『僕は誰?』

 何度目かに読んだある小説の一節が僕の心に響いた。その部分に気づくまで10年以上かかった。この一節の意味を僕に理解させるために繰り返し読まされていたのかもしれない。継続すると発見があることを痛切に感じるエピソードだ。

 ずっとずっと昔、僕のまわりに自分と同じ考えや同じ趣味の人間がたくさんいて、それがとても嫌だった。理由は自分がどこにもいない個性的な人間でありたいと願っていたからだ。しかし、最近は周囲にまったく同じ人間がいないと感じる。それは、自分が個性的になったのではなく、『僕は誰?』と自分研究を続けているうちに自分の本質が見えたからではないかと思う。

 写真塾は一見なにも変わることなく続いているように見えるかもしれない。しかし、悩ましく苦しい時期もあった。そうやって塾は7年間250回(それ以上?)も開催した。

 今年も塾がスタートしています。今年は定員を3名から4名に変更しました。もちろん、車で移動する時は3名のまま。今日は新しい塾生の参加があって楽しみだ。では、行ってきます。 



□『さてどれを選ぶ?NO.12』へのコメントをどうぞ。どなたでも投稿できます。的中すれば僕からプレゼントがあります。塾生に投稿してもらいたいのは当然ですが、ブログを観てくれている人たちの投稿はもっと嬉しい。


2012-01-15 : 写真塾 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター