『愛人』





「カーディガン」
2015.3.25 model*美乃里

                  ⁂

 女は愛人。言葉づかい仕草とも品があり服装は保守的である。白く透き通った肌の下にうっすらとついた贅肉が色気を醸し出している。そしてカーディガンからこぼれる美しい乳房。この女を囲っているのはどんな男だろう。そもそも愛人とは?それは、遊戯です。互いに束縛し合うことでできる囲いの中で遊戯を共有しそこに幸福を感じるのです。女はそっと下着を下げた。

 愛人にはカーディガンが似合う。


                  ⁂




                ***********



「浴衣」

2015.3.25 model*美乃里

                  ⁂

 女は愛人。浴衣を着ると男との間に絆が生まれる。女は帯をとく。女の背中からお尻には愛された時間が刻まれ一皮むけば熟れた果実のような血肉がそこにある。完成された女には儚さがある。

 愛人には浴衣が似合う。
                  ⁂


□さらに「浴衣」をご覧になりたい方は拍手をお願いします。
□27th個展にて展示。
□作品はこちらでご覧になれます・・・Kazuma Ogaeri MOSO



2015-03-30 : 27th個展へ向けて : コメント : 0 :

27th個展日程


第27回・魚返一真個展の日程が決まりました。
2015.9.22tue〜27sun
渋谷ギャラリー・ルデコ5

この日は同ルデコにて2F.3F.でそれぞれ同時開催いたします。
2F...魚返一真・写真塾グループ展『ALL GIRL.5』
3F...井上和俊写真展『BENCH GIRL』


以上、ご報告いたします。




2015-03-27 : 27th個展へ向けて : コメント : 0 :

『NO.24 どっちを選ぶ?』・・・魚返の結論


□今回も多くの方の投稿ありがとうございました。

投稿者数16名
A=7
B=9
 ちなみに、投稿してくれた女性全員がAを選んでいます。これはとても重要です。

 僕は『B』を選びました。憂いのある美しい日本人女性が表現されていると思います。カラーも毒気があり魅力を感じます。とても迷いました。バライタプリントをギャラリーで展示して観たいと強く思いました。
 デジカメを買ってもうすぐ三ヶ月。モノクロフィルムとデジタルを比較するのが面白いと感じています。今後デジタルで撮ったカラーはさらにデジタルらしい表現に挑戦し、モノクロは従来のシックな表現に磨きをかけたいとおもいます。いよいよ春到来、屋外での作品が増えます。そこでは、やはりカラーはフィルム(ポートラ)ですね。

□次回の『NO.25 どっち?』におきましては、さらに多くのコメントを頂ければ幸いです。

-----------------------------------------------------------------------------------

1. みやこさん=A
いろいろ色彩について良く観察してくださってありがとうございます。暖かいコメントにいつも感謝しています。

2.ハレタさん=B
たしかに肌の感じはフィルムが良いですね。かなり印象が違いますね。四月はハレタさん向きの塾開催があります。

3.SKさん=B
おっしゃるとおり、胸に視線が行きますね。無修正版を是非ごらんいただきたいです。

4.高橋さん=A
垂直は良いと感じた構図で撮影した結果です。高橋さんのおっしゃる実行感度というのは実効感度のことだと思いますが、ISO感度と実効感度は別のものです。「同じISO(感度)で撮影されています」に問題があるとは思えませんが、考えぬかれたコメントには感謝いたします。
※意味が良くわからない方のために最後に補足しました。

5.安東太吉さん=B
安東さんはご自身もモノクロがお得意でしたね。また掲示板に投稿してください。楽しみにしています。

6.井上さん=B
まったく同感です。広角を使える井上さんならお分かりだと思いますが、広角のやや上からのアングルは難しさもありますがテンションが出ます。

7.カホリさん=A
たしかに和服特有の色がわかるのはAですね。また投稿をお待ちしています。

8.北川さん=B
女性の肌はモノクロで撮るのが美しいです。実はこの作品は明かりに凝っています。背後からの外光と前方からのタングステン光に板挟みの女性が浮き立つようにセッティングしました。

9.あらかき@沖縄さん=A
色を求めたい。良い言葉です。確かに僕もそう思ったのは事実です。イルフォード3200はコントラストが低いです。アンダーだとせっかくの肌が沈む感じがします。一度ためしてみてください。

10.gemmaさん=A
ガーリーな奥ゆかしさ、、なるほど言い得ています。可愛らしさではAという意見にも納得します。

11.うっちぃさん=B
いろいろ深く考えてくれありがとう。自分にとって写真とは何かはいつも考えます。何のために行きているか?それは生きたいからです。今回も深読みしてくれてあらいがとうございます。深読みはあなたの写真に生きる時があるはずです。

12.euさん=A
違和感についてはご指摘のとおりです。いつも写真に違和感を隠し味にしています。おっしゃるとおり「狂気」はAですね。

13.あきもさん=B
高感度フィルムは使い方次第でやわらかく仕上がって雰囲気があります。是非、あきもさんも使ってみてください。実はこの作品は陽水の「カナリア」のようなイメージだったのですが、、、

14.しのさん=B
高感度フィルムは粒子が粗いです。そこが魅力なんです。カラーの「あれ」というのは何の意味でしょうか。

15.すずき@札幌さん=B
どちらも素敵、、ありがとうございます!

16.文絵さん=A
やはり色ですか。女性はみなさん、色で選ぶという事実は大変参考になりました。ありがとうございました。

-----------------------------------------------------------------------

                  ⁂

※→補足**
以下はブログをお読みになってくださったフィルム初心者の皆さんに補足説明させていただきます。

今回の場合は現像後のフィルムはほぼ適正露出で仕上がっています。そしてそのままノーマルでスキャンしたのがブログの画像です。明るさを調整していません。

その理由を説明します。僕は塾ではいつも言っていますがフィルムの場合はほとんど+1.5補正から+2補正で撮影しています。今回も+1.5補正の露出にシャッタースピードと絞りを調整して撮影。つまり実効感度とISO感度との乖離を修正しプロラボ(堀内カラー)でノーマル現像(ISO感度3200で現像)しました。

もし現像後アンダーに仕上がったとしても通常ならノーマル(気に入った明るさ)に調整してプリントします。ブログにアップする場合も同じでフィルムスキャン時にノーマルに調整した画像をアップします。(またはスキャン後にフォトショップなどで調整する)アンダーで撮影したからといってアンダーのまま発表する人はいません。

フィルムについて補足します。イルフォード3200の場合は現像時にISO1600、ISO3200、ISO6400のいずれかを選択ができますのでラボ窓口でどのISO感度で撮影したか必ず確認されます。実効感度には個人差がありイルフォード3200の実効感度は1000と言い切れません。つまり、1600という人もいれば800という人だっています。再度書きますと、今回はISO感度3200でノーマル現像しました。

余談ですが、昔はアンダーで撮って焼付け時に調整する方が良いと言う人もいて、実際に僕もアンダーで撮ったフィルムを暗室でノーマルにプリントしていました。デジタルでも晴天の屋外では白トビを避けるためにアンダーで撮ってあとで調整することがあると思います。

いずれにしても、今回の場合はブログ上の画像を比較して頂いて何ら問題はありません。

                  ⁂





----------------------------------------------------------------------



「A」


「B」




 連続して『どっち?』をアップします。

               ⁂

 今回はあなたの選び方によって、全作カラーもしくは全作モノクロだけの個展を開催することになると考えてみてください。2枚とも同じレンズ、同じISO(感度)で撮影されています。ただし、多少タイムラグがあってアングルが違います。

 さて、あなたはきらびやかなカラー開催?それともシックなモノクロ開催?

               ⁂

『Birdcage』model*mayumi
※両作品とも胸部を修正しています。

「A」=SONYα7+ズミクロン35mm ISO3200
「B」=ライカM4-P+ズミクロン35mm イルフォード3200

□コメント欄に「A」「B」いずれかを選んで投稿してください。投稿者が20名に達したら僕の考えを発表させて頂きます。

               ⁂






□遊びのつもりでお気軽に投稿してください。お待ちしています。

■3/12,11時現在 投稿者13名。
A=6
B=7


2015-03-18 : どっちを選ぶ? : コメント : 16 : トラックバック : 0 :

『メランコリックな空』



2015.3.13 model*YANAMO,KANADE

                  ﹆

 あなたの心の中にある空は何色でしょうか。朝の霞む水色、晴れ渡った午後の青、夕暮れ時の赤など美しい空を想像するでしょう。僕がもっとも思い出深い空は2011年の夏に大分の山間部で出会った空です。不穏な藍色と潔癖な白で描かれた荘厳な空でした。その時の僕は心の中に悲しみを抱えていたせいでしょうか、空は単なる空には見えませんでした。恐ろしささえ感じさせるその深さは僕を飲み込んでしまうばかりか、これで何もかも世界さえ終焉を迎えるようでもありました。僕は空に向けてローライフレックスのシャッターを押しました。その日は不安と安堵の入り交じった憂鬱な気持ちでした。

 僕の心の中に映る物語の登場人物は、大人の性へいざなう全裸の女と少年がいるべき場所にひきとめようとする女子中学生です。女は木製の椅子に座り両足のかかとを椅子に載せてヨガのポーズように開脚し、ケミカルテクノロジーの十センチもある分厚い本を手に持ち女の前に立つ僕に向けてページをめくり、それに合わせて陰部を二枚貝のように開いたのです。女子中学生は「いけないわ」と裸の女の肩に手を置いて懇願しました。そして、二人を覆っているのは、あの憂鬱な空だったのです。

                  ﹆



□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。



2015-03-14 : 27th個展へ向けて : コメント : 0 :

『NO.23どっちを選ぶ?』・・・魚返の結論



                ♯

 毎回みなさんの投稿に感謝しています。今回の『どっち?』は三択でした。選択肢が多いと考えてしまいますよね。僕も個展や作品集のたびにセレクトで苦労しています。しかし、いずれかを選ばなくてはなりません。僕の場合は他の作品との兼ね合いや、自分の作風、展示や収録など発表形態の違いなどを考慮してセレクトしています。しかし、今回ははっきりしていました。カメラが好きだという気持ちが決断させました。
 
 僕は『B』を選びました。『これって写真をわかった人が撮ったっぽい』という少年のような感動が理由です。ズミクロン35mmで撮影したフィルム作品への崇拝の念がそこにはあります。『A』はとても良いけれど何故かもの足りない。それは、もしフィルムなら難しいはずなのにデジタルだと簡単に撮れてしまったことと無関係ではないと思います。観る側と撮る側の意識の違いがあると思います。『C』はまだ僕にはこれを堂々と飾る勇気がありません。どんどんこの味の写真を撮る自信ができれば将来選ぶかもしれません。ほんの偶然撮れたにすぎない感じがします。


◎ギャラリーではB、写真集にはAというのが今の考え方です。(他の作品との兼ね合いで変更もありうる)実際のところどれを選んでも不正解ではありません。

                ♯

□3/6、9時現在,投稿者16名
A=7
B=4
C=5

1.富山のSさん=A
単なる好み。僕も基本的にはいつもそうしていると思います。

2.みやこさん=C
ジェマちゃんは非常に良いモデルだということが最近またわかってきました。それは単に美人であるということではない何かですね。彼女には悪いけど、あの目つきは画面を引き締めています。単に愛らしいというモデルに対してちょっと毛嫌いするのはそこですね。

3.あらかき@沖縄さん=C
確かにCはキャッチーです。良い写真だと思いますが僕にはこちらを選ぶ勇気がまだないようなのです。

4.高橋さん=C
色相、、、は気づきませんでした。αで撮ったCも良いですよ。もしBのモデルがただのマネキンに見えていたら嬉しいかも。

5.安東太吉さん=A
マスクがお好みとのこと。今回は風邪をひいた妹に薬を飲ませるというストーリーで撮り始めました。そのうち、マスクが邪魔になりました。Bの制止感、良いですよね。

6.北川さん=A
見てはいけないものを覗いている。。。僕の基本的な撮影スタンスを理解してくれてありがとう。

7.うっちぃさん=C
たしかに表情がわかるのはCですね。前回のような難解な解説を期待していたので、少し残念。でもありがとう。

8.しのさん=A
間違い探し的な、、、う〜、鋭い。どこかに間違いがあると画面にテンションが生まれます。

9.jemmaさん=C
なるほど、的確な解説ありがとうございます。遠くから賛美歌が聴こえてくるような作品のつもりでした。

10.darkgrainさん=B
屈折した解説が面白いです。ありがとう。

11.すずき@札幌さん=B
なるほど二人の非現実感。良く観てくれてありがとうございます。

12.ネコさん=A
モデルのお嬢さんはとっても肌が美しく撮影後ご本人に伺ったところお母様譲りだとか。本当に肌がきれいでした。

13. あきもさん=B
世界観がわかる作品、、なんとういうお褒めの言葉でしょうか。

14.SKさん=B
短いコメントですが、僕と同じ気持ちのようですね。

15.直樹さん=A
おっしゃる通りだと思います。毒々しさやまがまがしさはカラーの方がやや表現されているかもしれません。

16.伊藤さん=A
投稿ありがとう。



□次回も皆さんの投稿をお待ちしています。








---------------------------------------------------------------------




今回は3枚の中から選んで頂きます。あなたの好きな写真はどれですか?コメント欄に投稿してください。投稿者が20名になったら締切り僕の意見を書きます。専門的なことは抜きにして結構です。気軽に遊びで投稿してください。


A=カラー作品 SONY α7+Distagon35mmF2.8
B=モノクロ作品1 ライカM4-P SUMMICRON35mm Tri-X
C=モノクロ作品2 ライカM4-P SUMMICRON35mm Tri-X




(A)


(B)


(C)



□3/6、9時現在,投稿者16名
A=7
B=4
C=5






2015-03-06 : どっちを選ぶ? : コメント : 16 :

『Birdcage』





2015.3.3 model*mayumi

                    ﹆

 この空間は少年時代のある瞬間に心のおく底に棲みついたわだかまりを視覚的に表現することのできる才能を持った者による芸術に他ならない。この空間は人を安らかにする反面、ここに滞在すれば時間の長短にかかわらず何者かの魂の一部が皮膚の下にまで浸透し少なくとも一晩は憑かれたように精神を病む。三度訪れ二度はそうなった。言わば魔法を宿した部屋なのかもしれない。

 浴衣の女を部屋の角に置いた椅子に座らせた。意図的にくすませたような色合いの壁のあちこちに八センチ大の虫のようなものが無造作に描かれている。正しくは虫ではなくダニである。しかしダニの研究家でもないかぎりすぐにダニだとわかる者は誰もいない。

 部屋になにげなく放置してある真ちゅう製の壊れた鳥カゴを女に抱かせた。カゴには一羽のひな鳥の剥製が入っている。その鳥をよく見ると双頭のひな鳥である。気味が悪いがその神秘さから不思議な気持ちが勝ってしまう。絶妙。つまり女と双頭のひな鳥が似合うなんて初めて知った。さて、女の後方の壁に額入の絵が飾ってある。近づいて見ると割れた卵が描かれていて、その卵の殻には穴が開き、そこからどろりと濃い黄色い液体が流れ出ている。むかし、飼っていた鶏が生んだ有精卵が孵ることなく、結局親鳥がくちばしで殻に穴を開けた時の記憶が甦った。その時もやはり黄色い液体が流れ出たと思う。

 女が浴衣の前をはだけると日本的な愛らしさを体内から滲ませた。何と美しい横顔だろうか。ああ、この女の小さな唇とこぶりな乳房に二つの乳首、そして双頭の雛。あとは何もいらない、それだけで充分ではないか、と満たされた気持ちが血管を流れていく。

                    ﹆


□この作品修正しています。
□27th個展にて無修正版展示。







2015-03-04 : 27th個展へ向けて : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター