『背徳なしでは生きられない』






2015.2.20 model*minori

                  ﹆

 異性間の性的な背徳には人間くささやある種の社会性があるが、真の背徳は人に語れない闇の中に美として存在している。真の背徳を理解する女は、社会において極めて従順であると同時に真面目な信仰を持っている場合が多い。いま、この密室にいる茶色の和装をした女は背徳の意味を正しく理解していると考えられる。彼女に鏡を与えると着物を乱し白い肌や女の部分を映し妖艶なひとり遊びを始めた。鏡を覗き見るとそこには背徳の蔭があった。

                  ﹆



□この写真はブログ版で修正しています。






2015-02-21 : 27th個展へ向けて : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター