『スカウト放浪記 NO.3』


□Point〜同じ場所でスカウトする

                 ﹆

 スカウトは僕の生活の一部だから、場所は日常からかけ離れた場所でない方が良い。僕はほとんど同じ場所でスカウトしている。買い物に行くお店の店内をぐるりと一回りするだけというスカウトもある。
 例えば華やかな場所へでかけてスカウトする場合、僕はこの場所に馴染んでいるだろうか、と不安になる。そんな自分を見た女の子がモデルを承諾する確率は極めて低い。スカウトの成否は縁だと考えているから、たとえどんなに女の子がたくさんいる場所に行こうとやすやすと相思相愛のモデルに出会えるものではない。
 少年時代に川釣りに夢中になった時期がある。毎日川に行った。僕の釣り場はいつも同じ場所だった。そこは良く釣れる場所ではなかったが、その場所で釣り糸を垂れる時間は心が休まって好きだった。同じ場所に通い詰めると、何となく釣れる時間やタイミングがあることに気づいた。
 
 僕は同じ場所でスカウトをし続けた。すると、それぞれの場所には出会える時間やタイミングあることがわかった。


                 ﹆




2014-03-18 : スカウト放浪記 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター