FC2ブログ

僕のスタイル(6)まとめ・・・最終回

 僕のスタイルは簡単な縛り(制約)があって、その中で自由に動き回ることで出来上がっている。何も決めないで撮っているつもりでも、実は軽い制約が僕を覆っている。それが自分に自由を与え、自分のスタイルの決め手になっていると考えている。無秩序に撮ることは、自由ではない。あてもない闇の中で自分を見失うだけだ。
 写真は自分を知る事が大切だ。自分は、変化する自分に対応しながら撮るタイプか、それとも自分を変化させないで撮り続けるタイプなのか、いずれが自分のタイプなのか知ることすら難しい。しかし、継続が答えを出してくれる。撮り続けなくてはならない。

 ばかばかしいと思う前に、自分の下の1~6を考えてみてはどうだろう。

<自分のスタイル>
1.好きな写真家~アンリ・カルティエ=ブレッソン、ベルナール・フォコン
2.好きな場所~川、鉄道。逆光が基本
3.僕のカメラ~コンタックスRTS(プラナー50mm、ディスタゴン35mm)、ライカM4-P(ズミクロン35mm)、ローライフレックスT(テッサー75mm)
4.好きなフィルム~トライ-X(ブロニーはT-MAXも使う)
5.好きなモデルを撮る~モデルになってくれる女性の隠れた魅力を撮る
6.言葉~空、雲、季節、清楚、女学生、ご夫人、昭和、エロス


20111204yoko006_edited-1.jpg
2011.12.4*写真塾にて




2012-01-04 : 写真塾 : コメント : 0 :

個展会場での一枚


2011.9.27*24th個展にて。みしゃけ+ぽて兄

 去年九月、個展会場(ルデコ)でカップルを撮りました。ブログにアップしても良いとのことでした。それっきり忘れてしまい、本日この写真の存在に気づいた次第です。ところで、この女の子、何だほのぼの感があっていい。男の子は生憎眼を閉じているけれど、それがこの写真に小さなインパクトを与えている。ありがとう。
 ところで皆さんはこの女の子を撮ってみたいと思いませんか?


              ☆


2012-01-04 : 24th個展へ : コメント : 0 :

『さてどれを選ぶ?』NO.10&NO.11・・結論

☆NO.10


 実は、ジェマちゃんと僕が選んだカットが同じでしたのでどちらか一つ的中した方にカードを送ります。(3)の写真にはギャラリーで展示したり写真集に納めるとまた違った魅力を発するのではないかという期待があります。ジェマちゃんが着ているお母さんのランチコートはずっと以前とても流行りました。ジェマちゃんが着ているのはバックスキンの高級品。僕が大学時代に着ていたのは、友人にもらった緑色のもので、やや薄手だった。僕は冬の間中それを着ていた。

<皆さんの投票>
あらかき=a-3,b-1,c-3(ジェマ的中)
みやこ=a-2,b-4,c-2
SK=a-1,b-3,c-3(魚返的中)
なべちゃん=a-3,b-4,c-1(ジェマ的中)
のりお=a-4,b-3,c-3(魚返的中)
直さん=a-2,b-4,c-3
うっきー=a-2,b-4,c-1
カホリ=a-2,b-4,c-2

□三回連続的中のあらかきさん、もし良かったらこのブログにコメントを書き込んでください!



           ☆


☆NO.11
20111210asakusa029_edited-1.jpg

 僕は冬休みに凧を作り川で上げました。今はもう、僕の正月は遠い想い出の中にあって、霞んでしまいました。半逆光で撮った(2)には撮り手の意図がありますが、(1)にあるのはただ賀正の凧の平凡な姿で、昔を思い出させてくれ、何か癒されるような、寂しいような複雑な気持ちです。(2)に写っている小さなベランダとテレビアンテナが今っぽくて、懐古の念が薄れます。


<皆さんの投票>
のりお=a-2,b-2
みやこ=a-2,b-2
なべちゃん=a-2,b-2
直さん=a-2,b-2
chonger48=a-1,b-2
カホリ=a-2,b-2
SK=a-1,b-1(的中)
ジェマ=a-2,b-1(的中)

□4回中、3度的中のSKさん、もし良かったらこのブログにコメントを書き込んでください!



        ☆


 皆さんにお願い。的中しなくてもいいのです。とにかく投稿してください。僕は投稿してくださる人が一人でもいるなら『さてどれを選ぶ?』を続けます。









2012-01-03 : どっちを選ぶ? : コメント : 5 :

僕のスタイル(5)モデル

20080208071342_edited-1.jpg


 モデルを探す事はとても難しくて、おそらくカメラの技術を学ぶことより難易度が高い。誤解を恐れずに書けば、誰でも良ければ、それは容易いこと。しかし、手当たり次第に女性を撮ったカメラマンの写真を観ると、やはりモデルをぞんざいに思っている心の底が垣間見えている。美しいと思い込んでいる女のコレクション、カワイイと思い込んでいる女のコレクション、自分の写真は上級者だと思っているカメラマンのコレクション、どれも何となく見え透いていて説得力がない。
 好きなものをまっすぐに撮っているカメラマンの写真に惹かれる。そういう人は技術的に不足していても続けると化けるにちがいない。

 自分の作品に合ったモデルを探すのはなかなか難しい。万が一見つかっても、そういうモデルに頻繁に会えるとは限らない。僕が心がけていることは、モデルになってくれる女性の隠れた(本当の)魅力を撮ること。そうやって撮った写真を見ると、彼女たちはもともと自分に合ったモデルだったのでは、という気がしてくる。
2012-01-03 : 写真塾 : コメント : 0 :

僕のスタイル(4)フィルム

images-4.jpeg

 僕が使っているフィルムは基本的にトライ-Xです。カラーはまちまちです。2011年早々に僕は少なくとも一年間はモノクロしか撮らないと決め、そのとおりにモノクロだけ撮りました。今年2012年に予定しているカラー作品は、『母の赤いワンピース』のみ。使っているモノクロフィルムですが、35mmはトライ-Xのみ、ブロニーは時々浮気していて、T-MAXを使うこともある。
 フィルムに関して非常に研究している塾生がいる。それは、前項で書いた井上さんだ。彼がテストしたフィルムのデータはとても参考になった。僕も彼から譲り受けたフィルムを何本かテストしたが、やはりトライ-Xが自分には合っているというのが結論だ。



         ☆



2012-01-02 : 写真塾 : コメント : 0 :

僕のスタイル(3)

IMG_01.jpg


(3)僕のカメラ

 僕が始めて使ったカメラはハーフサイズのオリンパスペンで、本当の意味でカメラの洗礼を受けたのは、父親の一眼レフカメラのペンタッックスSP・ブラックだった。(1966年頃?)現在主として使っているカメラは、コンタックスRTS(プラナー50mm、ディスタゴン35mm)、ライカM4-P(ズミクロン35mm)、ローライフレックスT(テッサー75mm)。壊れても壊れても修理して使っている。どうしてこの三台になったかは、多分に偶然が入り込んでいる。しかし、僕にはちょっと古めかしくて傷だらけで、状態のあまり良くないカメラを好む癖がある。そんなカメラが愛おしくてならないのだ。使い込んでも、まだまだレンズの特性を知り尽くしているとは言い難い。カメラは奥が深い。

 少ないカメラにこだわることには美徳もある。しかし、それは角度を変えて見れば、僕の弱点だと言える。ずっと昔から僕にはそういうところがあった。少年時代に暗室作業をしていても研究熱心だとは言えなかった。

 ある日、僕の不足した部分を完全に満たして撮っている人物が現れた。それは塾生の井上さんだ。彼なしには今の塾はなかったと断言できる。とりわけレンズの特性に関する井上さんの意見はかなり角度が高い。多くの塾生が彼のアドバイスを参考にして機材を選んでいることは明白であり、僕もその一人である。

PDR_1053_edited-1.jpg
2012-01-01 : 写真塾 : コメント : 0 :

平成24年『賀正』さてどれを選ぶ?NO.11

(1)
20111210asakusa029_edited-1.jpg

(2)
20111210asakusa030_edited-1.jpg

2011.12.10浅草にて

本年も皆様が幸せでありますように。
そして、たまにこのブログを訪ねて頂けたら嬉しいです。

           ☆

 浅草で撮った2枚。かなり迷いましたが、最終的に一方を選びました。皆さんのコメントを待っています。
□あなたが好きなカット(a)-(?),魚返が選んだカット(b)-(?)
□応募締切は、1月3日、15時です。
□魚返が選んだカット(b)の的中者には魚返作品のポストカードサイズプリント(サイン入)をプレゼント。




2012-01-01 : どっちを選ぶ? : コメント : 9 :
« 前のページ  ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター