『遅い春と華奈の時計との関係』・・・2012.4.10


 季節の狂いはこの星の異変に繋がっているかもしれません。

 遅い春の訪れは紫大根の花の紫色をあざやかに見せるためのトリックだったのでしょうか。今年は紫大根の群生地にも春は来ないと決めつけていました。ちゃんと咲いていた花を見た時、僕はホッとして心が癒されたのでした。そうだ、ここへ華奈を連れて来よう、そう決めたのです。

          ☆

 二ヶ月前、マスクをしたままの華奈に声をかけたのは、一瞬で彼女の眼の虜になってしまったからでした。実はもう一つ理由があります。華奈の少女でも少年でもあり得そうな細い容姿に惹かれたのです。華奈に「春を呼ぶ写真を撮りたい」とメールした時、返信に添付された写メに写っていた超ミニのピンクのシホン系ワンピースはこれ以上ないキュートさでした。

 華奈と紫大根の群生地にやって来ました。華奈は鉄道沿いにある柵のそばの日だまりに膝まずき、銀の目覚まし時計を枯葉の中に埋めようとしました。その姿があまりにも愛らしくて僕はカメラを向けたのです。

「カメラを見てごらんなさい」
「はい」
「ワンピースの奥に乳房の膨らみが見えているのです」
「あっ、はい」

 華奈は間違いなく少女なんだとその時わかりました。

「またいつか撮りましょう」
「はい。どんな写真ですか」
「セーラー服を着てください」
「私は何をすれば良いのですか」
「田植えです」



□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。

□4/15(日)写真塾は美樹ちゃん(新)です。受付中。
2012-04-10 : リトルファンタジー2012 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター