『ススキ』


20161116eiko005-4.jpg


2016.11.16 model*詠子

                   ﹆

 僕がたぶん中1の頃だった。十一月になると僕の住む山間部の町は黄色く色づいた。その黄色の何割りかはススキによるものだった。ちょうど今日みたいな晩秋。そのススキの季節にラジオで聴いた『夕月』は僕にとって秋の味。

 僕の第二スタジオは河川敷に茂ったススキに囲まれた一画にある。四方を背丈3メートルもあるススキに囲まれた場所である。そこへ詠子を連れて来た。詠子は着物を着ていた。それは落ちついた着こなしではない。つまり、授業参観に行くための母親のような保守的な着こなしではなく、どこか男を誘惑する色づかいでアバンギャルドな感じがした。「相変わらず着物がお似合いですね」「いえいえ」

 詠子は髪を短めに切って似合っていた。でも僕は「以前みたいに髪を伸ばしたらどうかな」と言った。「あら、そうかしら」と詠子。「胸元を開け乳房を見せられるのかな」「いいえ、無理です」「では、裾を開いてください」「それなら・・・」太ももを見せると詠子はふしだらだった。この女にはふしだらさを醸し出す何か備わっている。詠子はススキといっしょに見事に輝いていた。僕は早々に撮影を終わりにし家に戻って『夕月』を聴きながらこの文章を書いている。ススキと『夕月』。そこに詠子がふしだらに混じり合った。詠子は撮影毎に不規則に輝くいい女だと思った。
 
                   ﹆


□個展では別カットを展示します。。



2016-11-17 : 29th個展へ向けて : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター