『油断している女ほど美しい存在はない』





2015.1.25 model*ジェマ



                  ﹆


 油断している女ほど美しい存在はない。彼女の黒い瞳や滑らかな首筋をじっと見つめることはおろか、互いの唇が触れ合わんばかりに近づくことさえできるだろう。

 僕が電車の中の女性にこだわるのは、隣町の高校に列車通学していた時のいくつかの特殊な経験が深く関与している。(ここでは敢えて省く)電車の中で文庫本を開く乙女ほど美しい存在はない。たった今この車両に乗ってきた乙女が迷うことなく僕の前に座ったとしよう。冬の暖かい日差しに包まれた乙女はこよなく美しくただ眺めているだけで何らかの価値がある。彼女は手にした文庫本を開くとただちに物語に入り込んで悲しげな眼をする。僕は彼女に付け入る隙がないかと執拗に観察する。そしてまた、いつもの妄想が始まる。「読みなからでいいからスカートを持ち上げてごらん」と心の中でつぶやいてみる。

 油断している女ほど美しい存在はない。



                  ﹆



□27th個展にて展示。
□作品はこちらでご覧になれます・・・Kazuma Ogaeri MOSO




2015-01-27 : 27th個展へ向けて : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター