『君がいなくなったら』






2014.8.25 model*美月(みづき)

                   ﹆

 昨日までの暑さが去って今は小雨が降っている。これで夏が終わるのかと思うと少し寂しい。ひどく暑い夏でさえ、夏の終わりを受入れがたく思う気持ちが心の底にある。それは、暑い季節に甦る少年時代の思い出とまたさよならしなくてはならないから。

 とつぜん僕の前に現れた金髪の女の子は、白いノースリーブのワンピースを皮膚の一部のように着こなして、つぶらな瞳と小ぶりの唇に隠された二本のビーバーのような愛らしい前歯を持ち、細身で肌は白く、言葉少なく穏やかで、まるで少年時代に人形好きだった母が僕のベッドサイドに置いたフランス人形のようだった。「君はかわいい、人形みたいに美しい」と女の子を好きになりそうな少年の自分を感じながら言った。

 僕はむかしと何ら変わらない夏草たちの生え方に敬意を払いながら、草むらの上に花柄の布を敷きその周囲に厚紙で作った果物を置いて、そこに金髪の女の子を寝かせた。女の子は白いワンピースを腰までおろし、レースでかがったタンクトップもおろし最後にブラジャーをはずした。女の子の乳房は小ぶりで、あのベッドサイドにあったフランス人形も同じ型の乳房を持っていたかもしれないと思った。僕は女の子の横に立ち俯瞰しカメラを構えた。少し撮ったあと女の子のパンティーをさげて最後の数枚を撮った。

 少年時代、意味さえ告げられることなくベッドサイドに置かれたフランス人形が半世紀の時を経て生きた女の子になって僕の前に現れたのかもしれない。もし夏といっしょにあの子がいなくなったらとても寂しい。女の子の名前は美月。やっぱり美しいという文字が入っている。

                   ﹆






□27th個展にて展示します。


2014-08-31 : 27th個展へ向けて : コメント : 0 :

『risuと猫の夏』



2014.8.18 model*risu
                 ﹆

 risuは、身体はもうりっぱな大人ですがまだ童顔のキュートな女の子です。僕が撮りたいのはrisuの夏なのですが、そこに妄想が入り込むことは避けられそうにありません。risuにはこれから少しずつ謝って、その倍ぐらいお願いをするつもりです。

 僕は予定を変更して電車に乗ることにしました。いま僕は少し理由があって、この街から離れてしまおうと思っているのです。今日会う予定だったrisuには少し悪いけど、美しい公園へ行ってイチョウの大木の脇にある東屋で抹茶アイスを食べる予定を変更して、こうして多摩川へ行く電車に乗っているのです。

 多摩川に着きました。なんという暑さでしょう。一気に汗が噴き出してきました。土手を乗り越えて橋の下へ向かうと猫が2匹いました。risuは猫が好きだと言って、猫の脇に座って手を差し出しました。

 巨大な橋の欄干の脇の日陰は川を渡ってくる風で少しひんやりしました。僕はまずrisuに胸を見せるように言いました。何度もなんども見せてもらいました。つぎに「これが最後のカットだよ」と小声で言って「パンティーを見せてごらん」と言いました。その次に「こんどこそ最後だよ」とささやいて「脱いでヘアを見せてごらん」と言いました。

 僕がリスを撮っている間、ずっと猫がこちらを見ていました。(たぶん)実はここに来る前に僕たちのほか誰も乗っていない電車の中でリハーサルをしました。その時に少しrisuの胸を見せてもらっていました。

 暑さにももう飽ちゃったね。おっつけ夏も終わりだね。だといいけれど・・・
  

  
                 ﹆


□個展では別カットを展示します。。
□写真について毎日ツィートしています。Twitter→→





2014-08-25 : 27th個展へ向けて : コメント : 0 :

魚返一真写真塾へどうぞ

魚返一真写真塾はモデルとカメラマンがマンツーマンで撮影を学ぶ少人数制の写真塾です。
参加ご希望の方はメールでお申込ください。

□魚返一真写真塾⇒⇒こちら。。。



2014-08-24 : 写真塾 : コメント : 0 :

『ふたりの乳房』




2014.8.16 model*たま子+みか

                  ﹆

  湿度の高い空気はこれ以上水分を含むことに耐えきれず雨粒を降らせはじめた。しかし、僕が撮影を止めなかったのは、すでにたま子は品の良い半袖のワンピースの胸元から乳房を露にしていていたからだ。

 抱き合ったたま子とみかは姉と妹のように見えなくもない。僕はそれが嬉しかった。みかの豊満な乳房は男として魅力的なのは言うまでもないが、それに比べると小ぶりだが形の整ったたま子の乳房は美しく品があった。

 僕はすでにピンク色の乳首を雨滴に濡らしたたま子に、その左手をみかの背中から乳房に回し手ブラをすることを求めた。しかし、たま子の手のひらがみかの巨乳を覆ってしまえるはずはなく、かえってみかの乳房が大きいことの証になっていた。

 若い二人の乳房をライカのブライトフレームに入れたとき一旦僕の心は満たされたが、それは別の欲望が始まる前兆にすぎなかった。

                  ﹆


□27th個展にて展示します。



2014-08-23 : 27th個展へ向けて : コメント : 0 :

ALL GIRL を展示中


BviazRmCQAAef0pjpg-large2.jpeg



本日より8/27(水)まで新宿高島屋11階で開催しているクラシックカメラ博にて、魚返一真写真塾メンバーによるグループ展『ALL GIRL』を展示しています。よろしければお運びください。
2014-08-21 : グループ展 : コメント : 0 :

日本カメラに掲載

nipponcamera-2.jpg


8/20発売の日本カメラ9月号(特集ザ・ヌード2014)に魚返一真の作品とインタビューが掲載されています。ぜひ読んでもらいたい内容です。この特集では、魚返一真の他にクロダミサト、小森裕佳、櫻井龍太、伴田良輔、村田兼一、薮乃理子、横木安良夫、の各氏が寄稿されております。

                  ☆

□昨年、今年と連続して僕のようなマイナーな写真家にページを割いてくださった編集の村上仁一氏及び、めちゃくちゃな僕の猥談を上質にまとめてくださったライターの市井康延氏に感謝いたします。なお、別冊『The Nude』(日本カメラ社9/3発売予定)でも魚返一真の作品が掲載されます。


※8/19発売と書いてしまいましたが、8/20発売の間違いでした。ごめんなさい。




2014-08-19 : 27th個展へ向けて : コメント : 1 :

『蛍子の夏」(ほたるこのなつ)





2014.8.8 model*蛍子

               ﹆

 この女によってどこまでも伸びることを許された黒髪は先端が尻の下まで這っている。潤んだ眼差しは一見穏やかで人に語りかけるように優しく身体は程よくふくよかで昭和女を好む男にとって理想である。この女の柔軟な肌に触れた男は即座に心身ともに穏やかならざる変化を自覚する。やがて、男は間断なくやってくる肉欲を抑えきれず眠れぬ夜を幾晩も過ごすことになる。ついに男は女を手に入れるためにあらゆる計画を思案する。そんな危険な魅力を秘めた女の名前は蛍子、妖艶な名前である。

               ﹆
 
 それは暑い日だった。私は蛍子と連れだって武蔵野の茂みを歩いていた。私の斜め後ろを足音もなくついてくる蛍子の方をみると、やわらかい笑顔を返してくるが言葉はなかった。なんど話かけても蛍子の答えは曖昧で声は遠くを飛ぶ鳥のようだった。

 私はシダが生えた薄暗い一画を見つけると地面に赤い布を敷いてその上に蛍子を立たせた。蛍子の古めかしい美しさは、例えば夏の幽霊のように妖艶だった。私の手は、ポーカーや将棋、麻雀のような勝負事において手元にまたとない切り札を得た時のように震え、夕立を浴びたようにしたたり落ちる汗が今の自分がぎりぎりの心理状態であることを表していた。空気は噴霧を浴びたように湿り、蛍子の体臭はその空気に溶け込んで周囲に浮遊していた。

「胸を出しなさい」私は勇気をだして蛍子を支配するような態度をとった。
「・・・」蛍子は素直に従った。そして私は蛍子の両手首に手錠をかけ拘束したのだった。

 私は無抵抗な蛍子の汗ばんだ乳房に長い黒髪がまとわりつくのを嫌って何度か払ったが、そのたびに髪はしつこく乳房にからみピンク色の乳首を隠してしまう。私は暑さと強い興奮がもたらす目眩で的確なカメラワークができなくなっていた。しかし私は構わずズミクロンとトライXを信じてライカのシャッターを押したのだった。

 私は蛍子が怖かった。それは蛍子から逃れたいというよりこの女のすべてを暴いてしまいたいという誘惑に対する恐怖だった。

               ﹆




□27th個展にて展示します。

2014-08-13 : 27th個展へ向けて : コメント : 0 :

HPの閉鎖について

2000年からつづけてきた現在のHP(Limit)を閉鎖に向けて作業をしています。
このHPは多田淳氏によるデザインでした。多田氏は有能な暗室家で当時は大変お世話になりました。
なお、今後につきましては、新HPを開設するか否かも含めて検討中です。

写真家として作品を撮ることにできるだけ専念したいという強い思いがあります。
それを実行に移すなら、残念ですが面倒なネットでの活動を制限せざるを得ないのです。
良い作品を撮って皆様にご覧いただくこと、それを長年実行してまいりました。
死ぬまでつづける覚悟はできております。

今後は、このブログとツイッターを中心に発信して参ります。
新たにHPを開設する際はご案内いたします。
魚返一真作品の応援をよろしくお願いいたします。

2014.8.11 妄想写真家・魚返一真

魚返一真のTwitter→→


2014-08-11 : コラム : コメント : 0 :

『夏休みのレッスン』


○作品はGalleryにてごらんください⇒⇒こちら


2014.08.01 model*みか

               ﹆

 雑木林に囲まれた古い洋館のほうからピアノの音が聞こえてきた。銀行の支店長がこの小さな町へ赴任してくると代々この家に住みついた。つまり、ピアノは支店長の娘が弾いているのだ。そのころ僕は小学生で、この家の庭にこっそり入り込んでは娘を探したが、とうとう娘を直に見ることはできなかった。だが、確かにピアノの音は聞こえていた。それもかなり上手だった。「エリーゼの為に」や「乙女の祈り」みたいな手習いではなく、時として優雅で叙情的、また激しく感情をむき出しするような本格的なソナタだった。それがベートーベンのピアノソナタだとわかったのは僕が大学生になってからだった。
 
               ﹆

 みかと僕は雑木林へやってきた。みかはお嬢様のような服装をしている。ミニのフレアスカートから少し日焼けした太めの足を出し、白い半袖のブラウスの胸元をぱんぱんに膨れ上がらせて、無頓着な表情で僕を見た。みかはエロチックな娘だが大人の色気のように汚れていない。みかは豊満な身体をもて余し気味にしているところが少女的で、まだ賢く振る舞うことを知らない無垢さが、僕の心の奥底にある隠れた少女崇拝を呼び起こした。

「みか、夏休みの個人レッスンをしよう」
「はい。どんなレッスン?」
 僕は持ってきたヘンレ版の分厚いベートーベンのソナタ第2集を手渡した。

「ボタンはずせる?」
「はい」
「パンティーを脱げる?」
「はい」

 僕は家に帰ってからバックハウスのテンペストを聴きながら、この文章を書いている。





□27th個展にて展示します。


2014-08-10 : 27th個展へ向けて : コメント : 0 :

『老人と僕の午後』


               ﹆

 猛暑の午後、僕は帽子をかぶって上水脇のじゃり路を歩いていた。数メートルおきにやってくるケヤキが作る陰を楽しみに、そして眩いばかりの陽射しを恋人あつらえて、石ころに足首をくねらせながらゆっくり歩いていた。僕は身も焦げてしまいそうな暑さから逃げられない状況に置かれたことがなんとなく嬉しかった。

 僕と同じような帽子をかぶった老人が二十メートルほど向うから歩いて来る。グレーのズボンに白い開襟シャツを着ている。だんだん近づいて数メートルのところまで近づいて、互いに一つのケヤキの陰に納まったところで、ふたりは眼を交わした。僕は何となく会釈をした。年上の先輩という尊敬の気持ちからだった。すると、その老人は立ち止まり身体を直角におり深々とお辞儀をしたのだった。あわてて僕は「こんにちは」と言った。そして、ふたりはすれ違い、そして遠ざかった。
 少し歩いて老人の方を振返ったとき、僕の眼から涙が溢れた。そんな夏のたわいもない一瞬が僕の心を切なくしたのだった。




2014-08-06 : 詩と写真と : コメント : 1 :
ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター