『愛らしい智子』・・・作品




『愛らしい智子』・・・撮影報告
2012.10.14 model*智子

          †

 智子のメールから断片を集めてみた。臆病、大胆、和、一途、素直、自由。

          †

 智子との初対面、僕はかなり驚いた。智子は僕が想像していた女の子とかなり違っていたからだ。メールで相手のことは大体わかると考えていたが、智子に関しては完全にハズレだ。まず、智子のメールは自己評価をあまりにも控えめに書かれていたことが、僕が彼女を見誤る原因のひとつだった。智子は予想を裏切るほど豊かな教養と深い愛情を持っていた。そして智子のルックスは愛らしく品があり、秒刻みに変わるほど表情豊かで、送られて来た写メに写った神妙な表情の智子とは著しく印象が違っていたのだ。
 
「君はなんてキュートな子だろう。例えば、君が少女時代に新体操なんかやっていたとしたら素敵だと思うけど」
「はい。私は新体操をやっていました」
「本当に!」

 智子を連れて公園中をあちこち歩いた。眼の前に今時珍しい茶色い木の電柱が現れた。何度も通ったこの公園にこんな電柱はなかったはずだ。しかし、その電柱がとてもレトロで、智子を脇に立たせると相性が良かった。

「その電柱に片手を添えて新体操みたいにポーズしてみて」
「はい!」

 智子は表情とポーズをコマ送りのように変え、まるでからくり人形のように舞ったのだった。新体操の上手で愛らしいことと言ったら、僕はただ「素晴らしい!」と声にしながらシャッターを押し続けていた。なんと智子は新体操を小学校から大学まで続けていたのだ。

          †

 撮影中に気づいたことがある。智子は清楚な白いパンティーを履いていたことと、ブラを着けていなかったことだ。手で片足を頭の後ろまで持ち上げるような、つまりビールマン・スピンのようなポーズをとって胸を反らせた時、ぴったりボディーに張り付いた白いブラウスを透かして小ぶりな乳房がくっきりと見えた。僕の作品を智子なりに理解してくれたのだろう。僕は感動し智子に深い信頼を寄せた。

「今日は幸せにしてくれてありがとう」
「あの、私こそ幸せになりました」

 智子と別れたあと、僕の胸に懐かしい感情がわき起こった。それは僕が中学生の時、体操着姿の可愛い子を観た時の、あのザワザワした胸騒ぎに似ていた。

          †
         † †
          †



□モデル緊急募集中〜ご協力頂ける女性を探しています。年齢容姿不問。ミドルエイジの女性大歓迎。ご興味のある方はこちら・・・⇒



2012-10-19 : リトルファンタジー2012 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター