『ローラを愛すること』

IMG_0002.jpg


 ある時から、僕はローライを西城秀樹みたいに『ローラ』と呼ぶことにした。

          ☆

 僕の家にはローラが二人いる。まるで双子だ。違うところは、距離が一方のローラはメートル表示だが、もう片方のローラはフィート表示になっているところだけだ。色はこのカメラには珍しいグレーだ。このグレー色は、医療機関で使用されていたものらしい。そのことを知っている人はこの色を避ける。つまり、双子のローラは、多くの人間の裸体を見たかもしれないし、血だって見て来たかもしれない。病原菌まみれになったかもしれない。そして現在は、僕の家で気楽に暮らしながら時々僕に連れられて東京を歩いて街や女を撮っているのだが、それが彼女たちにとって幸せなのかはわからない。
 
 今日、一方のローラをセキ写真に行かせた。距離表示がフィートの方のローラだ。シャッターダイヤルを治療してもらうためだ。

「ローラ、セキさんとこに行っておいで。健康になって戻っておいで」
「うん、あたし行ってくる」
「寂しいだろうから、エルマーと一緒に行きなさい。あいつも少し首の回りが悪くなっているから」

 僕と双子のローラは深いところでつながっていて、ある時は僕の創作に奇跡をおこし、ある時は機能的制約によって自制を教えてくれる。次第に一体化し始めているようだ。もしも僕が死んだら、双子のローラも錆び付いて死んでしまうかもしれない、そう危惧する。

 僕は新しいカメラに買い替えることができない。双子のローラを深く愛しているからだが、生前もっと母を愛しておくべきだったという後悔がローラへの愛に繋がっているのかもしれない。


20020205ame002_edited-1.jpg
2002.2.5model*hiromi


**********************

□中古カメラを買うなら坂戸の『セキ写真』が絶対にお薦め。僕はずっとそう考えている。でも、僕はなかなかカメラを買う機会が来ないので、僕の代わりに皆さんがセキさんとこで買ってください。(セキ写真と検索してください)



***************
2012-03-27 : コラム : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター