『さくら』・・・1999年春、満開の日に


1999.4 model*YOKO


 荻窪の地下通路でスカウトした女の子だった。
「タレントさんですか?」
「いいえ」
「良かった、モデルになってください」
「私で良ければ、でも、脱げないですよ」

            ⁂

 誰かが撮った桜の写真を見て特別に感動することはない。それは自分が実際に見た感動の方が常に勝っているからだ。見事な桜である必要はなく、自分と同時に春を生きた同胞としての桜を愛しているのだ。桜とはそういったものだと考えている。つまり、どんなに素晴らしい桜を撮って誰かに見せたとしても、どうということはないと思う。前田真三が撮った吉野の桜は素晴らしいことはわかっている。しかし、人は桜だけは自分で撮りたいと思うのだろう。



 桜が満開の日に撮ったことが何度かある。その日の二人(僕とモデル)は今しかないというような、ある種の頂点の美意識の中で自分を見失っている。しかも僕の場合は、女の子の足や胸を撮りたいがために、たいてい桜はボケている。

            ⁂



□上記のような僕でありますが、今年は桜に向かいます。
□3/24(日)の写真塾では桜とモデルを撮ります。よろしければお運びください。見学コース(1000円)もあります。


2013-03-20 : 記憶 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター