『夏』・・・個展にて


              ﹆

 女の子は白い丸襟の付いた薄いオレンジ色の半袖ワンピースの上に透けた白いカーディガンを羽織り、きれいに磨かれた赤い靴をはき、和風の妖精という感じだった。

 女の子は僕の正面奥の壁面に飾られた写真に見入りながら、うしろ姿で「わたしはここにいます」と囁いていた。その囁き声は、やがて会場に流れていたイギリス組曲の規律正しい旋律にのって僕の耳にも届いてきた。

 女の子が左側の壁面に飾られた写真の前に移ったとき初めて横顔を見た。彼女を見て僕の中に浮かんだのは1999年に撮影した『さくら』という潔癖な傑作で、モデルは品のあるミニのワンピースの裾をぎりぎりまで上げているのだが、かえってそれがモデルの清純さを際立たせていた。この作品のモデルには心の美しさまでが透かして見えるような透明な愛らしさと、疑う余地のない清純さが備わっていなければならない。そして、目の前の女の子こそ『さくら』のモデルに相応しいと思った。

「あの、モデルになっていただけませんか」
「わたしでよろしければ」 
「あの、名前を教えてください」
「わたしは羽菜と言います」

              ﹆

二人だけの宴がはじまる
撮る人は夏の哀しみを携え
妖精は蝉の抜け殻を掌に載せている
祭りのあとのさみしさがもう見えている
来週僕は羽菜の夏を撮る


               ﹆



□近日、羽菜さんを撮影します。期待する人は拍手をお願いします。。




2013-07-31 : スカウト : コメント : 0 :

第3回魚返一真写真塾グループ展『ALL GIRL.3』審査結果発表


優勝・・井上和俊〜総得票数201(審査員票70)

 井上さんは毎回上位にランクされている優秀なカメラマンです。とうとう優勝しました。僕も今回の作品はまずまずに見えましたたから期待はしていました。審査員票70点はお見事です。来年は連続優勝を狙って欲しいと思います。
 

2)井村行博   〜143(0)
3)erock erichin 〜108(25)
4)西牧直樹   〜105(40)
5)内田有樹夫  〜104(10)
6)中島和久   〜97(40)
7)雨宮悟郎   〜77(20)
8)真凛     〜70(5)
9)アキモトタツオ〜55(15)
10)喜多川康浩 〜55(0)
11)高橋克之介 〜52(20)
12)種田泰志  〜19(0)
13)Choku   〜13(0)
14)マーシー  〜7(0)


○審査員得票ベスト3

1. 井上和俊 〜70
2. 西牧直樹 〜40
3. 中島和久 〜40

○来場者得票ベスト3

1. 井村行博 〜143
2. 内田有樹夫 〜94
3. erock erichin 〜83


□審査してくださった方々の個人名は省かせていただきます。ぶんか社、日本カメラ、CAPA、ガンザオーリ、フリーライター、モデル2名。魚返は投票していません。
□すべての投票用紙を塾にて公開します。(閲覧希望者)


□ご来場の皆様の投票に感謝いたします。また来年のグループ展『ALL GIRL.4』にてお待ちしています。   

                2013.7.30      魚返一真




2013-07-30 : グループ展 : コメント : 0 :

個展終了

 日曜日に個展が終了しました。感謝いたします。

 今回は、2年ぶりでしたので、少し心配もありました。でも、毎日いらしてくださる常連のファンの皆様や、モデルをご希望してくださる女性、そして初めて来てくださった方々、、皆様が僕にくださったご厚意のお陰をもちまして、僕の中に続けて良かった、まだまだ続けようという気持ちがふつふつとわいてきました。

 作品は、昨年の病の影響が色濃くでています。いざ展示してみると、女性の支持を集めたことに驚かされました。病床で気づき模索した、精神とエロスとの交わりを表現した写真を見て女性が敏感に感じてくださったことは写真家として光栄に思います。

作品をご購入頂いた皆様、本当にありがとうございました
モデルになってくださった女性たち、本当にありがとうございました
ご来場いただいたすべての皆様、次の個展でさらに傑作を展示することを約束します。



 感謝・・・・2013.7.30 妄想写真家*魚返一真






2013-07-30 : 25th個展へ : コメント : 2 :

最終日・・・7/28日


とうとう最終日になりました。
なぜでしょうか、とても長い六日間でした。
2年ぶりに個展を開催したのですが、乗り切れたことだけで満足しています。
来年も必ず開催します。どうぞよろしくお願いします。

今日は16時で閉館。お待ちしています。




魚返一真
2013-07-28 : 25th個展へ : コメント : 0 :

五日目

今日は土曜日です。
お客様がたくさんいらしてくださると嬉しいです。
会場でお待ちしています。

魚返一真

25th個展DM裏-写真面
2013-07-27 : 25th個展へ : コメント : 0 :

7/26金・四日目


今日も一日会場でお待ちしています。
ご来場ください。


魚返一真

2013-07-26 : 25th個展へ : コメント : 0 :

3日目


昨日は2日目でした。古くからのファンの方々にお会いできて嬉しかったです。写真家として幸福な時間を過ごせました。本日3日目は終日会場におりますので、お気軽に声をかけてください。




                   ﹆


□同時開催中のグループ展は同じビルの三階です。こちらもよろしくお願いします。


2013-07-25 : 25th個展へ : コメント : 0 :

2日目

25th個展DM裏-写真面

昨日は無事に初日を迎えることができました。
ご来場頂いた皆様に感謝いたします。
本日は2日目。お待ちしています。

魚返一真




2013-07-24 : 25th個展へ : コメント : 0 :

あと1日・・・

いよいよ個展、グループ展ともに明日から開催です。
本日は、会場で展示作業。
皆さんのご来場をお待ちしています。


□会期〜7/23火〜7/28日。
□場所〜ギャラリー・ルデコ(渋谷)














2013-07-22 : 25th個展へ : コメント : 0 :

『あと9日』


3rdGDM.gif


○魚返一真写真塾グループ展まであと9日になりました。

 今回で3回目のグループ展です。今日は塾生による最後のミーティング。
1年の成果を是非ごらん頂きたいと思います。また、恒例の来場者と審査員による参加カメラマンの人気投票もお願いします。これまでの優勝者は、第一回〜鍋島ヒロノブ、第2回〜雨宮悟郎の各氏。
 

□今回は僕の個展と同時開催です。ギャラリー・ルデコ3Fでグループ展、同6Fで魚返一真個展『告白』を開催しています。

25th個展DM裏-写真面


2013-07-14 : 鉄道と彼女、 : コメント : 0 :

『告白』・・・あと11日


25th個展DM裏-写真面


○個展まであと11日となりました。

 今回の個展は2年ぶりです。前回開催以降も引き続き多くの新作を撮ってきましたが、今回すべてを展示することができません。過去の個展ではおおむね全新作を展示してきましたし、それがモデルさんへの感謝の証だと考えておりました。しかし、今回はじめて作品を大幅に絞り込んで展示することにしました。壁面に展示する作品数は、30カット以内と過去の個展での展示数と比較して約半数となっています。

 こうした絞り込みをした背景は、写真家として今現在思っていることを率直に表現しなくてはならないという切実な想いからです。今回は、テーマ性より、今現在展示したい、自分が観たいというものを優先しています。従って、新作だけでなく旧作の展示もあります。セレクトの基準は、作品比較におけるある種のクオリティーに頼ったセレクトではなく、今の僕の気持ちにつながっていることを最優先しております。

 次回以降の個展においては、さらに自分の世界観を全面に出してご覧に入れたいと考えております。まずは今回の個展へ是非ご来場頂けますよう心よりお願い申し上げます。

                2013.7.13 妄想写真家・魚返一真


□壁面展示から漏れた作品のモデルさんにはこの場で謝罪をいたします。しかしながら、今回展示されなかったとしても、僕の大切な作品であることに何ら変わりはなく、次回以降展示される可能性があることは当然のことです。なお、今回の個展において壁面展示できなかったカット(約30カット)はファイルに入れてご覧いただくことにしました。


□第25回魚返一真個展『告白』は⇒⇒こちら





2013-07-13 : 25th個展へ : コメント : 0 :

『萌の詩』・・・作品




2013.6.27 model*萌

 萌から送られて来たメールは3ヶ月半のあいだ迷惑メールボックスの中にあった。メールにはバストショットと全身の2枚の写真が添付されていた他には、18才、高校生、特技や趣味は料理と洋服のリメイク、とだけ書かれてあった。

                ⁂

「頂いたメールが迷惑メールとして処理されているのを先ほど見つけました。本当にごめんなさい。もし、まだモデルにご興味がありましたらお返事ください」
「こんにちは、お返事ありがとうございます。是非、よろしくお願いします」

                ⁂

 メールの中の萌は正直だった。はぐらかしたくなるような質問にも告白さながらに応えた。質問のたびに返ってくる萌の告白を読むのが楽しみだった。ついに、今日撮影をすることになった。迷惑ボックスの中の萌を発見した日からわずか五日しかたっていない。

 駅で萌と会った。季節はずれの赤い長袖のカーディガンを着ていた。それから、いろいろあって・・・、最終的に郊外の公園へやってきた。空は青く雲は白い。まるで真夏みたいだった。草むらに萌を座らせて、ノートとボールペンを渡し「詩を書いてください」と言うと、彼女はそれに従い黙々とノートに向かった。

 萌は静寂を作り出すことができる。喋らないこと、何も気を遣わせないこと、そこには静寂があった。現代人というものは、常時何らかのコミュニケーションを必要としていて、それが僕には騒がしく感じる時がある。しかし、萌にはそれがない。静寂の中で詩を書く乙女の乱れたスカートとブラウス。その姿にエロスを感じた。

                ⁂
                ⁂



□個展では別カットを掲載する可能性があります。。








2013-07-07 : ファンタジー2013 : コメント : 0 :

魚返一真個展『告白』とグループ展『ALL GIRL.3』

◎各写真誌に写真入りで紹介していただけると連絡が来ました。

・CAPA〜魚返一真個展『告白』/写真入り
・フォトコン〜魚返一真個展『告白』/写真入り++グループ展『ALL GIRL.3』写真入り

     -------------------------------     

僕の個展のみならず、グループ展も次第に認知されてきた感じがします。
他誌の方は連絡がないのでわかりませんが、掲載されていると確信しています。


25th個展DM裏-写真面

3rdGDM.gif

□連日準備に追われています。是非ご来場ください。
□魚返は会期中、連日会場に出向き皆様をお待ちしています。お気軽に声をかけてください。

■会期〜2013.7.23(火)〜7/28(日)











2013-07-04 : 25th個展へ : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター