『My Back Pages』・・・撮影報告



2016.7.19 model*wakana

                   ﹆

 白い肌に傷をつける。僕にはそういう行為をする意味がわからない。身体のあちこちに着けたピアスもどうしてなのかわからない。もしわかったとしても恐らく勘違いか錯覚に近いはずだ。

 女は白い半袖Tシャツを着てジーンズのショートパンツを履いている。長い手足は服から生え出ているみたいで昆虫みたいだ。「君、部活やってた?」「テニス部です」「なるほど白いスコートが似合いそうだ」やがて女は自らの白い肌に爪を立てる。数秒が経過すると爪に引っ掻かれた所は赤い筋となって痕が残った。この出来事が今年の夏を象徴する個人的な思い出になるには、例え僕が若いつもりでいても、やはり僕では歳をとり過ぎていると思った。つまり、少年にしかないみずみずしい感性が不可欠だと感じていた。残念ながら名曲“My Back Page”のようにはいかない。しかし、タイムスリップできるなら、これを半世紀も前の少年時代の思い出のひとつに着け加えて過去を塗り替えてもいいとさえ思ったほど、女は古風で美しく傷痕は艶かしかった。

 撮影が終わった時に見上げた空は完全に少年時代のあの夏と同じだった。「あのね、次の撮影では川に入って欲しいな、その白い肌を水の底に沈めてみたいんだ」「ええ、私でよければ」少年時代の僕は度々川底の岩が少女の肉体に見えていた。

                  ﹆


□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。






2016-07-19 : 28thに向けて : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター