『モデルをお願いします』

 スカウトはあまりに安易な手段だということは理解している。それでも僕はやめない。僕の世界にとって街で偶然出会った事実がとても大切だからだ。スカウトした時に一目惚れした事実はずっと消えないし、写真にした時に出会いのトキメキが蘇ってくるのだ。

 街でスカウトしたとする。立ち止まって話を聞いてくれたとしても、簡単に撮らせてもらえるものではない。しかし、これまでに何百人という女性が僕の作品に登場してくれた。彼女たちに共通しているのは、理解力だと思う。僕がやっていることに共感したり、手伝ってくれることに何かを見いだしてくれたり、表現することへのIQが著しく高い子ばかりだ。しかも彼女たちは等しく誠実である。

 結局、スカウトは奇跡であると同時にとても重いことだ。僕の世界の理解者に偶然出会うことであり、僕自身の生き方が試されているのだと思う。

              ☆

□今日は久しぶりに『プラットホーム』シリーズの二枚を紹介したいと思います。出会いのトキメキが写っていると思いませんか。なお、この『プラットホーム』シリーズは電子書籍として販売しています。よろしければ是非お買い求めください。





             ☆


2004/世田谷線・上町駅にて/model*知名津

 住宅街の方から歩いてくるジーンズ姿の可愛い女の子。
「あの、すいません。モデルになってください。上町駅のホームで撮りたいんです」
「はい。いいですよ」







2012-01-23 : スカウト : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター