『あの夏の匂い』・・・第二章

20080719yoshimi163_edited-1.jpg
2008.7 府中にて model*よしみ
 草のツルに身をまかせなさい。

           ☆

 僕の個展に二人の男を引き連れてやって来た女。女をスカウトしようと声をかけると、感じの悪い一方の男が「何かヤバそうだからやめときなよ」と言った。女は「私のことだから・・・」と男を制した。僕は、このお礼は思い切り破廉恥な作品を撮ってお返ししよう、と考えた。黙ってその様子を見ていたもう一人の男も感じ悪かったことを付け加えておく。

 女よ。その眼は誰かにとっておけ。そのかぐわしき肉体は僕たちのために露にしなさい。清純の中の不純、それとも不純の中の清純。この女には、女を魅力的に見せるバランスが備わっている

 
           ☆

第三章へ







2012-03-02 : 記憶 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター