『冬のドラフト』model*たま子・・ノーファインダーのすすめ


『冬のドラフト』2011.11.23*69th写真塾にて

 僕はセンチメンタルだった。冬が近づいているからだ。公園を歩いているとSLが勾配を登るドラフトの音がかすかに聞こえるような気がした。たま子の昭和を引きずった服装や髪型が僕の心を遠い昔に誘って、大好きだったSLのドラフト音を僕にしか聞こえない周波数で鳴らして慰めてくれた。

「たま子ちゃん、こっちを見てよ」
「あ、はい」
「違うよ、僕の方ではなく、僕の頭上のカメラを見るんだよ」
「・・・」
「何か聴こえてこない?」
「・・・」
「ほら、バッハのフレンチスーツの二番が始まったところだよ」
「・・・」





**********************************************************

<ノーファインダーのすすめ>

 この写真は、カメラを持った手を延ばし頭上の位置に構えノーファインダーで撮ったものだ。塾ではたびたび説明しているが、ノーファインダーの利点など僕の考えを書いてみたい。

 僕がポートレートを始めた頃、低い脚立を持ち歩いていた。40センチ視線が高くなるだけでまったく別の写真になるからだ。特に街中でのポートレートではごちゃごちゃした看板や電柱などの障害物を避けて地面だけを背景にできる有利さが生まれる。また、女の子はちょっと上から撮るとキュートに写る。しかし、脚立を持ち歩くのが面倒になったころから僕はたびたびノーファインダーで撮るようになり、次第に狙いが変わってきたのだ。
 現在はノーファインダーをもっぱら構図やアングルに不確定要素を持ち込むために使っている。つまり、あえてファインダーを覗かないことで、その場で考えたイメージを裏切って、想定外の写真が撮れるのだ。運を見方に着ける、ということだ。

 この場合のノーファインダーは相手に気づかれずに撮るキャンデッドフォト(隠し撮り)とは発想が違っている。ご覧の作品『冬のドラフト』は四枚撮った中の一枚。もしもファインダーを覗いていたら絶対に撮れないと思う。例えば、水平線の傾斜、上部の広い空間、たま子を下部に置いたことなどが相まって意表をつかれてしまった。

2011-11-29 : 写真塾 : コメント : 0 :

『ジェマとの写真談義』・・・2011.11.27

 69th写真塾の終了後、いつものように食事へ。毎回そば屋で食べていたけど、最近は女の子にそば屋かロイホのどちらかを選んで頂くもらうようにしている。今回モデルをやってくれたジェマちゃんが選んだのはロイホだった。お疲れさまと始まった食事中、ひたすら僕に質問攻めしたのは、塾生ではなくジェマちゃんだった。

・カッコいい写真の危険
・自分のスタイルの作り方
・感性を磨くカメラとは
・人生は何事にも不足が大事

 以上がジェマちゃんに言ったこと。細かい解説を知りたい方はコメントください。

2011-11-28 : 写真塾 : コメント : 1 :

昭和ガール『昭和の恋・その2』model*ようこ


 ようこと再会したのは、以前撮影したときと同じ武蔵野の雑木林だ。今日のようこの服装はタートルの白いニットと黒いタイトスカートで、それは中学の教師のような服を着て欲しいと言った僕の望みどおりだった。薄手のニットの下に黒い刺繍入りのブラジャーが透けて見えていた。
 実は、昨日観た映画のせいで僕の心の中のエロスは少しささくれていた。そのせいか、僕のようこへの要求はいつもより少しきつかったかもしれない。

「ニットを上げてください」
「あ、はい」とようこは素直な声で答えると、ニットをたくし上げブラを見せた。
「今日はあなたの乳房を撮ります」
「・・・」
「ブラジャーを下げてください」
「あ、ええ、」ようこは黙って少女のようにうぶな乳首を見せた。

□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。ただし、ネットで大丈夫なカットになりますが・・・
2011-11-25 : 昭和ガール : コメント : 0 :

昭和ガール『君を襲う自転車』



2011.11.12*model*たま子(67th写真塾)
2011-11-25 : 昭和ガール : コメント : 0 :

昭和ガール『君はミステリアス』model*ジェマ・・・2011.11.15


2011.11.15*model*ジェマ



 僕とジェマは不思議な世界に迷い込んで抜け出せないでいる。もうその世界から戻れないのなら、いっそのこともう少しジェマのことを知りたいと思った。それは、おおむね僕がこれまで撮って来た手法の逆。僕は写真を撮るとき、モデルのことをあまり深く知らない方が良いと考えている。カメラを向ければおのずと彼女の内面が映るからだ。でも、僕はジェマのことをもっと知りたいと思う。

「ジェマにお願いがあるんだ」
「先生のおっしゃることなら、」
「ジェマのお母さんの服を着て欲しい」
「どうしてですか?」
「僕はジェマに興味がある。だからルーツを知りたいんだ。僕はジェマのお母さんが少女時代に着ていた服を君が身につけているところを想像した。そしたら、レトロな昭和ガールになったジェマが観えた」
「あ~、なるほど、やってみます」
「どんな服を選べば良いでしょうか。実は母はとても衣装持ちです」
「お母さんが少女時代に着たキュートな服。例えばミニスカだったら嬉しい」
「探してみます・・・」

□ジェマの次回作『君はミステリアス2』をお楽しみに。。。
2011-11-23 : 昭和ガール : コメント : 0 :

スカウトとか・・・

 一般女性を撮り始めて二十年になる。正確には十九年と二ヶ月。初めて街でスカウトしたのは奄美大島から東京に出てきた女の子。彼女は十九才だったと思う。南沙織のようなロングヘアーがとても印象的だった。しかし、撮影当日その子は髪をバッサリと切って僕の前に現れたのだった。彼女に起きた心の葛藤を思う余裕など当時の僕にはなく、髪を短くしたことで少女性が薄れたと感じ、落胆したのだった。
 数日前のことだ。荻窪でご婦人(五十才ぐらい?)をスカウトした。小柄で身体にフィットしたニットを着てスリムなパンツを履いていた。そのファッションが微妙に古めかしく、おそらく毎日同じような服装なのだろうと想像した。僕は流行を追っていない彼女の有り様に惹かれた。その日常に温もりのようなものを感じたのだ。

「あの、モデルになって頂けないでしょうか」
「えっ、私?」
「はい。あなたを撮りたいのです」
「光栄ですわ。でも、私などは到底そんな者ではございません」

 何とも受け答えが素晴らしい。例えば、この婦人を撮影することになったとしよう。今の僕は撮影当日の彼女のヘアスタイルやファッション次第で落胆するようなことはない。なぜなら、年齢を重ねることは若さより尊いことを知っているからだ。

*
 メールでモデルに応募してくれる女の子たちのこと。彼女たちは僕の写真を観て何かを感じて僕にメールをくれる。僕は最近、彼女たちに驚きを感じている。僕が街でスカウトする女の子と、応募してくれるモデルの距離が急速に縮まっているのだ。つまり、スカウトした女の子と応募してくれた女の子が似てきている。

**
 スカウトの極意を尋ねられることがある。極意はある。しかし、信じる人は少ないみたいだ。

***
 愛について考えることがある。恋について振り返ることがある。そんな想いを写真の中に精一杯込めている、つもり。

****
 塾生募集中。今が入塾のチャンスです。その理由は、僕にやる気があるからです。

*****
 傑作『昭和の恋』のようこさんの第二作を撮ります。また報告します。
2011-11-20 : コラム : コメント : 0 :

昭和ガール『昭和の恋』model*ようこ・・・2011.11.09


2011.11.9*model*ようこ

 現像済みのフィルムが手元にある。それを見ても、あの日のことは本当のことだったのだろうか、と思う。ようこが語ってくれた恋のことはほとんど忘れてしまったけれど、恋への憧れは残った。その憧れは、僕の少年時代の青々とした恋につながっている。写真を見て、ようこは昭和っぽくて哀愁のある素敵な女の子だなあ、と改めて思った。
2011-11-19 : 昭和ガール : コメント : 0 :

昭和スナップ(2)牛乳販売店

20111107かりがね051_edited-4
2011.11.7*名糖牛乳販売店

偶然とおりかかった牛乳販売店。はがれ落ちた壁の模様の何とも言えない美しさ。建物の横に狭っ苦しく植えられた一本のシュロの樹が心にひっかかる。僕の家も商売をしていたのだが、店内に鉢植えのシュロの樹があったのだ。それだけではない、バナナの樹もあった。バナナの樹はやがて枯れてしまったのは当然。寒すぎるのだ。どうしてもバナナの樹を店内に置きたかったらしい。それは常磐ハワイアンセンターの発想に近いかもしれない。山間部の暖房のない店に強引にバナナの樹を置いたのは僕の母だった。
2011-11-17 : 昭和スナップ : コメント : 0 :

昭和ガール『君はミステリアス』model*ジェマ・・・2011.11.15

 ジェマの顔は端正で美しく個性もある。手入れの行き届いたロングヘアーと洒落た服の着こなしはファッショナブルで見た目抜群、男なら連れて歩きたいと思う麗しさ。女子にとって、それ以上に何が必要なのだろうかとさえ思ってしまう。
 ジェマはエキゾチックで派手な風貌に似合わず、古い日本映画や昭和歌謡にマニアックに傾倒したり、地味な世界を好んだりするところがある。その地味な世界には、僕の写真も含まれている。

「初めまして。よろしくお願いします」とはにかみの入った声で言いながら深くお辞儀をした。その姿には親しみが込められていた。
「あれ?君、そういうキャラだったのかぁ」
「ええ、見た目と違うと言われることがあります」
「あははは、、」僕はジェマの裏切りが愉快だった。

 ジェマの礼儀正しさにちょっと驚いた。そして、僕とジェマの距離が普通の女の子と違うことにも違和感があった。いつもの僕だったら、初対面の女の子に対して、最初にエロスの糸口をつかもうとする。ところが今日は妙な親近感があって、僕の五感に冴えがなかった。ジェマも僕に何か違和感を感じていたみたいだった。

 僕たちは大きな公園の中で一番秋らしさを奏でている場所にいた。ジェマの服は、ポロの選手みたいで、乗馬風とも言えるかな、つまりパンツルックで外国のファッション誌から抜け出して来た女の子のようだ。もちろんそれを撮ったカメラマンはリチャード・アヴェドン。
 僕はパンツルックの女の子を撮った記憶がほとんどない。二十年も女の子を撮っているのに。ジェマがその服装で来ることを許したのは紛れもなく僕だった。スカートを着て来ることは僕の世界では必須だし、もしパンツルックならいずれ撮影中に脱ぐことになるのだが、ジェマにその予定はない。

「さあ、ジェマちゃん、あれをやってごらん!」
「あっ、はい」
 
 ジェマは安西マリアの『涙の太陽』の歌い始めの振りを始めた。『ギラギラ太陽が燃えるように・・・』僕は鼻歌を歌いながらシャッターを押した。リチャード・アヴェドンになりきって「ファンタスティック!ビューティフル!」と言いながら。僕は不思議な世界に引きずり込まれて行くのを感じていた。ジェマって、一体何者なんだ?
 いよいよ撮影が終わって、僕たちはお互いの心の中に抱えている違和感について白状する時がきた。

「僕がジェマに思うこと・・・」
「私が先生に感じること・・・」
「じゃあ、同時にそれを言おうか」
「はい」
「いっせーのせ~」
「私の○○にそっくり」
「僕の○○そのものだ」

 僕たちは誰かがいたずら書きした物語の中で彷徨う二人の主人公。ストーリーはまるで韓流や東野圭吾さながら。違うところは、まだ死人が出ていないところぐらいだろう。

「これは現実?夢?不思議だなあ~」
「そうだね。確かにね」
「ああ、こんなことがあるなんて・・・」
「でもね、僕は不思議な偶然より、ジェマという女の子そのものの方がミステリアスだと思うよ」
「・・・」

□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。。
2011-11-16 : 昭和ガール : コメント : 0 :

さてどれを選ぶ?・・・No.7(結論)

docchiNO7tamako002_edited-1.jpg
「たま子ちゃん、いったい何なのその眼つき」
「ええ、何も・・・」
「うそだぁ~、どういう意味なのかなあ」
「いいえ、何も・・・」
「いい加減にしてよ、その眼はやめてくれませんか」
「・・・」


 僕が選んだのは(1)です。
■みやこ、のりお、eu、T、、(敬称略)の四名様のうち抽選の結果、eu、T、のご両名にサイン入りポストカードサイズの作品を送ります。euさん、以下のアドレスへ郵送先ご住所を教えてください。Tさんはわかります。
ad28682@ha.bekkoame.ne.jp

<以下は選ばなかった理由です>

 たま子ちゃんの一番魅力的な部分は眼。(耳も好きだけど)清純な男なら(僕も)この眼で見つめられると勘違いしてしまう。最初、僕も勘違いするのが嫌でたま子ちゃんの眼は撮らなかった。そのうちに、何の策略もなくその眼つきをしていることに気づいた。今度はその眼を撮ろうとしたけれど、どうしても撮れなかった。やっと撮った素敵な眼はあくまでも深い。
(2)を選ばなかった理由は、策が見え隠れしているような気がする。撮る時にもちょっとあった。「眼に秋空を映そう」「よりはっきり眼を撮ろう」みたいな。その策を越える何かがこの写真に映っているのだろうか。そう疑問を持つのは、ちょっと足りないからだ。



□第8回『さてどっちを選ぶ?』は近日公開予定。お楽しみに。
2011-11-14 : どっちを選ぶ? : コメント : 0 :

昭和スナップ(1)オカダ文書堂

20111026bunshodo038 2_edited-3
2011.10.26*オカダ文書堂

時々通る道路沿いにあるオカダ文書堂。ずっとこの文房具店の古いたたずまいが気になっていたのだが、やっと撮影にこぎ着けた。伝え聞いたところによると、店の道路側が文房具売り場で、奥はパンを売っていたというのだ。中学高校時代の校則(?)だった「買い食い禁止」という言葉が懐かしい。
2011-11-13 : 昭和スナップ : コメント : 0 :

昭和ガール『白鳥』model*かりがねさん・・・2011.11.7



かりがねさんでなければこの作品は撮れない。
理由ははっきりしないのだが・・・。
人々の中でうごめく複雑な想いをあっさりと言い放つ思い切りが彼女にはある。
雑草と雑草の影がつくる複雑な模様を自分のための織物のようにしてしまう美しい足。
恥じらいを捨てストッキングを下げる。
その姿に対して感謝すらしないで僕はシャッターを切る。
そしてその時の僕のやや冷酷な感情が写真に残される。

□かりがねさん、ありがとう。
2011-11-12 : 昭和ガール : コメント : 0 :

昭和ガール『昭和の恋』model*ようこ・・・2011.11.09

 僕とようこは初対面だったけれど自然に挨拶を交わした。それはようこの満面の笑顔が僕の緊張をほぐしたからだ。僕たちは今、薄日が差し込む晩秋の雑木林の一角で撮影を始めようとしているところだ。

「私、昭和と呼ばれていた頃があります」
「なるほど、ようこさんは昭和の香がします」
「恋はどうですか?」
「ええ、たくさんしました」
「どんな恋?」
「ある恋の場合は・・・」

 僕はわずかな恋しさを持て余していた。はっきり恋と言えるような明らかなものではなく、古い恋のかけらのようなものが僕の視界にちらついていた。その恋しい気持ちがようこに向いてしまうのが怖かった。
 ようこはブラジャーをしていない。僕が望んだからだ。少女のようなうぶな乳首がブラウスの下にかすかに見えていた。それを見て、恋しさはやや薄れ昭和のエロスが心の中に満ちてきた。

「ボタンを外してください」
「はい」
「もうひとつ」
「あ、はい」

 ようこの乳房は茶碗の大きさで真っ白だった。僕は「美しい!」と何度も言って、その度にシャッターを押した。ようこは平成生まれだけど、とてもチャーミングで情のある昭和ガールだった。

□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。
2011-11-09 : 昭和ガール : コメント : 0 :

昭和ガール『白鳥』model*かりがねさん・・・2011.11.7

 かりがねさんと会ったのは、個展の会場だった。そのときの彼女は暗い印象だった。今日のかりがねさんの服は真っ黒で、さらに暗さが際立っていた。

「どうして、かりがね?」
「私は秋が好きなんです」
「それと、かりがねとはどんな関係があるのですか」
「雁金(かりがね)は秋の季語ですから」

 かりがねさんを地べたに座らせた。
「あの、無理を言って申し訳ありません。ストッキングを膝下まで下げて頂けないでしょうか」
「どうして?」
「ええ、たった今、そうして欲しいと思ったのです。俳句とのコントラストには露骨なポーズが似合うからです」
「そうかしら。でも、いいわ。脱ぐわ」

 かりがねさんは、品の良いミドルだ。実直で教養もある。でも、そんな女性にこそ不謹慎な写真が似合う。ストッキングを下げたかりがねさんは白くて華奢で中学生みたいな太腿を根元まで見せて、秋の低い陽射しが作った雑草の影の複雑な模様の中にきっちりと収まった。僕はこの写真の意味を考えながらシャッターを押した。
 撮影が終わると僕とかりがねさんは川べりの道をトボトボと引き返した。

「かりがねさんは教養がお有りですね」
「私にあるかどうかは分かりませんが、好きなことを続けていれば教養は身に付くものではないでしょうか」
「教養が身に付くかどうかは素質だと考えています。付け加えておきますが、僕の言う教養は主に人柄なんです」
「それは面白いわ」

「かりがねさん、あの鳥を見て!」
「あっ!」
 真っ白い鳥が二羽飛んで来た。その後をV字編隊で十羽ほど飛んで来た。
「鷺ではないですね。それよりもっと大型の鳥ですね」
「あれは、白鳥です。渡りでしょうか」かりがねさんの静かに確信を持って言った姿が鮮やかで、暗い印象だったかりがねさんが白鳥に見えて来た。

□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。
2011-11-07 : 昭和ガール : コメント : 0 :

さてどれを選ぶ?・・・NO.7

今回はたま子の眼にこだわった。
初対面のとき、たま子の眼が美しくとても印象的だった。

(1)(2)の2枚のうち、あなたが選ぶカット(a)と魚返が選んだカット(b)をコメントに投稿してください。(b)を的中させた方の中から抽選でサイン入りポストカードサイズ写真をプレゼントします。コメント投稿者数1~5名=1名にプレゼント。投稿者数6名以上=2名にプレゼント。投稿数が減っています。皆さんの投稿を待っています。
※締切は11/13(日)です


(1)↓


(2)↓


□2011.10.30(日)65th写真塾にて/model*たま子(2枚とも)
□過去2回にプレゼントしたポストカード↓
20111027docchi001-1.jpg
2011-11-06 : どっちを選ぶ? : コメント : 8 :

『タクトのえくぼ』


2011.10.23/西荻窪にて/model*タクト

「えくぼ、いいねえ」
「あ、そうですか」
「今度、僕の塾のモデルをやらない?」
「でも、忙しくて・・・」

■第2回グループ展へ参加ご希望の方は連絡ください。11/10(木)に一旦締切らせて頂きます。その後はキャンセル待ちとなります。
2011-11-03 : 昭和ガール : コメント : 0 :

『切り取られた僕の顔』2011.10.25

20111025rie070_edited-1.jpg


 遠足に来た子供たちがお弁当を食べていた。弁当が終わると記念写真を撮るのだろうか。数十分後ふたたびこの場所を通ると、やはりクラスごとに記念写真を撮っていた。その光景をみていたら、急にさみしくなった。
 僕も小学生の頃の集合写真を数枚持っている。しかし、いずれの写真も僕の顔が切り抜かれているのだった。子供たちの遠足が遠い想い出となった頃、今日の記念写真に写っている誰かの顔が切り抜かれているかも知れないことを僕は知っている。
 どうしてその写真に僕の顔がないか、それは言えない。
2011-11-01 : 『妄想少年ものがたり』 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター