月刊カメラマン8月号(7/20発売)号に魚返作品掲載


07191231_578d9f2a3c75b.jpg

カメラマン誌8月号・着衣のエロス2016 Summer(58.59P)に3作品(扉に1作品)が掲載されています。掲載された作品は28th個展で展示予定です。




                  ﹆



2016-07-20 : コラム : コメント : 0 :

『My Back Pages』・・・撮影報告



2016.7.19 model*wakana

                   ﹆

 白い肌に傷をつける。僕にはそういう行為をする意味がわからない。身体のあちこちに着けたピアスもどうしてなのかわからない。もしわかったとしても恐らく勘違いか錯覚に近いはずだ。

 女は白い半袖Tシャツを着てジーンズのショートパンツを履いている。長い手足は服から生え出ているみたいで昆虫みたいだ。「君、部活やってた?」「テニス部です」「なるほど白いスコートが似合いそうだ」やがて女は自らの白い肌に爪を立てる。数秒が経過すると爪に引っ掻かれた所は赤い筋となって痕が残った。この出来事が今年の夏を象徴する個人的な思い出になるには、例え僕が若いつもりでいても、やはり僕では歳をとり過ぎていると思った。つまり、少年にしかないみずみずしい感性が不可欠だと感じていた。残念ながら名曲“My Back Page”のようにはいかない。しかし、タイムスリップできるなら、これを半世紀も前の少年時代の思い出のひとつに着け加えて過去を塗り替えてもいいとさえ思ったほど、女は古風で美しく傷痕は艶かしかった。

 撮影が終わった時に見上げた空は完全に少年時代のあの夏と同じだった。「あのね、次の撮影では川に入って欲しいな、その白い肌を水の底に沈めてみたいんだ」「ええ、私でよければ」少年時代の僕は度々川底の岩が少女の肉体に見えていた。

                  ﹆


□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。






2016-07-19 : 28thに向けて : コメント : 0 :

『妄想カメラ#2016』DM


スクリーンショット28thDM


□第28回魚返一真個展『妄想カメラ#2016』のポストカードができました。
※このDMデザインは変更の可能性があります。

2016.9.20tue -- 9.25sun 11:00 -- 20:00(最終日17時まで)
□アートコンプレックス・センター ACT.4(Artcomplex Center of Tokyo = A.C.T)
The Artcomplex Center of Tokyo
〒160-0015 東京都新宿区大京町12-9
http://www.gallerycomplex.com

□新作を展示します。
□第6回魚返一真写真塾グループ展『ALL GIRL .6』も 同ギャラリーのACT.5にて同時開催します。


※このDMが欲しい方は下記までメールで宛先などを送ってください。
 ad28682@ha.bekkoame.ne.jp (魚返一真)

●フランス版"MOSO"の詳細はこちら⇒⇒○○


2016-07-19 : 28thに向けて : コメント : 0 :

G6『ALL GIRL .6』 展示場所

9/20tue -- 9/25sun アートコンプレックスセンター ACT 5にて開催する 魚返一真写真塾・ALL GIRL.6の展示場所が下記のようになりました。
G6.png

A.井上和俊
B.秋元達夫
C.真凛
D.西牧直樹

1.坂本ミツキ
2.鈴木碧
3.田代俊一
4.しのざき
5.Choku
6.篠田アキヒロ

□7/17(日)の塾開催後、参加者とモデルによる厳正な抽選により以上のとおり決まりました。
□1〜6=約2メートル、、、A〜D=約4メートル。。

2016-07-19 : グループ展 : コメント : 0 :

『夏の雲を慕う』・・・撮影報告


2016.7.10 model*tamako

                   ﹆

 ふと懐かしい気持ちになった。“HOSONO HOUSE”を聴いていたからかなと思った。駒沢裕城のペダルスチールが流れると僕は心の中で涙をこらえる。空を見上げると少し夏の雲があった。そうだ、僕たちは川へ行かなくちゃ。少し暑いけれど川沿いを歩こうよ。ねえ、君のこと教えてよ。先輩のこととかも。もちろん、僕のことも話してあげるから。夏草たちが聞き耳を立てているんだ。昔と同じ土の匂いと水のきらめき、そんな当たり前のことが僕に大切なんだ。もちろん、君を撮れることも。

 娘はアイボリーのブラウス、水色に花柄の綿のロングスカートを着てひらひらのついた日傘をさしている。つまり、僕たちの青春時代のアイドルみたいだ。ほらあの雲、もうすぐ夏が来るね。もう少し川沿いを歩こうよ。あの橋のたもとまで歩いたらブラウスのボタンを外してごらん。それで僕は幸せ。

                   ﹆


□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。





2016-07-10 : 28thに向けて : コメント : 0 :

ALL GIRL .6 ・・・第六回魚返一真写真塾グループ展DM


スクリーンショット(2016


写真塾を始めて12年たちました。
9月に第六回魚返一真写真塾グループ展 ALL GIRL .6を開催します。

2016.9.20tue -- 9.25sun 11:00 -- 20:00(最終日17時まで)
□アートコンプレックス・センター ACT.5(Artcomplex Center of Tokyo = A.C.T)
The Artcomplex Center of Tokyo
〒160-0015 東京都新宿区大京町12-9
http://www.gallerycomplex.com

□第28回魚返一真個展『妄想カメラ・2016』も 同ギャラリーのACT.4にて同時開催します。


※DMデザインは変更する可能性があります。






2016-07-08 : グループ展 : コメント : 0 :

『カナリア諸島にて』・・・撮影報告


2016.7.2 model*Olivia

                  ﹆

「『カナリア諸島にて』っていう曲を知っている?大滝詠一のアルバム “A LONG VACATION“に入ってる曲だよ」と僕はエキゾチックな顔をした娘の瞳を覗き込むように言った。
「私、知りません」と娘は、いきなり私にその質問をする意図はなに?みたいな怪訝な表情で言った。
「だからさ、僕が覗いているファインダーの中の君を含めた世界がさ、まるでカナリア諸島の出来事みたいだから・・・」
「私、その意味がよくわかりません」
「いいんだよ、わからなくたって、大滝詠一だってカナリア諸島に行ったことないのにあの曲を書いてヒットさせてしまったんだからね。ほらこれをごらんよ」と言って、僕はデジタルカメラのディスプレイに今撮ったばかりの写真をリプレイして娘に見せた。
「あっ、ほんとうだ!カナリア諸島って感じする」
「ほらね。僕たちはひょいとカナリア諸島に飛んでいって撮ってきたのさ」

娘さん、あなたは何て美しいのでしょう。
カナリア アイランド カナリア アイランド 風も動かない・・・


                  ﹆




□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。





2016-07-03 : 28thに向けて : コメント : 0 :

『微笑』・・・撮影報告



2016.7.1 model*蛍子

                   ﹆

 女の奥深さのようなものを漠然と考えていた。誰だっていつもは決して見せない何かを隠し持っているに違いないのだ。この女の場合のそれは何だろう。カメラを向けると、いつもどおり妖艶な表情に変わった。そして肉体はその精神に追随するように血の気を増していった。やはり、この女の妖艶さを怖いと感じたのだった。次の瞬間に、女は何故か静かに微笑んだ。そして次第にその微笑みは笑いへと変化していった。あれ、この女も笑うんだ。それもこんなに美しく。女は熟した乳房を露にしたまま空を見てまた笑った。僕は「美しいじゃない、あなたの笑顔」と意外だという表情を込めて言ったのだった。

                  ﹆



□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。



2016-07-03 : 28thに向けて : コメント : 0 :

『むかしの話さ』・・・撮影報告


2016.6.30 model*祥子

                  ﹆

 娘とムラサキツメグサを摘んだ。

「シロツメグサなら知っているけど、ムラサキ?この数年の間に世の中にムラサキツメグサの群生があちこちに増えているような気がする。ずっと昔、そうだな、僕が少年だったころのこと、もう半世紀も前になるけどね。僕はシロツメグサやれんげ草を摘んで花冠を作ったんだ。僕は花冠を作ることにとても喜びを感じていた。どれぐらいの喜びかというと、戦艦大和のプラモデルを作るよりずっとだったな。何を言いたいかというと、少年時代にムラサキツメグサなんて見た事もなかったってことだよ」
「わたしは花の冠をつくれるかしら」
「僕は作れるよ、まず最初の花のすぐ下に次の花を置いて、最初の花の茎に次の花の茎をぐるりと巻き付けて後方の上から前に返し下におろすんだよ。ほらね、これを繰り返す。二十本もあればできる」

 三年前にギャラリーに飾ったある写真の前に立っている娘の後ろ姿が懐かしかった。「あの、すいませんが写真を撮らせて頂けませんか」とそっと言った。それからずっと娘を説得している。一度撮らせてもらったにもかかわらず、まだ説得している。この娘の奥ゆかしさとかたくなさは小さい頃に僕の周囲にあったありふれたものだった。それは今はもう失われたもののような感じがする。でも、娘はそれをずっと持ち続けている。奥ゆかしさとかたくなさ・・・。僕はこの娘に深い愛着を感じる。そして娘を見ると深い寂寥感に襲われる。ああ、懐かしいあの時代。あの半世紀前の良き時代よ。僕は娘に花冠を手渡して「上着を脱いでキャミソールの肩ひもを外しなさい。あのね、半世紀前だったらこれだけでエロかったんだよ」と言いながらシャッターを押した。

                  ﹆



□この作品をご覧になりたいと思う方は拍手をお願いします。





2016-07-01 : 28thに向けて : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター