックに撮った。僕は風を待った。やがて強い風が吹いてひなきのスカートをひるがえすに違いない、と考えていた。結局、ひなきは何をやってもさわやかだった。

撮影しているときもただ歩いているときも、ずっとひなきは笑顔だった。シャッターを押すとき「笑わないで・・・」と言ってしまうほどだ。結局のところ最後はひなきの笑顔の虜になってしまっていた。桜が満開だったけどそれよりひなきの笑顔の方が僕のこころに残っている。

□写真塾の登場します。お楽しみに・・・
□作品は後日アップ

ケータイ
KC280009 のコピー
2008-04-03 : 鉄道と彼女2 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター