『中3少女の夏』・・・撮影報告



2013.8.29 model*樹奈

 中3の夏は進路も決まらずやる気のない暗い夏でした。地元の高校へ進学しても、中学時代に育てたダメな自分を持ち越し増幅させるのが目に見えていましたから、思い切って隣町の高校へ進学することにしました。2学期の初め、校庭で担任に呼び止められ頂いた悲しい言葉を40年たった今もはっきり憶えています。

               ﹆

 樹奈は中学3年生です。樹奈は無口で静かで、今時の女の子と少し違っています。会ってから20分ぐらいの間、僕の話しかけに対してほとんど「はい」としか返事をしていません。

「君、無口だね」
「あ、はい」
「中3だね、今はどう?」
「あ、いそがしいです」

 樹奈をファインダーに入れてみると草食動物のような眼をしていました。穏やかだけど意思がありました。空に春先にたびたび見かけるアニメの背景に描かれるような輪郭のぼやけた楕円形の雲がありました。その雲は、樹奈の心のように意思をぐっと内側に閉じ込めているような感じがしました。

「溜め込んだもの、いつかそれを出す時が来るよ」
「・・・」
「僕も今やっとだけど、そうしているよ」
「・・・」
「でも、40年かかった。わかる?」
「はい」
「君、将来やりたい事が決まっているの?」
「はい」


               ﹆





2013-08-30 : 26th個展へ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター