『Purple』


DSC06948-5_edited-2.jpg


2016.4.15 model*Olivia

                   ﹆

 数日前のことだ。今年も紫の花が群生している場所へ行ってみた。春になると咲くこの花には大切な思い出がある。2001年の春の或る日、僕は少女・KEIKOと遊歩道にいた。土手に咲いていた小さな花をみて「あっ、紫大根だわ。わたしの大好きな花」とKEIKOは言った。そのあと純白のエプロンドレスだけを身につけた少女はロリータな写真を撮らせてくれたのだった。紫色の花が咲くと僕はあの時のことを思い出す。

 紫大根の群生は今この瞬間がまさに満開だと思った。僕はOliviaをつれてこの場所へやってきている。僕はやはりKEIKOを思い出していた。そしてタイプの違うOliviaとKEIKOを無理に重ね合わせていた。それが出来るのはこの紫の花の魔法なのだ。ここへ座ってごらん。そして君に足枷を着けてあげよう。つぎに黒い紐で君の両手首をコンクリートの柵に縛るんだ。Olivia、もう何処にも逃げられないよ。Oliviaは観念し宗教画に描かれた欧州の女性みたいにその場に納まった。
 空は雲ひとつなく日射しはOliviaの斜め後方から射している。なんてチャーミングなんだ。ちょっとだけELLEのグラビアページみたいに見えるところが気にいらない、などと贅沢なことを思ったけれど、それがOliviaの魅力だから受入れることにして眼の前に広がるPurpleな宗教写真を撮影した。

                   ﹆



□この時撮ったモノクロネガとカラーネガで撮影した写真を同時にご覧に入れたいと思っています。



2016-04-18 : 28thに向けて : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター