片思い・その3『売り子』



2008.5.21,model*ミッチ

       ☆

 左側が欠けた写真というものを決して高く評価しているのではありません。欠けたことによって、ポラロイド写真のような一点モノ的な希少さが生まれている気がしてならないのです。単なる錯覚なのですが、妙に大切な気がしてならないのです。カブの酢漬けを作る時、ヘタの方が美味しい気がしたり、残った葉っぱの部分を刻んでちりめんと鰹節をまぶしたおかずが愛おしくてたまらなく美味であることと関係がある気がするのです。
       ☆

「駅員のおじちゃん、わたしはどうすればいいの?」
「次の列車が来たら客車の窓越しに弁当を売るんだよ」
「わかった。がんばるね」


□この作品の別カットは『鉄道と彼女と僕』の中で発表したものですが、昭和ガールで復活させたいと考えています。お弁当など僕が作りました。ただし、ワンカップのお酒、ジュース、さきイカ、笹かまぼこは市販。鉄道の売り子は僕にとって昭和そのものなんです。
  





2011-12-22 : 昭和ガール : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター