『冬の日溜まりにて』



2016.12.17model*A.K

                  ﹆

 娘と出会ったのは中央線西荻窪駅だった。僕は娘の後に続いて改札を出て西荻窪らしい狭い路地を抜けたところで声をかけ、その場で写真を撮った。(写真参照)そのときは気の弱そうな愛らしい娘だと思ったが、ずっと後になって娘の気はかなり頑丈だとわかった。撮影メモには「2008年8月18日西荻窪にて撮影、娘はジャズボーカルのレッスンへ行く途中」と書いてあった。あれから十年がたった。

 娘は女になっていた。「もうおばさんの歳ですから・・・」「いえいえ、いい女になりました。素敵に歳を重ねています」「またまた。。」「いいえ、ほんとうです」事実、或る瞬間に女の横顔がH.IGAWAに見えるほど魅力的だった。僕は毛皮のコートを羽織った女と土手を歩いた。僕たちが土手の自転車道路を跨ぐ時、何人かの人のいぶかし気な視線を感じた。この二人の関係は何なんだ?みたいな。「先生に撮ってもらうの久しぶり」「先生なんてよしてよ」「では何と呼べば良いのかしら」「そうだな、おじさま、なんてどうかな」「あら、キャバ嬢だってそんな呼び方しませんよ」

 河原に着いた。十二月の午後は日が落ちるのが早くすでに陰が伸び始めていた。「そこに座ってください」と僕はゴザを敷いた地面を指差して言った。その後は女の独壇場だった。つまり、女は自分を美しく魅せることを知っていて、刻々と変わりゆく冬の光の中で、女優H.IGAWAのように舞ったのである。ただH.IGAWAと違ったのは、やや小柄なのと女が美しい乳房を露出したことで、実際その魅力的な姿はH.IGAWAに決して負けていなかった。

                  ﹆


20060818ayumi-2.jpg



□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。。。






2016-12-18 : 29th個展へ向けて : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター