『君に会えた新宿』

2012.1.12の出来事

 僕はそっと彼女の背後から近づいて、ほとんど発作的に声をかけてしまった。彼女はスレンダーな体型でキュートな顔立ち、そしてややルーズな着こなしがチャーミングだった。いつもの僕なら避けてしまうタイプ、つまり可愛すぎるのだ。出来上がった写真に僕が入る余地が少ないのが可愛すぎる子の特徴で、それが僕のモデルとしての短所なのだ。しかし、彼女にはちょっとした癒しがあって、それに気づいた時、確かにこの子を作品にしたいという衝動があった。だから、発作的に声をかけてしまった。その癒しとは、清潔感と聡明さだった。

 もしも彼女に再会できたら、好きなブランドと持っているスカートのテイストや、瑛太と松ケンのどっちが好きか、木村カエラと小雪のどっちに好感を持つか、どんな小説を好むか、どんな映画が好きかなどを訊き、最後にどんな作品のモデルになりたいのかを尋ねるつもりだ。

 まずは彼女からメールが来ることをひたすら祈るのみ。

□つづきは書け次第アップします。ただし、つづきがあったらの話です。


 彼女からメールが来た。名前はトモコ。昭和っぽい名前で親近感が湧く。トモコに声をかけた時のことを思い出すと、昔も同じような印象を持った女の子がいたのを思い出した。その子は、しずくという名前だった。トモコとしずくの共通点は顔立ちではなく、二人のスレンダーな全体像と僕の話を黙って聞く聡明な態度だった。もう一人似ている子がいた。その子は当時トップアイドルで里穂という名前だった。

 ふと、ワンピースを来たトモコを撮りたいと思った。



□つづきは書け次第アップします。







2012-01-14 : スカウト : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター