『猥褻な川』・・・撮影報告


Flickr
https://www.flickr.com/photos/32111768@N05/24257061900/in/dateposted-public/

2015.12.02 model*詠子

                  ﹆

 僕が川に行く理由は、そこに僕が心に秘めている幾つかのエロスのうちのある一つのルーツがあるからだ。僕は川へ行くとかならず奇妙な感覚に襲われる。それは少年時代からずっと僕に付きまとっているもので邪悪かつ猥褻なものである。

 どんより曇った河川敷を女と歩いている。女は十数年前から僕の作品のモデル努めてくれているが撮影において馴れ合いはない。この女は歯に衣着せぬ言葉で作品について批評するところがあり時には少々手強い。この難しい女を連れて河川敷を歩いている。今日の僕は少々嫌味で、女が川の持っている邪悪をどう感じ取るか試してみようと考えていた。僕は女に胸を出せと言った。ただし丁寧な言葉で。しばらく歩いて橋の下に辿り着いた時、パンツを脱げと言った。ただし、丁寧かつ静かな口調で。さて、この場所で女と対峙し撮り続けるうち、ついに女はすべてをあからさまにしてしまった。

 川をどう感じた?そうね、エロいわね。
 とさり気なく言う女は何だかしみじみとして美しかった。

                  ﹆



□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。





2016-01-23 : 28thに向けて : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター