『公序良俗・その2』

20100312mina100-2.jpg

        ⁂

女子高生だね、ホテルだけど?
問題ないよ、触れてもいいけど撮らないで
撮ってもいいけど触れないで、じゃないの? 
おじちゃん、古いね、今はこっちなの


        ⁂


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=


 公序良俗には見えないばかりか動くラインがある。僕は表現者としていつもラインの外側にいる自分を意識しながら撮影している。『偏ってこそ作品』と言った人がいる。その偏りはラインを飛び越して、ずっと先の暗闇にまで達している。苦しみや哀しみ、そして喜び、エロス、どれだって偏ってしまえばラインの内側にはない。
 僕の作品はラインの内側にありそうに見えても決してそうではない。僕の心は闇を幸福なねぐらとしているからだ。できあがった作品はどれも公序良俗を踏み越えていることを暗示ししていなければならない。


          (つづく)



2013-01-03 : 詩と写真と : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター