『女子高生とその母の昭和生活』









2015.1.18 model*さくら+蛍子


                  ﹆

 その家は戦前に立てられた古い平屋である。その家へ向かう車の中で僕は蛍子とさくらのふたりに覗きの思い出を語っていた。すると「それは江戸川乱歩の『屋根裏の散歩者』という短編のようですね」と蛍子が言ったのを聞いて、前々から睨んだとおりこの女はその筋のエロスを理解していると感じた。一方、さくらはきょとんとした眼で車窓を眺めているだけだった。やがてその家に到着すると人が暮らしている気配はどこにもなかった。しかし、玄関を入ると照明は点けられ室内には誰かが僕たちを待っているような温もりがあった。蛍子とさくらは、それぞれ長襦袢とセーラー服に着替えると昭和の空気が漂う部屋と同化した。

 これから撮影する作品は中学1年のときから僕の心の中に棲み続けている妄想のひとつで、簡単に言えば庶民生活の覗き見である。ライカにトライXを詰めると暗いときめきをともなった妄想が僕を支配した。撮影を前にして、僕は長襦袢姿の婦人はやがて妖艶な母となりセーラー服姿の娘は母の人生を模倣すると仮定した。母は一糸まとわぬ姿となり胸元を開いた娘にエロスを教授するであろう。

 こうして僕は昭和の家屋で和風エロスの一部始終を覗き見的に撮影したのだった。



                  ﹆




□見てのとおり、ブログ上の作品はふたりとも着衣であり文章中にあるライカで撮影したモノクロ写真ではありません。ある程度文章に沿った作品は個展で展示する予定です。しかしながら完全に文章どおりの作品は国内での発表はできません。
□27th個展にて展示。
□展作作ではありませんがこちらでご覧になれます・・・Kazuma Ogaeri MOSO




2015-01-27 : 27th個展へ向けて : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター