『僕だけのポイント』


2012.1.12*新宿にて

 僕は少年時代、川釣りが大好きだった。その頃の経験が今の撮影法にとても影響している。川は大人優先の雰囲気があったから良いポイントは避けなければならなかった。(今は考え過ぎだったと思うが)また、僕の場合は何かをサボって(例えば部活)釣りに出かけることが多かったから、人に見られるのはまずかった。だから、自分だけの釣り場所を探す必要があったのだ。

 僕はできるだけ大人の釣り人が見向きもしない場所を選んで、そこでどう楽しみながら釣るかを工夫した。あまり釣れなかったけれど、誰の遠慮もなく好きなだけ釣りが出来ることが何よりの贅沢で楽しいことを知った。

 現在の僕は、カメラを持った時、誰にも邪魔されない場所で自分なりの写真が撮れればそれが一番幸せだと思っている。そうして探し当てた場所で撮った写真には、僕らしい個性が滲み出ている。つまり、撮影ポイント選びは作風を大きく左右しているのだ。

 いったい自分はどういう場所が好きなのか考えて、常日頃から自分の撮影ポイントとはどのような場所なのかを考えておくことが大切だと思う。例えば、あなたがどの街を訪れても、つい立ち止まってしまう風景があるはず。それがあなただけのポイントです。


                ☆


 上の写真は1/12(木)の午後に新宿で撮ったスナップ。この場所から見ると人々の影とシルエットがキレイだった。次はここに女の子を立たせて撮ってみたいと思った。そして翌日、この場所で撮ったのが数日前にこのブログに発表した『冬晴れの東京とカオリ』という作品になった。









2012-01-24 : 写真塾 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター