『妄想少年の文学』・・・撮影報告



2016.4.22 model*risu

                  ﹆

 十代の僕は自分のことを文学的文盲だと考えていた。僕は高校一年まで小説を一冊も読まなかったからだ。初めて読んだ小説家は大江健三郎でノーベル賞を受賞する20年以上前だった。読んだというより読まされたというのが本当のことだった。越境して高校に入った僕は寮生活をすることになった。(寮と言っても民家に近かった)同室となった高三のM先輩のひと言でそれは決まった。「これを読んでみなよ」と渡されたのが大江健三郎の『性的人間』(たぶん)だった。ある日、僕たちの部屋に高校の教頭がやってきてM先輩にかなり長い説教をした。M先輩は高校の屋上から良からぬビラをまいたとのことだった。もちろんそのビラは高校にとって都合が悪くM先輩にとって正義であった。先輩は穏やかな性格で勉強はあまりしない人だったが、同室の僕はそれなりに居心地が良かった。実際のところ僕は大江健三郎を読んだふりをしただけに過ぎなかった。今度は同じ寮のS先輩から「これ読んでみいや」と漱石(たぶん『こころ』)を渡された。僕は文学的文盲であったから読むのが遅く三週間をかけて百ページしか読んでいなかった。するとS先輩が「本を返してくれ、妹に貸す。お前より妹の方が大事だからな」といったので僕は小説を読み終えることなくS先輩に返したのだった。

 それから40年が経った。その間に『こころ』は何度も読み返し毎回違う印象を持った。最後に読んだのは昨年で読み終えたあとこころの整理をするために少し時間がかかった。つまり僕は出会って45年目で初めて感動したのだ。

 このごろ急に可愛らしくなった女子高生・Risuを杉の樹の根元に座らせた。ぶ厚く重い漱石全集の一巻だけを持たせて適当なページを開かせた。この漱石全集は赤い刺繍っぽい柄が施された豪華なカバーの岩波のものだ。美しい春の日射しを背後から受けた女子高生と漱石全集を見ていたらあの日々が甦ってきた。文盲だった頃のことだ。しかしその時期に僕は優れた妄想を培った。僕は文盲だったからこそ妄想が深かったのかもしれない。そして僕は、漱石と女子高生と彼女の白いパンツの下との混沌とした関係を妄想しながら撮っている。

                  ﹆



□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。











2016-04-24 : 28thに向けて : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター