『14才の意味』・・・作品 2012.11.24 model*つぐみ

・第一章
20121124tsugumi001_edited-1.jpg



 つぐみに会いました。小柄で無口でとてもキュートな女の子でした。もちろん、僕は一目で彼女に興味を持ちました。いえ、僕だけではなく世界中の紳士がそう思うはずです。つぐみは14才。つまり、小説『ロリータ』に書かれた少女と同じ年齢だからです。

 つぐみはピュアでした。14才だからピュアなのは当然?いいえ、それは違います。いろいろな14才がいますから。僕はつぐみの無垢な表情を見た時、ほんの一瞬ですが彼女と血が通ったような気がして心が弾みました。それは錯覚だと思いますが、初めてピュアな14才を実感したのは事実です。

           ⌘


           ⌘


・第二章
20121124tsugumi029のコピー-2_edited-2



 つぐみと電車に乗りました。掌に赤い羽根を載せ右手の中指に赤いハート型の物体をぶら下げました。そして、つぐみは何かを願う。一体何を願ったのでしょう。美しい未来でしょうか。

「何を願ったの?」
「関ジャニ∞のメンバーに逢えたらなぁ~逢いたいなぁ~って」
「あ、そう」

           ⌘
          ⌘ ⌘
           ⌘


 つぐみといる間、僕の心の中に流れていたのはアダージェットという美しい楽章です。その旋律に載って僕の精神はゆっくりと時の流れを逆行し少年時代のへとたどり着きました。


           ⌘


 パリで『ロリータ』が出版されたのは1955年で、それは僕が生まれた年だったのです。つぐみを撮影した後、僕は卒論のテーマに『ロリータ』を選んだ知り合いの女子にメールで14才の意味を訊ねました。彼女からのメールには、「簡潔にまとめると、小説『ロリータ』の作者ナボコフが、ニンフェット(ロリコンの対象となりうる女の子)の定義を、9歳~14歳にしたから私は15歳になる誕生日は泣いちゃった。もうニンフェットではないから」と書かれていました。
 アダージェットはマーラーの交響曲第五番の第四楽章で、ヴィスコンティ監督の映画『ベニスに死す』にも使われていますから、少し偏った思い入れを加速させるに十分な切なさがあります。



 そして今、僕はつぐみの三部作を撮りたいと思っています。





           ⌘




□近々につぐみちゃんの第2作を撮影する予定です。応援してくださる方はつぐみちゃんに向けて拍手をしてください。




2012-11-30 : リトルファンタジー2012 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター