フォトテクニック誌で魚返一真写真展特集


魚返一真写真展『トロイメライ〜夢想』より、と題してフォトテクニック誌に特集が掲載される。写真はこれまで雑誌で掲載されなかった16点(モノクロ11、カラー5)で構成されている。このセレクトは藤井貴城編集長によるもので、ラフを観たとき作者である僕も思わす息を飲んだ。プロフェッショナルの編集者に対して失礼かもしれないが、藤井さんのセンスには脱帽である。

この特集は女性ポートレートが中心なのは言うまでもないが、今回は僕の鉄道写真も大きく取り上げられている。1970年10月に阿蘇・高森線の白川鉄橋で撮影したものだ。この写真が表舞台に登場する日が来るなんて考えもしなかった。この特集誌面を見ると、女の子と鉄道がほどよく調和している。それは、僕が鉄道と女の子を同じぐらい愛していて脳の中ではその二つが入り乱れているからだと考えている。


□フォトテクニック誌(3月号・2/20発売)に6ページの特集。魚返一真写真展『トロイメライ〜夢想』より、が掲載されている。

□29th魚返一真写真展『トロイメライ〜夢想』
於:神保町画廊
2017.3.3より3.20まで(休廊日-月火)

□1965年〜1970年前後に集中して撮影した鉄道写真のネガが僕の手元にある。本数は数百本。35mm、6×6、6×9などフォーマットも様々。1984年に廃線になった国鉄・宮原線を走るSL(C11)なども多数ある。もちろん、豊後森駅の扇状機関庫も撮った。これらのネガを何とかしなくては。。。

traumerei.png



2017-02-14 : 29th個展へ向けて : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター