『洋館少女の思い出』・・・作品




2013.4.18 たま子


            ⁂

 散ってしまった桜の花びらを追って最後のガクを落とした枝には新緑の芽吹きが見えている。薄ピンク色の吹雪が通りすぎたあとの穏やかなこのひとときが一年で一番美しい。

 少し歩いてみた。そよ風はあくまでも優しく亡き母のいたずらのように吹いていた。太陽の光はあらゆるものに反射して若い娘の皮膚の輝きを僕の眼に運んできた。風と光は僕の隣を歩くたま子を包みこんでいる。たま子は僕にとって何ものでもない、しかし僕の脇を歩くことがもはや何ら不思議ではないと言える、そういう奇跡が起きうる季節だった。

            ⁂

 ある場所にさしかかったとき、懐かしさで全身の皮膚がすくんだ。風の向うから、新緑の葉の輝きの向うから、オルガンの音が聞こえてくるような気がした。ああ、あの少女が弾いている、僕はそう思った。

 少女というのは、僕が小学生の頃、商店街の裏手の雑木林の中にひっそりとあった家に住んでいた僕より幾つか年上の女の子のことだ。彼女の父親は町にひとつしかない銀行の支店長をしていた。支店長以外の行員はみんな町内の者だったが支店長だけは都会から数年に一度赴任してきて、この雑木林の中の洋館に家族と住んだ。僕は時々洋館の中庭に忍び込んだ。もちろん、少女に興味があったからで、何度か少女と眼を交わすことがあった。ただ、それだけだった。

 ある日、小学校に行くと僕のクラスに転校生がいた。転校生は男の子で絵が上手だった。彼の上手すぎる絵を見て僕は絵を描くことから遠ざかった。彼は銀行の支店長の息子だった。つまり、洋館の少女はもういない。

             ⁂
 
 僕は懐かしい思い出の中にいたままカメラを構えた。たま子は生成り風のノースリーブのワンピースを着ていて、髪はいつものように三つ編でお下げ。ちょうど、あの少女と同じだった。僕たちが立ち止まった一画は低い樹に囲まれ、あの洋館の裏庭に似ていた。僕はあの時、少女に伝えられるはずもなかった心の叫びをたま子に向けた。

「左の乳首を見せてください」
「・・・」
「右の乳首を見せてください」
「・・・」
「スカートを上げてください」
「・・・」
「後ろを向いてスカートを上げてください」
「・・・」
「下着を脱いでください」
「・・・」
「そして、スカートを上げてください」
「え?」
「黙って言うことをきいてください」
「・・・」


             ⁂
             ⁂ 
             ⁂


□とりあえずこの写真をアップしましたが、本作品は7月の個展で展示します。






2013-04-29 : ファンタジー2013 : コメント : 0 :

『どっちを選ぶ?・NO.20』〜119th写真塾編

☆20回記念の『どっち?』です。
 セレクトの難しさを皆で学ぼうと始めた企画ですが、とうとう20回になりました。締切は5/6(月)。

               ♭

 今回のルール。2枚のうち僕が選んだ1枚(a)とあなたが選ぶ1枚(b)を書いて投稿してください。
(□投稿例: 左藤万年a=2 b=1)
 僕が選んだ(a)を的中したひと全員に、あなたが選んだ(b)のハガキサイズ(サイン入)作品を郵送(封書)します。




作品(1)『コンビニの前』
20130414ws021_edited-2.jpg

作品(2)『駅へ向かう通路』
20130414ws067_edited-6.jpg



               ♭


□的中した方は郵送先のご住所を教えてください。お教え頂けない場合は棄権となります。
□正解はこのブログをアップする前すでにモデルの莉菜ちゃんにメールで知らせています。
□これら2枚の写真は4/7(日)に開催した119th写真塾にて指導目的に撮影したものです。この日はとても風が強く、風をテーマに撮りました。この日塾生の皆さんが撮った作品はどれも僕より良かったです。

※問題に不備がありました。こうしこんさん、みやこさん、再投稿をお願いします。





2013-04-26 : どっちを選ぶ? : コメント : 17 :

『写真のオリジナリティーについて』



            ⌘

 どうしたら自分の写真にオリジナリティーが生まれるのだろうか。オリジナリティーの問題はあらゆる芸術において重要であり写真に限ったことではない。当然、僕もずっと悩み続けていてるし、今もなお悩みは続いている。

 僕が最初に試したのはフィルターワーク。次はさまざまなタイプのカメラを試し、さらにカメラのフォーマットの違いを試した。それらを一通りやってわかったのは、フィールターもカメラもフォーマットも、それ自体ではカメラマンのオリジナリティーを決定するに至らないということだった。そればかりか、それらのこだわりは、同様の試行錯誤をしている自分以外のカメラマンの写真にどこか似てくる。例えば、カメラ雑誌などに出ている写真は誰が撮ってもテイストが似ている。

 最後に辿りついたのは自分自身の内面の研究だった。同じ人間は世界に自分しかいない。この絶対的な要素を写真の中で実現すればおのずとオリジナリティーは生まれる。しかし、それはとても難しい。

 カメラマンは、気軽に写真を撮って楽しむにとどめるのか、自分にしか撮れない写真を撮ることを目標として修行の道を選ぶか、その選択を迫られる。僕は後者を選び塾でもそういう指導をしている。



            ⌘



2013-04-25 : コラム : コメント : 0 :

『新卒OLの思い出』


20130414ws001-1_edited-1.jpg
2013.4.1 中野にて

             ⁂

 1974年に僕は東京への大学へやってきた。下宿のある高田馬場から山手線に乗り池袋から丸ノ内線に乗換えるのが大学への通学経路で、午前8時半ごろの電車はいずれも想像を絶する混雑だった。否応なしにたまたま近くに乗り合わせた女性に身体が密着する。見ず知らずの若い女に触れるなんて田舎では絶対にありえないことだ。

 丸ノ内線の戸口付近で若い女性に向き合って身体を密着させてしまい、どうにも身動きがとれなくなった。しかもどういうわけか、僕の左手は彼女の股間にあり、手のひらを彼女の方へ向けてしまっていたのだ。手を移動しようとしても周囲から圧力がかかっていてまったく動かせなかった。僕の手ははっきりと彼女のかたちを把握していた。それほど、完全に密着していたのだった。

 彼女は新卒のOLのようだった。つまり、僕にとっては年上のお姉さんだった。僕は彼女と眼が合った。何とも微妙な感じだった。あれから39年が経った今も、僕の左の手の平の中に彼女がいる。


             ⁂



2013-04-24 : スナップ : コメント : 0 :

『エロスを編む』

20100515kyushu069のコピー
2010.5.15 大分県玖珠町北山田にて

               †

 昨日、映画『舟を編む』を観た。そのあと心の中にゆるやかに感謝の念がこみ上げてきた。それは、田植え前の田んぼ一面に咲いたれんげ草の中に大の字になって仰いだ空の青のように永遠に心に残るありがたさだった。あの日、三省堂の廊下ですれ違った金田一春彦氏が辞書を編んでいたとするならば、同じ出版社で僕は少年時代に宿ったエロスを撮った写真を編んでいたことになる。

 あの頃の僕は真摯にエロスに向かっていた。あの頃とは、写真集『Limit』の第三刷から写真集『シネマガール』の出版までの時間のことだ。そのころ僕を支えてくれた人たちのことを想うと胸が熱くなる。そのなかに三省堂社長の五味氏と参謀的立ち位置にいた八幡氏がいた。三省堂は辞書を編む会社なのにどうして僕の写真集を刷ることになったのか、その経緯は今考えても不思議だ。しかし、ここでその詳細を語ることはできない。

 今日は、故郷の田んぼに寝そべって辞書を開き『エロス』という言葉をひく自分をイメージしたいと思う、がその前に『新明解国語辞典』を買うことにしよう。

               †


□Limit〜2000.4刊行
□シネマガール〜2001.12刊行
□新明解国語辞典〜三省堂刊
□八幡氏は現在、三省堂の社長になられている。
□叔父の魚返善雄も三省堂より何冊か出版している。
□シネマガールの刊行後は家田荘子氏の尽力により、ぶんか社の角谷氏の元で出版することになる。




Twitter(フォローをどうぞ)⇒⇒
facebook⇒⇒






2013-04-20 : コラム : コメント : 0 :

『120th写真塾』・・・2013.4.14



 昨日は天候にも恵まれ無事に12回写真塾を開催することができました。見学にいらしたTSさん、いかがでしたでしょうか。参加者はどなたも写真の向上をひたすら追求していることがお分かりになったと思います。さらに僕の指導も写真に関することもさることながら、女性に関する執拗な評論もご堪能(?)頂けたものたと思います。

 TSさんから「何回ぐらい開催しているのですか?」との質問がありました。ざっと数えて350回ぐらいと答えました。内訳は、妄想写真塾170回+ワークショップ60回+写真塾120回(おおよそ)。。我ながら回数の多さに驚いております。これは古参の塾生に負うところが大きいです。皆さんありがとうござます。

 TSさん、是非塾生としての参加をお待ちしています。また、見学希望の方はお気軽にどうぞ。ただし、悪徳訪問販売さながらの、猛烈勧誘が魚返よりございますので、お覚悟を。。。

 モデルを勤めてくださった智子ちゃんもありがとう。何とも個性的な女性でしょう。またよろしくお願いいたします。


□塾生募集!⇒⇒こちら


2013-04-15 : 写真塾 : コメント : 0 :

『1965年の幻灯』


IMG_01.jpg


            ⁂

 少年時代のある日のことだった。僕は寝床で黒い一眼レフを手にしていた。ファインダーを覗くと、そこには天井と柱時計が映っていた。次に起き上がって窓から外の景色を見た。ファインダーの中にあったのは、子供雑誌の付録の幻灯が襖(ふすま)に映し出すような曖昧なものではなく、あきらかに現実の側にスタンスを取った鮮明な画像だった。しかし、今思い出してみると、当時僕が一眼レフのファインダーで見た現実的な像と、おもちゃの幻灯が映し出した仄暗い像は、どこか似ていると感じるのは何故だろうか。
 
            ⁂



□黒い一眼レフ=アサヒペンタックスSP・ブラック



2013-04-13 : コラム : コメント : 0 :

『緋寒桜の散る道ばた』・・・2013.3.29〜その一(作品)




2013.3.29 model*たま子



             ⁂

 小道を歩いていると僕たちの行く前方の草むらと道ばたに股がって直径五メートルほどの赤い輪が見えてきた。さらに近づくと赤い輪は夥しい数の小さな緋色の花の集合で、それらの花は輪の脇に立っている高さ数メートルの緋寒桜の樹から落ちたものだった。

 緋寒桜の花の形は釣鐘状で花弁は開かないから普通の桜の花のように花びらをバラバラにまき散らすことはない。真っすぐに道ばたに落ちたその花は、うぶで赤くて、処女の乳首が容赦なく望まぬ刺激を受けた結果の色づきのようだった。

 たま子を緋色の輪の中にしゃがませた。やや斜めから彼女を俯瞰すると緋色のじゅうたんの中に処女を閉じ込めたような快感があった。

 たま子は周囲を見回し誰もいないことを確認し、そっと乳房を見せた。緋色の花びらと乳首を比較した。たま子のは、薄くてソメイヨシノの色をしていた。僕はたま子の乳首を緋色にしてやりたいと思った。

             ⁂




Twitter(フォローをどうぞ)⇒⇒

facebook⇒⇒



2013-04-11 : ファンタジー2013 : コメント : 2 :

『桜と美乃里』・・・作品



2013.3.30 model*美乃里

             ⁂

 川べりへやってきた。土手の桜は満開のまま散らずに留まっている。空はどんよりとして曇の灰色と桜の薄い桃色が混濁して寒々しい。

 半年ぶりに会う美乃里は見違えるほど美しくなっていた。磨かれたと言った方が良いかもしれない。大人を感じさせるフェミニンな服のせいだけではないことは確かだった。今日の美乃里は春に相応しい薄手のワンピースを着ているがこの気温では寒いに違いない。暖かかった数日前に僕が要求した服を、思わぬ低温になっても予定どおり着てくれたことが嬉しかった。僕は美乃里に「あなたにはある種の美が備わっている」と言った。しかし、何度言っても彼女に今ひとつ伝わらないもどかしさがあった。僕の褒め言葉を執拗に否定する美乃里の態度の意味は何だろう、、ただの謙虚さなのか、それとも魔性を隠すためなのか、などと詮索することも歓びだった。
 
 美乃里は僕が地面に敷いたシートを丁重に拒むと、濡れた草むらに直接座った。この行為の意味は、今日の撮影に対して真摯にモデルを努める気持ちの現れだろう。そして僕は何となく美乃里に主導権を握られたような気がしたが、それも歓びに感じていた。

 やがて美乃里はワンピースの前をルーズに開いた。乳房は白く美しかった。初めて見たとき以上にそう思った。僕は用意した手錠をカバンから取り出し美乃里の両手首にかけ拘束した。これで美乃里はもう逃げられない、観念して僕に従うよりないだろう。

 僕は満開の桜の下で拘束した美乃里を撮る歓びに浸るのが怖かった。


             ⁂




□なお、乳房を見せた作品は7月の個展で展示します。
Twitter(フォローをどうぞ)⇒⇒
facebook⇒⇒


2013-04-08 : ファンタジー2013 : コメント : 2 :

『姫踊り子草の群生』・・・2013.3.29〜その三




2013.3.29 model*たま子

            ⁂

 姫踊り子草が地表に出て来る頃、人びとは冬に比べるとあきらかに目線を上にして桜や春の空をみる。僕は下を向いて歩く。すると青く小さなオオイヌノフグリや紫ダイコンの花を見つける。さらに歩いて姫踊り子草の群生を見つけたら、その脇の草むらに座って彼女を拘束することを考える。

 少し不気味な風貌をした姫踊り子草の群生は女の子を拘束するのにふさわしい。


            ⁂
            ⁂
            ⁂



□『緋寒桜の散る道ばた』と『桜の小木と生娘のつぼみ』の二作を撮影したのと同日に撮影した作品ですが、こちらを先にアップしました。前述の二作も追ってアップいたします。






2013-04-07 : ファンタジー2013 : コメント : 0 :

『桜と女子中学生の悲劇』

20130310ws004のコピー_edited-2

女子中学生=2013.3.9 渋谷ハチ公交差点にて
桜=2013.3.24 野川公園にて

           †

 僕はこの季節の悲劇を知っている。

           †
          † †
           †


□ここでの「悲劇」は僕の中学時代のイメージに基づいている。桜の季節のどうしようもない心のざわめき。今も少女(少年)たちは僕と同じ体験をしているのかもしれない。
Twitter(フォローをどうぞ)⇒⇒
facebook⇒⇒




2013-04-02 : ファンタジー2013 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター