『ゆり乃の旅』



2017.01.28 model*ゆり乃

                   ﹆

 正確に言うとこの旅が始まったのは九日前ということになる。その日、この街に新しくできた駅ビルの六階にある本屋で僕はゆり乃と出会った。彼女は僕が育った山間部の小さな町にたったひとつあった洋館に住んでいた愛らしい少女に雰囲気が似ていた。あれから半世紀が経過しているから、ゆり乃があの洋館の少女であるはずはない。僕はゆり乃に話しかけた。そして10分後には僕たちはビルを出て井の頭線の改札口のそばで数枚撮影して、次に改札を入って各駅停車に乗った。一つ目の駅で降りてホームのベンチに並んで座って横からゆり乃を撮った。それからあれこれあって、僕たちは別れた。

 ゆり乃は静かな女の子だった。彼女と過ごす時間にかすかに流れていたのは、シューマンの『トロイメライ』だった。このところの僕は3月に開催する個展のことで頭がいっぱいだったからそうなったんだと思う。個展のタイトルが『トロイメライ〜夢想』だから。

 今日はあれから九日目。冬には珍しく暖かく穏やかな一日だった。約束の時間に駅前でゆり乃を待った。少し遅れてやってきたゆり乃は白いセーターの上に白っぽいミニのワンピースを着て白いコンバース(たぶん)を履いていた。最初に会った時より全体的にキラキラしていて霧に包まれているようにやや霞んで見えた。それは九日間の夢想の中でゆり乃を昔あこがれた少女に磨き上げたからかもしれなかった。僕たちは九日前と同じように電車に乗った。誰もいなくなった座席に向き合って座り写真を撮った。終点で降りて赤い花を買うために駅の近くの花屋に立ち寄った。ゆり乃は赤いチューリップを選ぶと店員は一本20円で売ってくれた。「どうして20円で売ってくれたんだろう?」「・・・」もしかして今日は2017年ではなく、ずっと昔だから安いのかもしれないと思った。例えば、1965年とか。

 大きな橋の下でゆり乃を撮った。赤いチューリップや彼女が持参した赤いリンゴの型をしたロウソクを持ったゆり乃を撮り続けた。そして、ついにフィルムが終わってしまった。僕は「かわいい」と何十回も言ったけど、それでも足りない気分だった。

「さようなら」
「さようなら」ゆり乃は夢想の中に消えて九日間の旅は終わった。


                     ﹆




□この作品をご覧になりたい方は拍手をお願いします。。
□ゆり乃さんは第371回魚返一真写真塾のモデルとして初登場します。






2017-01-28 : 29th個展へ向けて : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター