『Rubber Girl』・・・作品



2013.921 model*SHIORI@歌姫ちゃん

               ﹆

 少し暑いがもう秋の気配である。空には一般的に下り坂の予兆である羊雲が浮かんでいるが、天気が崩れる気配はまだない。
 女子高生のSHIORIと郊外を歩く。SHIORIは多才な女の子である。バレエ、ダンス、歌曲、どれも長けている。長身でとりわけ長い足は鶴のように美しい。

 まだ会ってから数十分しか経っていないから僕の勘違いかもしれないが、SHIORIとの間には決定的な溝がある。その溝は少年時代に行った阿蘇の噴火口を思わせるほど深い。SHIORIは僕が経験的に思う、十代の感じがあまりしない。皮膚や頭髪や汗や匂い・・どこか違う。もちろん、それらは40年の年齢差を考えれば当然と言えるかもしれないのだが。

「好きな時間は?」
「三時です」
「では、三時まで拘束します」と言って目覚まし時計を三時にセットし、SHIORIの両手首に手錠をかけた

 カメラを構えると、SHIORIはバレエのエッセンスを取り入れたポーズをとり、まるで外国製の人形みたいだった。僕は必死でSHIORIを撮った。ついにカメラは壊れ僕は力尽きた。疲れ果てた僕を尻目に爽やかな顔でスマホをいじっている。

「何をしてるの?」
「ツィッターとか」

 今の十代に自分の存在を発信する術が当然のように備わっていることに驚かされる。SHIORIは彼女自身が造り上げた女の子ではないかと思う。それを、なんとなくRubberと感じるのは少し安直だから、単に僕が歳をとり過ぎて偏屈になったんだという結論に落ち着かせた。

 撮影が終わるとSHIORIは原宿へ向かった。僕は家へ帰ってシャワーを浴びたあと、ビートルズの『Girl』をリピートし、アルバムタイトルを『Rhabber Soul』としたことの意味を思い出していた。


               ﹆





モデル募集中・・・こちら






2013-09-29 : 26th個展へ : コメント : 0 :

『イノセント・ピンク』・・・作品



2013.9.20 model*たま子


 ピンクを調べてみると元来ナデシコの花の色のことだとあった。花屋でピンクのカーネーションを10本買った。とにかくピンクの花であれば何でも良かった。あとで調べてみるとカーネーションはナデシコ属の多年草で別名オランダナデシコとある。つまり、僕はピンクの由来の花を買ったことになる。

                ﹆

 僕とたま子は午後の公園へやってきた。地面は数日前に通り過ぎた台風によって飛ばされた枝が歩きにくいほど散乱していた。日本晴れの空を見上げると、もう夏は行ってしまったよ、と乾いた風が教えてくれた。

「ねえ、なぜ僕がピンクにこだわっているかわかる?」
「いいえ、なんでしょう」
「それは、のちほど・・・」

 僕は、まず最初に八畳よりやや大きめのピンク色の布を草むらに敷いた。次に、ピンクのカーディガンを羽織りカーネーションの花束を抱いたたま子を布の端っこに座らせ、やや俯瞰ぎみにカメラを覗いて見ると画面全体がほぼピンクで埋っていた。僕は満足だった。

「準備ができました。今からピンク色の写真を撮ろうと思います。では、その写真を撮る理由を教えましょう。つまり、処女の胸に密やかに備わった二つの無垢な桃色の乳首への憧れの表しです。したがって、ピンク色の布の上にピンクのカーディガンを着た君がピンクのカーネーションを抱いて座ってもまだ足りません。つまり、君が無垢な乳首を見せてくれなければ完成しないのです」

「・・・」
「さあ、始めましょう」


                ﹆



□個展では別カットを展示します。。。






2013-09-27 : 26th個展へ : コメント : 0 :

『R嬢との純猥』


             ⁂

 ある昼下がり、死の淵まで届くほどに深い眠りから目覚めたときの、あの不快な時間帯に考えたことだが、僕に確かなところが残っているとしたら、それは卑猥に対して純粋に接する心を持っているところだろう。

 何故そんなことを考えてしまったか、それには伏線がある。恐らく、R嬢との出会いが原因だ。R嬢は愛らしい風貌をしたごく普通の女の子だが、その清潔感を裏切るように、率直にエロスへのアプローチをする女の子なのだ。R嬢の純猥な心が僕の体内を流れるもう一つの純猥と交わった時、僕は深く感動したのである。以来、僕はずっとR嬢のことを考えている。恐らく、眠っているときも。

 R嬢は突然僕の前に現れた。紆余曲折があったが彼女を撮影できることになった。そして今、期待と恐怖の両方が日に日に増幅している。R嬢と再会できたら、まずR嬢の血液のサンプルを採取するつもりだ。

             ⁂


□純猥〜純粋な卑猥。造語である。



2013-09-26 : 26th個展へ : コメント : 0 :

モデル募集


200105keiko023.jpg


○モデルを探しております。詳細はこちらをどうぞ⇒⇒⇒






2013-09-13 : スカウト : コメント : 0 :

『塾生募集』(若干名)


 塾生を募集しています。自分らしい写真を撮りたい方、これから写真を始める方、どなたでも受入れます。(ただし、厳守して頂くことが幾つかありますのでマニュアルをご覧下さい)

 来年7月に開催予定の第四回グループ展『ALL GIRL.4』に参加しませんか。入塾してグループ展に向けて作品を撮り始めるならポートレート撮影をしやすい今からが最適です。グループ展に参加することは、近い将来、個展を開催したいと考えている方には良い準備となると思います。もちろん、グループ展に参加しなくても塾へ参加できます。

 まずは、メールでお問合せください。



●魚返一真写真塾はこちら・・・



2013-09-12 : グループ展 : コメント : 2 :

『思い出の夏』・・・作品

20130903MIWA017_edited-2.jpg


2013.9.3 model*美波


              ﹆

 僕が美波をモデルにして撮りたい作品は、川に浸かって朗読をする女、というシックな和風作品である。美波に読ませるのはある小説の一節で、<美しい寺で、男の倒錯した要求に応えた結果、清楚な女が美しい乳房を見せる>というくだりだ。これを読む美波はきっとエロチックにちがいない。

              ﹆

 真っ青な空、真っ白い雲、水の申し子のような身体をした美波を撮影するのに相応しい見事な夏の空だった。川へ入るように美波を促した。白地に紺色の柄が入ったすずしげなワンピースを着た美波は、川べりで下着を脱ぎ文庫本を持って川に入った。水勢にやや身体を流されながら朗読する美波は例えようもなく美しかった。美波がワンピースの前ボタンを外して乳房を見せた時、シックな和風エロスを目論んだ僕の狙いは外れた。美波の醸し出す色気は和風というよりむしろ洋風でエレガントだった。

 ファインダーの中の美波は自由にポーズを変えていった。僕はその動きに合わせアングルを変えさせられる奴隷。しかし、それが妙に快感だった。ふと、『思い出の夏』のメロディーが浮かんできた。もしもこれが映画なら、僕は美波と激しい恋に落ち動物的な唇を自分のものにできるはずだ。

              ﹆



□個展では別カットを展示します。







2013-09-06 : 26th個展へ : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター