『フレンチ・サロン』

DSC09126-3.jpg

DSC09131-2BW-2_edited-1.jpg



2017.4.20 model*Olivia

                  ﹆

 たくさんの草花が僕たちを迎えてくれた。それらの植物に水をやっている女性が24年ぶりの再会となった玉恵ちゃん。あのころ彼女には多大なお世話になった。当時彼女のお部屋へエアサロンになっていてとてもお洒落だった。もちろん彼女は美人だったからサロンで彼女を撮ったのは言うまでもない。そればかりではない、玉恵ちゃんの友人をモデルとして次々に紹介してくれたのである。それもみんな飛び切り素敵な女の子ばかりだった。僕がスカウトした女の子をそのサロンで撮影させてもらったこともあった。何しろ、とても感謝している。

 あれから24年が経ったが、玉恵ちゃんは今も自宅でヘアサロンを開いているのだ。私鉄の駅から教えてもらった道順を歩くとすぐにヘアサロンが見えて来た。お店の前で植物に水をやっていた玉恵ちゃんがこちらの方へ振り向いた。
「わ〜、懐かしい」とふたりで同時に言った。
「この子、Oliviaです」

 中に入るとフランス風の洒落たお宅という感じ。どうやら玉恵ちゃんはフランスに居たらしい。まず美味しい珈琲を頂いた。そして懐かしい話をしばらくしてから撮影をした。大きな鏡のある素敵な空間だから、どこにカメラを向けてもファッション写真のような雰囲気になる。僕もヘルムート・ニュートンやリチャード・アヴェドン気取りよろしくサクサク撮り進めた。しかし、昔やっていた仕事ってこんなに安易だったっけ?今取り組んでいるエロチックな写真の方が嘘が通じない分難易度が高いな、と改めて思うのだった。

「玉恵ちゃん、いい女になったね〜」
「まったく巨匠はお上手なんだから。それにOliviaさん、とっても可愛らしい」
「Oliviaは玉恵ちゃんをどう思った?」
「本当に素敵な女性だと思いました」

 などとお互いに持ち上げながらさようなら。また行きたいな。珈琲美味しかったしな。家に帰ってフランソワ・ハーディの『さよならを教えて』を聴きながらこのブログを書いている。ちなみに今日使ったのは24年前に玉恵ちゃんを撮ったレンズで、すっと使い続けているプラナー50mm1.4だった。

                  ﹆



□この写真以外をさらにご覧になりたい方は拍手をお願いします。



2017-04-20 : 30th個展へ向けて : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター