『eriと春風』

2014.4.16 13:50頃。。

 急いで自宅に戻ってフランス詩人の詩集を探しまわった。理由は、ある詩の一節を連想させる娘に会ったからだ。
 その娘は春のそよ風にのってサンロードを僕とは反対の方からやってきて、すれ違い、そして通り過ぎた。細いマリンブルーのごく細いストライプが入った洗いざらしの綿のブラウスと風になびく濃紺のフレアロングが良く似合い、彼女の清楚な顔立ちと完全にマッチしていた。その光景は詩の一節を思わずにはいられなかった。しかし、その詩が何だったのか思い出せない。
 この娘を撮ること、僕にとってそれだけが今年の初夏にやっておかなければならないことだと思う。



*-+*-+*-++/*/*-*+,+,.,.+--*//-+++++*//*//***



2014-04-16 : スカウト : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター