『濡れたワンピース』

2012.6.30 model*理乃

          ★

 白いレトロな肩ひもワンピースを着た理乃は麦わら帽子をかぶり、まるで半世紀前の夏からタイムスリップして来たみたいだった。そんな理乃を連れて川べりを歩いた。一週間前に降った雨で川底は洗われ、多摩川は故郷の川のように清らかだった。理乃は気に入った場所見つけると川の中へ歩き入り、そっと尻を水に浸けた。

「冷たくはないですか」
「いいえ。気持ちが良いです」

 その一部始終を撮り終えた僕は、
「ありがとう」と理乃に礼を言うと、
「私、もっと水に浸かってしまいたい」と言うのだった。

          ★

 理乃は浅瀬に横になり顔半分と左腕を残して水没した。水中の理乃の肌は淡い色をした水のベールに包まれて恐ろしく白かった。良く見ると幼児体型のあちこちで女の香が息吹き始めていた。理乃がオトナの女になる前日が今日であるならば、水中で何らかの変化、例えば昆虫ならば羽化が始まっているかもしれない。

 これは幻覚なのだろうか。下流にかかる水色の橋がすっかりぼやけて見える。振り返ると斜め頭上にある錆びた鉄橋でさえ揺れている。僕の心は浮遊し身体は震え今やカメラを持っていることさえ苦痛だった。
 水に浸かり気が済んだ理乃は岸に上がった。ずぶ濡れの理乃を見て、少年時代に川で大魚を釣り上げたときの恐ろしさを思い出したのだった。

          ★


□7/21(土)102th写真塾のモデルは理乃ちゃんと新人の(?)ちゃんです。よろしくお願いします、
■この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。


2012-06-30 : リトルファンタジー2012 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター