『ロリータ・2』・・・復刻その2(タングステンフィルム編)



2001.4.21 model*keiko
           
           ⌘

 先日紹介した同名作品はモノクロだが同時にカラーも撮っていた。この青くかぶった色調こそがこの作品オリジナルである。この色調がとても新鮮に見える。青い理由は白昼の屋外でタングステンフィルムを使っているからだ。以前は多くのカメラマンがタングステンフィルムを使って作品撮りをしていた。懐かしくなってタングステンフィルムで新作を撮りたいと思ったが、肝心のフィルムが製造中止。さみしい。

           ⌘

□タングステン光の色温度は3200Kでデイライト(白昼)は7000K。タングステンフィルムはタングステン光の下で撮影して標準の色に撮れるフィルムだ。この作品の場合のようにデイライトで撮ると青くなる。逆にタングステン光の下でデイライトフィルムを使って撮影すればアンバー系の色になる。

□Lomoからタングステンフィルムが出ていたようだがもう製造中止?どなたか情報をください。もしまだ買えるなら是非とも塾生の直樹さんに使って欲しいのだが・・・




*********************************************************





2013-02-27 : 記憶 : コメント : 1 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
タングステンフィルムっていいですね。味わいがあって。とても幻想的。ブルーベルベットの映画を思い出しました。
2013-02-27 15:22 : たかしまや URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター