『白い肌と赤い紐』


DSC05737-2_edited-1.jpg


2016.3.22 model*yoko

                  ﹆

 わずかに白い肌が視界に入っただけで心がざわめいた。雑貨屋のポストカード売り場に立っていたyokoの後ろ姿を見つけたときのことだった。その肌はただ白いというだけではなかく特別な潤いがあった。僕はyokoに吸い込まれるように近づいていった。すいません、と話しかけると、美しい瞳を僕に返してきた。Yokoには僕を一瞬で夢中にさせるほどの愛らしさがあった。

 もうすぐ桜が開花するだろう。そして僕は少年時代に経験したさくらにまつわるの負の思い出を甦らせるだろう。僕はyokoの肌が一時的にでもその憂うつな気分を忘れさせてくれることを願った。赤い紐を買った。yokoの白い肌を縛るためだった。

 樹の下でyokoの白い手首を縛った。とても嬉しかった。そのあと両足と胸を縛った。Yokoの白い肌は赤い紐によってさらに白く見えた。

                   ﹆



□モノクロ作品もとても良いですが今回は赤を見せるためにカラーを選びました。機会があれば両方をご覧に入れたいと考えています。




2016-04-19 : 28thに向けて : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

引き込まれる
Yukoさんというモデルさんは、引き込まれそうな魅力があります。こんなモデルさんでも素人カメラマンが撮影したら、極々普通な写真になってしまうのでしょうか!
2016-03-23 22:55 : いちき URL : 編集
いちきさんへ
両方あると思います。モデル自身に魅力がるから誰が撮っても大丈夫なのと、カメラマンに魅力を引出す力がある。そのほかにもいろいろな要素があります。よろしければ写真塾へいらしてyokoちゃんを撮ってみてください。
2016-03-24 06:01 : 魚返一真 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター