回顧『雲を捕る少女』


2011.7.16/大分県玖珠郡九重町飯田高原にて


高原に砂山があった。僕は迷うことなくシャッターを押した。その光景は今考えれば奇跡だったと理解できる。

ふたたび同じ場所を訪ねた時、晴れていたとしても、雲一つないかもしれない。雲があったとしても空一面雲だらけかもしれない。

何回目かに訪ねた時、この日と同じ空に巡り会えたとしても、少女はもう大人になって虫捕りに興味がなくなっている。しかも、砂山はもうない。

写真を撮る?それは生きていることは奇跡だからです。
写真を撮る?それは眼の前にある景色も奇跡だからです。

さらに何年か経ち同じ場所に来て、少女よ!少女よ!と叫べば、少女がやってくる。そして僕はまた奇跡を撮る。
          ☆

□現在撮っている「Little Fantasy 2012」のルーツは古い。正確にいつから始まったか言えない。1992年頃?ということは、女の子を撮り始めてすぐだったことになる。ちなみに『雲を捕る少女』もLittle Fantasyシリーズに属していると考えている。


2012-02-14 : リトルファンタジー2012 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター