FC2ブログ

『初夏を慈しむ』

20180429DSC04805BW-4-600web.jpg

2018.4.29 model*のぞみ

                  ﹆

 桜の季節が終わり、やがて初夏になると僕の精神は安らかになります。初夏とは、桜を愛せない人が救済される時なのです。小鳥たちが狂ったみたいにさえずるように、僕も老齢なりに眩い初夏を迎えてはしゃいでいました。

 娘を見たのは数日前。その日、僕は初夏に相応しい娘との出会いを願っていたのです。僕は街に出て汚れのない女の子を探しました。こうして出会った娘がのぞみだったのです。白い肌、清楚な笑顔、育ちの良さそうな仕草。この娘を初夏の中に置いてみようと思ったのです。

 今日の午後、僕はのぞみと共に初夏のドまん中にいました。僕は少しがっかりしていました。それは、のぞみの服が黒かったからです。初夏のイメージとは異質の黒いワンピースだったのです。しかし、意外にもその黒い服は僕がこの娘にやって欲しいと考えていた儀式に相応しかったのです。さあ、初夏を慈しむポーズをやってください。のぞみは初夏の雑木林の中で美しく輝きました。

                  ﹆

□この作品に興味がある方は拍手をお願いします。



2018-04-29 : 32th個展に向けて : コメント : 0 :

『タンポポのラプソディー』

20180424DSC04696BW-2-600web.jpg


2018.4.24 model*オリビア

                   ﹆

 初夏は何もかもが狂ったように騒ぎ立てるのだった。地球上のすべての植物と動物たちは何かをしなければならない季節である。さて、僕はどうだ?基本的に何もしたくないのである。がしかし、そうは言っていられないとも思うのだった。オリビアに撮りたいと伝えたら、海辺の清潔な街を早朝に出てこちらに向かっている。僕も彼女が駅に着く時間に合わせて車を走らせている。カーラジオを付けるとラプソディー・イン・ブルーが流れてきた。うむ、そう来たか。今日の撮影はそういう写真のつもりじゃなかったけど、ラプソディーを撮ろうではないか。

 僕たちはあの丘を目指した。そう、この季節にタンポポが群生するあの場所だ。だるい身体に気合を入れて歩く。つまり若いオリビアに負けないように。今年はタンポポが咲くのが早いみたいだ。なんとすでに黄色い花と綿毛とが半々になっていた。それより驚いたのは、今年のタンポポの数の夥しいことだった。

「すごい!」
「ほんとうだ、すごい!」
「さあ、撮ろう!」
「わたしはどうしたら良いでしょう?」
「さあ、わからない」

 すると、ポツポツと何かが落ちてきた。タンポポの根の周囲に五ミリぐらいの実が落ちている。その実も夥しい。この実を目当てにやって来た鳥たちもたくさんいる。何もかもが狂ったみたいに夥しい。

「オリビア、そこに座って、脚でも持ち挙げてはどうだろう?」
「はい、その意味はさっぱりわかりませんが、そういたします」
「意味?もちろん、ラプソディーだよ」

                  ﹆

□この作品は九月に開催する個展『妄想ガール・コレクション』で展示します。
□気にいた人は拍手してね。



2018-04-24 : 32th個展に向けて : コメント : 0 :

『初夏にうごめく』


20180422DSC04289BW-1-600WEB-2.jpg



2018.4.22 model*たま子

                  ﹆

 四ヶ月以上も作品を撮らなかった。いや、撮れなかったのです。心の中に燃えるような血潮を感じたくて、ずっと待っていたのです。血潮、それは清楚でありながらエロチックでなくてはなりません。例えれば、マーラーのアダージェットを聴いた時に湧いて来る安らぎの一種とでも言えるものです。

 とうとう初夏を迎えてしまいました。そして、久しぶりの撮影に僕はたま子を選びました。やはり、たま子は僕にとって特別な子なのです。でも、はっきりとした理由はわかりません。単に惹かれる、というのでもないのです。たま子の側にいると、無性にエロチックな写真を撮りたくなるのです。そうです!その気持こそ燃えるような血潮なのです。

 初夏の気候です。幼虫たちが蠢(うごめいて)いて、鳥たちの焦るようなさえずりを聴きながらたま子にカメラを向けました。たま子は最後には股間を開き下着を横にずらして、僕に何もかも撮らせてくれたのです。

 やっと僕の中で創作がうごめき始めました。。。

                   ﹆


□別カットを九月に開催する個展『妄想ガール・コレクション』で展示します。ご興味のある方は拍手をお願いします。


2018-04-22 : 32th個展に向けて : コメント : 0 :

31th個展無事終了。


皆様のご来場に感謝いたします。
今回は、少年時代に撮った鉄道写真と鉄道ガールのコラボでしたが、鉄道ファンの方々にご来場頂き、またお褒めの言葉を頂きました。写真家としてこれほど嬉しいことはありません。これからも自分が撮りたいと思うものだけを撮り続けて行きます。引き続き皆様のご支援をよろしくお願い致します。

                                  2018.4.16 魚返一真

                  ﹆

□『まぼろしの旧国鉄宮原線』が売切れとなり後日発送となりましたこと、申しわけありませんでした。
□次は9月に開催する『妄想ガール・コレクション』です。いつもの妄想写真満載です。



2018-04-16 : 31th個展に向けて : コメント : 0 :

31th個展開催中

31thogaeri-photo.png


渋谷ルデコ3Fにおいて魚返一真個展『まぼろしの旧国鉄宮原線と鉄道ガール』を開催しています。
僕は全日程在廊しています。ご来場をお待ちしています。
平日はゆっくりお話しできます。


2018年4月10日(火曜日)〜15日(日曜日)
11時〜19時まで。(最終日は17時まで)
・ギャラリー・ルデコ 3
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目16−3 髙桑ビル3F
03-5485-5188
2018-04-11 : 31th個展に向けて : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター