『ルージュの誘惑』・・・作品




2012.12.26 model*つぐみ

            ∬

 容赦ない北風。かさかさと地を這う枯葉は昆虫を空き箱に閉じ込めた時のもがきのような生命の音がする。角度の低い逆光の陽射しを浴びて景色の南側半分がベージュ色に光っている。そこへ、白い翼が無造作に落ちている。少女を天使にするたくらみに失敗した翼である。
 少女は枯葉の上にひざまずいた。太腿をさっと風が通り過ぎた。冷たい土の感触が少女の膝に伝わっているだろう。土の中で寒さに耐えている生命に少女の新鮮な体温をあげよう。雑木林を吹き抜ける冷たい風は、少女のポニーテールを掻き乱し頬はみるみるピンク色に染まった。
 少女は赤いルージュを左手にもっている。母親の寝室からこっそり持ち出したものだ。塗ってごらん、と言うと、左手に持ったルージュを上唇の右側にあてる。手つきはぎこちない。少女だからだ。さあ、塗ってごらん、ともう一度言う。
 鮮やかな赤色だった。少女のうぶな唇の上に大人の女が使ったルージュが塗られた。ふいに手元がくるってその赤色は少し唇の輪郭からはみ出してしまった。その美しさたるものは、彼女が少女であるが故だった。
 少女は一言も語らなかった。僕も言葉がなかった。あったとしても、少女に伝えるべき言葉ではなかった。

 14才は完全変態が始まった蝶の蛹のように限りなくピュアだった。

            ∬




            ∬




2012-12-30 : リトルファンタジー2012 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター