『普通の女』(1)→(2)→(3)NEW!

STATION2006001.jpg
2006年、中央線・西荻窪駅


            ⁂

 すれ違いざまに女の横顔を眼で追う。瞬時に髪質を確かめる。耳の形状を細部まで見ることもある。振返り女の脹ら脛と足首のかたちを確かめる。それをごく自然に繰返す。毎日、来る日も来る日もである。すれ違う女のどこかに、自分への誘惑が潜んでいると思いたかった。
 その日も男は同じように誘惑を探していた。それが彼の生活の中で僅かな潤いであった。ただそれ以上のことではない、しかしそれ以下でも到底なかった。何故ならそれを20年続けている。さらにそういう日常的に行う不倫に精神は高揚している。
 
 ある日、男は女の顔をカメラで撮った。写真ができ上がると、見ず知らずの女の顔があった。美人ではないが、醜くもない。普通の顔だった。

            ⁂

『普通の女』(2)

             ⁂

 男は写真を裏側につっかえ棒のある小さな額に入れて机の上に置いた。曲がった喜びが冷たく口元を這うのがわかる。恥ずかしさも湧いてくる。その盗人のような羞恥は、女の外見が普通であることで増幅されていた。男にはそれがやがて甘ったるい別の感情に変化するかもしれないという身勝手な妄想があった。

 男は再びカメラを持って街へ出た。前より少し欲があった。机の上の普通の女より美しい女を撮ろうと思った。
 写真ができ上がると、見ず知らずの女の顔があった。女は美しかった。美しい女の写真を額に入れ机の上に置いた。しかし、男の喜びは小さかった。恥ずかしさもあまりない。なぜだろう。その理由は簡単だったが、ふたりの女の写真を机の上に並べて初めてわかるものでもあった。物事の最高潮がどこなのか、過ぎた記憶の中から時間を戻しながら検証するしかない、たったふたりの女の比較でさえ、そういうことだ。そして、男の選択は普通の女だった。
 男は美しい女の写真を引出しの中にしまいこんで、普通の女の写真だけを飾った。すると、心の中に喜びと羞恥が同時に湧いてきた。

 男は街へ出て女を探しはじめた。机の上の写真のように普通の女だ。


             ⁂


STATION2006002.jpg
2006年、中央線・荻窪駅

*-*-*-**-***-*-*-----*-*-*---------以下はあたらしくアップした部分

『普通の女』(3)NEW!

             ⁂

 男はカメラを持って普通の女を探しに行った。街にはファッショナブルな女が眼についたし美しい女も思いのほか多くいた。しかし、男が撮りたいような普通の女はなかなか見つからなかった。
 普段街を歩いているとき美人は明らかに少なかったはず、どこもかしこも普通の女ばかりだったではないか。それとも、それは錯覚だったのか。いざ普通の女を撮ろうとすると普通の女が見つからなかった。男は一日中普通の女を探しまわりやっとフィルム一本分の撮影ができた。

 写真ができ上がると、見ず知らずの女の顔があった。美人ではないが、醜くもない。どの女の顔も普通だった。その中から三人選んで額に入れ、すでにある一枚の普通の女の写真とともに都合四枚を机に並べた。男は喜びと同時にまとわりつくような恥ずかしさを感じた。男はその羞恥の中に真実のようなものがあると気づき始めていた。


STATION2006003.jpg

STATION2006004.jpg

STATION2006005.jpg

STATION2006006.jpg

☆4カットとも2006年撮影(上から)中央総武線、西荻窪、中央総武線、吉祥寺。

             ⁂



□写真は物語と関係があるかもしれないし無関係かもしれない。モデルの顔を普通であると表現している。受取られ方によっては不快かもしれない。だけど、僕は彼女たちを大好きだし目立って魅力的だと思うからこそシャッターを押したのだということを強く真摯に申し上げたい。
□男は僕かもしれないし、僕ではないのかもしれない。この話には続きがあるのだが・・・







2013-01-09 : 短編 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター